loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

メンタルタフネス研修(1日間)

メンタルタフネス研修(1日間)

自身のストレス傾向を理解したうえで、ストレスに上手く対処する考え方や行動を学び、"ストレス耐性"を高める

研修No.B MHL190-0400-0651

対象者

  • 全階層

・ストレスに対処するための考え方や行動を身につけたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • マイナス思考で自分で自分を追い詰めてしまいがち
  • ストレスへの適切な対応について知りたい
  • ストレス耐性を高めたい
  • ストレスを一人で抱え込んでしまう

研修内容・特徴outline・feature

自分にとってのストレスを見直したり、ストレスに対処するための考え方や行動を身につけることで、ストレス耐性を高める研修です。
ストレスに対する様々なアプローチ方法を学び、意識的にポジティブな自分を創ることを目指します。

具体的には、まず仕事におけるストレスの現状を理解し、自分自身の考え方・行動パターンを把握していただきます。
そのうえで、肯定的に考えるための思考の切り替え方や、失敗した時の立て直し方、ストレスをためない工夫などを考え、グループで共有していきます。
最後は、気持ちよく働けるチームとなるために、お互いのモチベーションを高めるコミュニケーションの取り方を学ぶことで、自らの仕事に対するやる気も高めていただけます。

到達目標goal

  • ①自分も相手も納得する形でお互い受け容れる「アサーティブ」の姿勢を理解する
  • ②「ストレスコーピング」の具体的な方法について理解する
  • ③「ポジティブシンキング」を意識し、前向きで生産的、成長する行動の仕方を理解する
  • ④「チームワーク」を意識し、1人で抱え込まず、チームのメンバーに相談する、頼る、助けてもらえば良いことを学ぶ

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.ストレスの現状を考える
    <仕事におけるストレスの現状を理解する>

    (1)「メンタルヘルス」調査結果
    (2)ストレスの要因(精神的要因、身体的要因、環境的要因 等)
    (3)自分にとってのストレス要因を整理する
    【ワーク】1日の行動からストレス要因を整理し把握する
    (4)ストレスの程度と「やる気」への影響
    (5)ストレス反応
    ①こんな症状に注意(身体の反応、心の反応、行動への影響)
    ②ストレスで体調を悪化させてしまう原因(性格、タイミング、年齢)
講義
ワーク
  • 2.ストレスに上手に対処する
    <自身の考え方・行動パターンを把握する>

    (1)ストレスをどう捉えるか
    (2)様々なストレス対処法と身体に及ぼす好影響
    (3)考え方の傾向を知る
    【ケーススタディ】 自身が取る対応・行動を直感的に書き出し、共有する
    (4)考え方と行動のパターン (非主張的 、攻撃的 、アサーティブ )
    (5)なぜアサーティブになれないのか
    【ワーク】 自分の行動傾向を考え方や行動で直した方が良いことを書き出す
    【参考】誰にでもある「思考のクセ」 (マイナス化思考、レッテル貼り、自己中心思考、感情的決めつけ)
講義
ワーク
  • 3.ポジティブに考える
    <肯定的な考え方を身につけることで耐性をつける>

    (1)考え方の切り替え
    【ワーク】自身の失敗やよくない状況・出来事を書き出し、肯定的に考える
    (2)自分を良いところを、素直に認める
    【ワーク】自分の強みを書き出してグループ内で共有し、ほめ合う
    (3)失敗してもすぐ「復活」する
    【ワーク】大きな失敗後に前向きな考えに戻るための「復活のことば」を書き出す
講義
ワーク
  • 4.チームワークを意識する
    <互いに気持ちよく働ける職場環境を考える>

    (1)メンバーを信じる
    (2)コミュニケーションでメンバーを巻き込む
    (3)話すことの効果
    (新しい解決方法が見つかる、些細な悩みであることに気づく 等)
    【ワーク】職場のコミュニケーションの改善策を考える
    (4)話を聴く(あいづち、反復・言い換えをする、感情を伝える 等)
    【ロールプレイング】最近楽しかったこと等について、話を聴く練習をする
    (5)演習(ストレスを溜めない工夫を共有する)
講義
ワーク
  • 5.まとめ
    <今日から実践することを挙げ、リストを作成する>

    (1)最後のちょっとしたヒント
    (2)まとめ
    【ワーク】研修を通じて重要だと考えたことを挙げ、今日からやることリストを作成する
ワーク

241

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2022年4月     45名
業種
人材・教育サービス・BPO
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
97.8%
参加者の声
  • ネガティブな思考に陥ったときはABCDE理論を使って考え方を変えようと思います。失敗してもそれを学びと捉えて業務に取り組む。
  • 自分の短所も長所になり得ることを知ったので自信を持って前向きに業務に取り組みたい。
  • 相手の背景や状況を考慮したコミュニケーションが重要だと感じた。自分がどのようなことにストレスを感じるかを確かめ、ストレスが溜まりそうな状況が続いていると感じたら意識して気分転換を図る。

実施、実施対象
2021年6月     74名
業種
非営利団体・官公庁関連組織
評価
内容:大変理解できた・理解できた
93.2%
講師:大変良かった・良かった
86.5%
参加者の声
  • 一人で悩まず、誰かに相談して話を聞いてもらいます。悩んでいる人には寄り添いたいと思ったので傾聴を心掛けます。
  • どのような出来事も、自分の捉え方次第だと気づきました。ポジティブな言葉を使うようにして職場環境の改善に取り組みます。
  • 自分の思考の癖を改善するという観点はなかったので新しい気づきでした。物事に対しての考え方・受け止め方・発想を変えてみる習慣を少しずつでも身につけていきます。

実施、実施対象
2020年7月     31名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90.3%
講師:大変良かった・良かった
96.8%
参加者の声
  • 心身ともに健康的に業務に取り組めるように、ストレスをためない考え方を実践していきたい。また、業務を行ううえでも、アサーティブコミュニケーションを意識して、スムーズに取り組めるようにしたい。
  • 人とコミュニケーションをとる時には、自他尊重のアサーティブコミュニケーションであるように意識したい。これまで被主張的な性格で、悩むこともたくさんあったが、完全に自分を変えることはできなくても少しずつ変わっていけたらと思えた。
  • ミスを引きずることなく、次に活かせるようにすること、言いにくいことも伝えるべきことをしっかり伝えることの大切さが理解できました。

実施、実施対象
2019年11月     19名
業種
非営利団体・官公庁関連組織
評価
内容:大変理解できた・理解できた
94.7%
講師:大変良かった・良かった
89.5%
参加者の声
  • まずは自分自身のストレスマネジメントを実践していきたい。ポジティブな言葉づかい、あいさつはすぐに実践できると感じた。
  • 職場の雰囲気づくり、コミュニケーションを自ら率先して行うことが私の大きな役割だと思った。
  • 自分の「思考のクセ」に留意してコミュニケーションを行っていきたい。

実施、実施対象
2019年6月     48名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 伝え方や聞き方はとてもメンタルヘルスに影響があることが分かり、興味深かった。考え方の癖を知り、意識することで、心も体も健康に過ごせると感じた。
  • 自分の精神状態を把握し、良い状態に保つことは、非常に大切なことだと再確認した。そのための方法についてなどグループワークを交えて学ぶことができたので、とても有意義な研修であった。
  • 自分だけではなく他者のSOSにも気づける人になりたいです。

開発者コメントcomment

メンタルヘルス(セルフケア・ラインケア)が顕在化したストレッサーに対する対策であり受身的であるのに対し、メンタルタフネスは将来のストレッサーに対して備えメンタル耐性を高める攻めのメンタルヘルスです。アサーティブ、ストレスコーピング、ポジティブシンキング、チームワークをキーワードにメンタルタフネスを得るための方法を具体的に理解していく研修です。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

メンタルヘルス研修の評価
年間総受講者数
14,734
内容をよく理解・理解
94.5
講師がとても良い・良い
91.8

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■セルフケア~基本編
■セルフケア~ステップアップ編
■ラインケア
■その他、関連研修

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

人事のお役立ちニュース

人事のお役立ちニュース一覧を見る

初めてご利用の方へ

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

新作研修

業界随一の研修開発力を誇る
インソースの最新プログラム

    コア・ソリューションプラン
    の新作情報

    250種類以上のコンサル事例!
    組織の「したい!」に全力で応える

      本テーマのおすすめリンク

      おすすめリンク

      WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

      直近の公開講座開催研修

      閉じる

      研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!