loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

ONE HOUR CHALLENGE~生産性向上の限界に挑む

ONE HOUR CHALLENGE~生産性向上の限界に挑む

1時間1本勝負、決められた時間でより質の高い動画を作成し生産性の限界を突破するワークショップ

研修No.1800001

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 全階層

生産性向上の手法を実践的に習得したいとお考えの方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 仕事の生産性を向上させたい
  • 成果のアウトプットをもっと増やしたい
  • 業務をもっと効率よく進めたい

研修内容・特徴outline・feature

労働生産性は、アウトプット/インプットで表現されます。労働生産性を向上させるためには、1時間当たりでどれだけの価値を作り出せるかを考えていくことが不可欠です。しかしながら、一般的に考えられている労働生産性の向上は、残業時間の削減など、時間のインプットを減らすことに大きく偏り、本来重要であるアウトプットの向上には注意、リソースが割かれていないというのが実情です。

そこで本研修では、1時間という決められた時間の中でコマドリ動画作りにチャレンジし、出来上がった作品と、その時間の過ごし方の2点についてフィードバックをしあうことで、時間当たりの生産性を最大化するという意識や、感覚、その技術を高めていきます。また、単に意識や感覚を鍛えるだけではなく、経験から得られた知見を元に、実際に自分の職場での改善案についても考えていきます。

到達目標goal

  • ①生産性の概念、生産性を高めていくために必要なポイントを理解する
  • ②生産性に影響を与えるものを見抜く感覚を習得する
  • ③メンバーのスキル、強みを適材適所に配置し、適切に協力しながら成果をあげていくための
     コミュニケーションスキル、リーダーシップを体感する
  • ④ワークショップでの体験から、必要なことを学び取り、応用していく学習力を養う

研修プログラム例program

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.はじめに
    (1)アイスブレイク
    (2)本日の取り組みの狙いと流れの説明
講義
  • 2.動画作りに挑戦
    (1)コマドリ動画の作り方の説明
    ①使用するアプリ
    ②制限時間と、使用可能なツールの説明
    (2)試しに作ってみる
    ・コマドリ動画ならではの表現に慣れ親しむ
講義
ワーク
  • 3.1時間でコマドリ動画を作る
    (1)決められた題材をテーマに、生産性を高めるための動き方、表現を考える
    (2)撮影、編集をする
講義
ワーク
  • 4.各チームの作品を発表し、鑑賞、評価し合う
    (1)動画のクオリティと、考えていたことで評価する
    (2)優秀作品を投票する
講義
ワーク
  • 5.チームでの取り組み方を振り返る
    (1)良かった点
    (2)今後に向けて改善が必要な点
講義
ワーク
  • 6.1時間でコマドリ動画を作る
    (1)定められたテーマの中で、生産性を高めるための動き方、表現、シナリオを考える
    (2)撮影、編集を行う
講義
ワーク
  • 7.作品の発表会を行い、生産性をテーマに評価し合う
    (1)動画のクオリティと、考えていたことで評価する
    (2)優秀作品を投票する
講義
ワーク
  • 8.チームでの取り組み方を振り返る
    (1)良かった点
    (2)今後に向けて改善が必要な点
講義
ワーク
  • 9.職場の生産性を高めるために
    (1)生産性を向上するためには
    (2)仕事の特性に応じた対策
講義
ワーク
  • 10.まとめ
    研修内容をふまえ、明日から職場で取り組むことを考える
講義
ワーク

企画者コメントcomment

本ワークショップでは、生産性の向上のために6つのステップで動画作りに挑戦していただきます

【ポイント】
①まずは、生産性向上についての情報提供を行います
②情報提供を行った上で1ラウンド目として1つ目のテーマ設定でコマドリ動画作りに挑戦します
③その後、各チームのプロジェクトの進め方について振り返り、生産性の高い働き方とはどのような
 ものかを意識付けした上で、次の動画作りに挑戦します
④前回の反省を踏まえ、2つ目のテーマで動画制作を行います
⑤動画制作の振り返り、1回目と比べての自分達の改善度合について振り返りを行います
⑥最後にまとめとして、日頃の業務の進め方を振り返り、今後改善点をふまえた目標を設定します

スケジュール・お申込みschedule・application

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
97.6
講師がとても良い・良い
96.3

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修