loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

ハラスメント相談員向け研修 相談員に求められるものを考える編(半日間)

ハラスメント相談員向け研修 相談員に求められるものを考える編(半日間)

ハラスメントが起こらない職場づくりの推進と、相談があった場合の対応について学ぶ

研修No.B HRS191-0300-3087

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

ハラスメントの相談員に任命された方

研修内容・特徴outline・feature

本研修は、ハラスメントの相談員に任命された方を対象に、ハラスメントが起こらない職場づくりの推進と、相談があった場合の対応について学ぶことを目的としています。

具体的には、ハラスメントの定義を改めて認識したうえで、実際に申し立てがあった場合の対応手順や、ハラスメントのヒアリングで重要なポイントを学んでいきます。それらを踏まえたうえで、実際に相談を受けるワークを通じて、ハラスメント相談員に求められるスキルを実践的に身につけていただきます。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.ハラスメント相談員に求められることとは
    【ワーク】ハラスメント相談員に求められる役割とはどのようなものか考える
    (1)パワーハラスメント (パワハラ)
    (2)セクシュアルハラスメント (セクハラ)
    (3)その他のハラスメント
講義
ワーク
  • 2.パワーハラスメントとは
    (1)6つのパワハラタイプ
    (2)パワハラの原因
    (3)パワハラの段階別行動
    【参考】パワハラグレーゾーン
講義
  • 3.ハラスメント相談員に求められるもの① ~職場環境づくりの推進
    ■ハラスメントが起こらない職場づくりの推進
講義
  • 4.ハラスメント相談員に求められるもの② ~申し立てがあった場合の対応
    【ワーク】相談を受ける立場として、話を聴く際に心がけていること、または難しいと感じることを洗い出す
    (1)申し立てがあった場合の対応手順
    (2)ハラスメントのヒアリングで重要なポイント
    (3)ケーススタディ
    【ワーク】新しい上司との折り合いが悪く、自分に自信が持てない性格の社員から、「最近朝起きるのがつらい」との相談があった場合、どのように対応するか考える
講義
ワーク
  • 5.まとめ
    【ワーク】本日の研修を踏まえ、明日から相談員としてどのようなことを心がけるか考える
ワーク

4255

1108745

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年7月     25名
業種
非営利団体・官公庁関連組織
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
92%
参加者の声
  • 相談を受けた際は、親身になって話が聞けるように準備をしておく。ハラスメントは身近な存在であり、加害者にも被害者にもなり得る問題であることがよく分かった。
  • 自分一人でシミュレーションをしていても、相手の反応によって対応を変える必要があるため、相談のロールプレイングがとても有益だった。
  • 普段からハラスメントを防止できるようにしていきたい。セクシュアルハラスメントの対応が難しいと感じた。

実施、実施対象
2019年11月     38名
業種
医療
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
97.4%
参加者の声
  • 相談があったときの初期対応に活かしたい。ハラスメントかどうかの判断基準に「合理性があるか」があることを知り、勉強になった。
  • 被害者とされる人、加害者とされる人の両者の心情に気を配って、丁寧な対応をしていく。
  • 経験ではなく多様性を踏まえて相談に乗ることに注意を払いたいと思います。相談に来てもらいやすい雰囲気づくりに努めます。

実施、実施対象
2018年 3月     15名
業種
学校・学校法人
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 相談者に不安をあたえないように相談を聴きたいと思います。
  • ケーススタディやワーク、意見交換の時間があり、自分以外の人の意見を聞けて勉強になりました。相談を受けたときの参考にしたいです。
  • 相談を受けるときのポイントが分かりました。実際に相談されたときに今日の研修を活かして話をききたいと思います。

実施、実施対象
2017年 6月     20名
業種
建設・プラント
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.0%
講師:大変良かった・良かった
95.0%
参加者の声
  • 相談員としての役割認識や具体的なふるまい方が理解できた。相談がないことが一番良いことだが、周りに悩んでいる人がいるかもしれないという意識をもつ。
  • 相談を受けた時に、どのように受け応えするかといった初歩的なことから、ハラスメント防止に向けての社員への啓蒙活動に至るまで、研修で得たことを業務に活かしていきたいです。
  • 実際に相談を受けた時に、今回の研修での学びを活かしたい。ハラスメントを撲滅できるよう努める。

開発者コメントcomment

ハラスメント相談員に求められる役割は主に以下の2つです。

①ハラスメントの起こらない職場環境を推進すること
②申し立てがあった際、適切な対応をすること

また、上記の役割を果たす前提として、ハラスメントについて正しい知識を得ていることも重要です。
本研修では、ハラスメント相談員として正しい知識を再認識していただくとと共に、相談員としてのスキル向上を目指します。

2章に関しては、お客様のご要望に会わせてセクシャルハラスメントなどにも変更可能です。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ハラスメント防止研修
年間総受講者数
34,271
内容をよく理解・理解
93.3
講師がとても良い・良い
89.8

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia ハラスメント

全力ケーススタディ コンプライアンス研修編

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia 部長に求められる2つの役割

今、求められる組織のリスク対策教育

研修の現場より 現代の管理職のみなさまへ

管理職研修プログラム

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!