loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

組織のタイムマネジメント研修~管理職の立場から組織の効率化を目指す

組織のタイムマネジメント研修~管理職の立場から組織の効率化を目指す

職場の業務最適化のための、時間削減、フローの見直し、標準化など業務管理の具体的な方法を理解する

研修No.1800020

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • リーダー層
  • 管理職層
  • 部長・経営層
  • ・管理職の方
  • ・自部署の生産性を上げたいリーダー
  • ・自部署の業務の最適化を図りたい方

※自身の仕事効率を高めたい方、時間に追われて困っている方には「タイムマネジメント研修~仕事を効率的に進めるための時間管理を学ぶ」がおすすめです

よくあるお悩み・ニーズ

  • 自部署のメンバーが少なく、ただ忙しく日々の業務を続けてしまっている
  • 次々と仕事が降ってくるため、本来やるべき業務になかなか手がつけられない
  • メンバーによって残業時間が異なり、マネジメントに課題を感じている

研修内容・特徴outline・feature

組織の効率性を向上するために、管理職として業務改善と人材育成の面から、タイムマネジメントの「考え方」と「手法」を習得いただきます。コスト削減とパフォーマンス向上を継続的に両立できる管理職・リーダーを目指していただきます。

<研修のポイント>

  • ・効率化のための業務改善~業務を見直し、現状の課題を把握する
  • ・業務の管理方法~進捗を把握するための手法を学ぶ
  • ・整理整頓の取り組み~ルール決めと実践に向けたステップを知る
  • ・人材育成による効率化~効果的に成長に繋げる部下指導の仕方を考える

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

到達目標goal

  • ①現状の課題を把握し、効率化のための業務改善ができる
  • ②業務管理や進捗管理ができる
  • ③整理整頓のためのルール決めと改善ステップを理解できる
  • ④人材育成による組織の効率化ができる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.はじめに
    【ワーク】時間削減の必要性と現時点での課題・悩みを書き、話し合う
    (1)「働き方改革」の背景にあるもの
    (2)組織のタイムマネジメントが求められる理由
    (3)働き方改革で管理職のリーダーシップが試される
    (4)良いマイクロマネジメントでタイムマネジメントを実現する
    (5)組織のタイムマネジメントを2ステップで進める
    (6)現状分析:よくあるまずい仕事の仕方~時間を意識しない働き方
講義
ワーク
  • 2.日常のマネジメント改善による時間削減
    (1)日常のToDo管理について考える
    (2)チームで計画を立てる~30マス週間計画表
    (3)個人の時間管理を徹底する~日次計画表
    (4)組織内のルール作り~管理職がルールを作り徹底する
    【ワーク】自部署で作るべき時間削減ルールについて話し合う
    (5)整理・整頓でタイムマネジメントを実現する
講義
ワーク
  • 3.見える化による時間削減
    (1)数値による見える化
    【ワーク】自部署におけるルーティンワークについて標準時間とその根拠を確認する
    (2)業務フローによる見える化
    (3)情報の見える化(朝礼、ホワイトボードの活用)
講義
ワーク
  • 4.業務自体の見直しで時間を創る
    (1)業務を廃止する
    【参考】業務廃止・代替の例
    (2)標準化 ~属人化の弊害防止、業務・部品・機材などの削減
    (3)自動化 ~機械化・システム化
    (4)集約化
    (5)複雑化
    【ワーク】自部署の業務について「廃止」「標準化」「自動化」「集約化」「複雑化」できる業務を考える
講義
ワーク
  • 5.成果の上がる組織を作る~編成を変える
    ■ 組織構築戦略の基本
講義
  • 6.部下のスキルアップと権限委譲で時間削減
    (1)計画的な部下育成がタイムマネジメントを推進する
    (2)ミニ集合研修で組織の教育時間を圧縮
    (3)業務を任せて、全体のタイムマネジメントを推進する
    【ワーク】メンバーに任せる仕事を検討する
講義
ワーク
  • 7.まとめ
ワーク

企画者コメントcomment

働き方改革で労働時間の削減を求められている一方で、目標の数字も達成しなくてはいけない。現場のリーダーや管理職に強いリーダーシップとタイムマネジメントが求められています。

このような難しい要求を達成するため、本研修では組織の効率上昇の「考え方」と「手法」を習得していただきます。通常のタイムマネジメントの加え、働き方改革の背景にあるものを視野に入れた内容となっております。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.6%

講師:大変良かった・良かった

95.6%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2021年6月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 実際にワークで考えたECRSをすぐに職場で実践します。部下の育成計画を作成し、整理整頓を行い無駄な時間を無くします。
  • 効率よく質の高い仕事をするために、まずはファイル名を統一し、メールの活用をします。情報共有もシステムを利用し、手間で時間がかかっていたことを見直すなど改善を図ります。
  • チームカを上げるために、生産性がなぜ必要か理解出来た。業務の意識が変わったので、新たな気持ちで取り組む。
  • 生産性を上げるために、新たな気持ちで取り組む。自分でも謳っているコスト削減について研修で試算した点は、今後より一層意識する。

実施、実施対象
2021年1月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 「成果を上げる」ことを第一に考え、時にはやめることも必要ということを改めて感じた。今の業務内容の中での作業効率を図っていく。また、メンバーへの意識付けについても「なぜ」を明確にし、前向きに取り組めるよう仕向けることの重要性が分かった。
  • 計画だけではなく実績もきろんと記録して振り返りに使用すること、業務の見直しをECRSの観点で行うこと、標準時間を意識することをまずは実践する。
  • 効率化や権限委譲については、ある程度理解していてもなかなか忙しく具体的な行動に移せていませんでした。他の会社の方がどんなことで悩んで対処しているのか聞け、講師から解決に向けたヒントももらえたので、できるところから着手します。
  • 業務効率化で考慮すべき視点をメリット、デメリット両方を踏まえて具体的に学ぶことができた。今後の業務管理およびメンバーの事務分担等に活かしていきたい。

実施、実施対象
2020年12月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 日々の業務を過ごす中でも、忘れないようにすること、振り返ること、見直すことを継続していきます。そして、対応する優先順位と業務の見直しを定期的に行います。
  • 問題のない職場はないとの意識を持ち、すべてを見直したうえで対応します。他の人に任せられることは仕せることの重要さ、進捗管理のタイミングが理解できました。
  • メンバーの育成、業務フローの標準化、やめる業務を決めることに取り組んでいきます。
  • チーム内の現状を把握して、改善の目線で見てみます。業務の見直し、業務分担、意識を高められるように努力します。

実施、実施対象
2020年8月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 部下を積極的にほめることと、業務の標準化を行って誰もが業務を行えるようにしたい。
  • 管理職として、時間を有効に使っていきたい。そして部下ができた際には「教えてほめる」ということを実践していきたい。
  • 今回の研修を通じて、自部門で取組みを行っている内容をもう一度、棚卸しのうえ見直していきたいと考える。また、部下を日頃ほめることの重要性を認識したため、実行していく。
  • 部署の業務を細分化し見直していくことで、効率的に作業ができるシステムを作っていきたいと思います。
  • 本日の研修で学んだことを活かし、効率化の推進とムダの削減、自身の仕事内容の見直し等を実践していきます。

実施、実施対象
2020年3月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今後はメンバーの時間管理の徹底や、不要な業務の廃止の検討をしていきたいと思います。
  • 業務の時間管理を徹底し、効率化を進めたり、残業時間を低減していきたいです。
  • これからは、まず自分の業務の明確化・効率化を図り、「会社のための仕事」を意識し、「業務のための業務」にならないようにしたい。
  • 社内に講義で受けたことを持ち帰り、業務改善へとつなげていきたいと思います。部下への権限移譲といった点で責任のあることを任せていきたいと考えます。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
97.6
講師がとても良い・良い
95.6

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修