loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

説明力向上研修~管理職が遭遇する、タフな状況での説明力を鍛える

説明力向上研修~管理職が遭遇する、タフな状況での説明力を鍛える

「上司を説得する」「部下に無理を頼む」「ステークホルダーと協働する」という場面で有効な説得力を身に付ける

研修No.2650006

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 管理職層

・上司に対する意見具申や報連相のスキルを高めたい方
・部下のモチベーションを高めるための説得力を高めたい方
・自らの考えやミッションを周知・徹底する力を高めたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 上司に説明してもなかなか納得してもらえない。どのように説明すれば良いのか知りたい
  • 部下を説得し、やる気を引き出すにはどうしたら良いか分からない
  • 自部署のミッションを周知、徹底させるための有効な方法を知りたい

研修内容・特徴outline・feature

管理職に説明力が求められるシーンを想定し、説明するための心構えとスキルを習得していただきます。まずは、現状を的確に把握し、相手の感情や論理をおさえることが重要です。そのうえで、「上司を説得する」「部下に無理を強いる」「ステークホルダーと協働する」それぞれのシーンにあわせた説明の仕方を学んでいただきます。

到達目標goal

  • ①上司への意見具申や報連相がうまくできるようになる
  • ②部下への説明力が高まり、意欲を引き出せるようになる
  • ③社内のステークホルダーに協力をいただくための説明やその準備ができるようになる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.管理職に求められる「説明力」とは
    (1)何が説明を困難にするのか
    【ワーク】説明力が求められる場面を洗い出し、その際の難しいと思うことや悩みを共有する
    (2)管理職に求められる説明の先の責任
    (3)「話す技術」だけでは説得できない
講義
ワーク
  • 2.説明の前に求められる状況把握力
    (1)状況把握のポイント
    (2)状況把握に当たっての心構え
    (3)状況把握のために行うべきこと
    【ワーク】状況把握が十分でなかったためにうなくいかなかったケースを思い浮かべ、共有する。 さらに、どんな事前の状況把握をしておけば、うまく事を進められたのかをアドバイスし合う
講義
ワーク
  • 3.説明を構成する3つの段階
    (1)心境の変化を3段階で捉える
    (2)心境の変化に沿って説明の流れを考える
    (3)STEP1 聞く価値があると思う
    【ワーク】大事な説明の機会で、最初の段階で相手を引き付けられるよう、事前準備を表を使って行ってみる
    (4)STEP2 言っていることの意味が理解できる
    【ワーク】こちらに専門知識や前提情報が足りないまま話が展開されたために、納得できなかった経験をグループ内で共有する
    【ワーク】次のケースをもとに、「社長」へのトラブルの報告をする
    (5)STEP3 賛同し行動を決意する
    【ワーク】あなたが普段使っている、相手に行動を決意させるための「ひと押し」をグループ内で共有する
講義
ワーク
  • 4.望ましい結果を得るための上司への「説明力」
    【ワーク】次のケースにおいて、あなたらならどのように上司に説明をするか考える
    (1)上司を味方につけることが望ましい結果に導く
    (2)上司の視点に立って考える
    (3)仮説をもって上司に説得する
    【ワーク】先ほどのケースにおいて、マトリックスを使って事象を整理し、説明のロールプレイングを行う
講義
ワーク
  • 5.意欲を引き出すための部下への「説明力」
    【ワーク】次のケースにおいて、あなたならどのように部下に説明をするか考える
    (1)部下がモチベートされる伝え方とは
    (2)部下の気持ちに共感を示す
    (3)期待を示して望ましい結論を引き出す
    【参考①】部下と面談セッティングのポイント
    【参考②】面談の場所選びのポイント
    【ワーク】先ほどのケースにおいて、上司役と部下役に分かれて、面談のロールプレイングを行う
講義
ワーク
  • 6.社内調整を円滑に進めるための「説明力」
    【ワーク】次のケースにおいて、あなたならどのように関係者に説明をするか考える
    (1)説明力以前に求められる日頃の信頼関係
    (2)取り引きではなく全社視点での説明を心がける
    (3)望ましい結果に導くための工夫も必要
    【ワーク】先ほどのケースにおいて、メンバーに説明をするにあたって出てくるであろう意見を想定したうえで、 事前に準備しておくことを考え、意見を交換するロールプレイングを行う
講義
ワーク
  • 7.まとめ
ワーク

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.0%

講師:大変良かった・良かった

96.6%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2022年3月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 説明力を向上させていくために、相手のことを理解する力を身に着ける必要があると思いました。今回学んだことを常に意識して念頭に置いて活動し、反復して習得します。
  • 上司や経営層への売上・クレームなどの報告や部下との面談、新規顧客獲得に向けての営業活動を実行します。何事もメモを作成するなど、準備をして臨みます。
  • 説明をする際は必ず結論から話をするようにし、日々合理的な内容を取り入れて相手に説得力のある説明ができるように、この研修で学んだ知識を活かす。
  • 何事も事前準備、メモを作成してから説明するように改善します。物事の全体感を考え、相手の不安事項を想定して、対応・対策をしていきます。
  • 最初に結論を述べてから話を始め、相手に応じた聞きたいポイントを見極めてから会話の構成を考え、分かりやすく説明しようと思いました。また、相手に寄り添う気持ちも忘れずに、思いやりを持って話すことも心掛けたいです。

実施、実施対象
2022年3月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • お客様・上司・部下に対して、相手の立場になって説明や説得をします。説明内容をしっかりと組み立て、結論をまず伝えて、結論に至った理由や責任ある姿勢をとります。
  • まずは一番身近な部下への対応に活かします。部門間打ち合わせ、上司への報告・連絡等機会は多いので、一つずつできることから進めていきます。
  • 今後は説明をする準備に時間をかける。社内プロジェクトなどでは、自分一人で責任を負うことなく参加者に委ねることも必要との意見は非常に参考になった。
  • 実際に的確な説明が求められるので、テーマにもなっている「タフな状況」で困らないよう、日頃の説明から「相手の立場・利害」を意識して、分かりやすい説明を心掛ける。
  • 日々業務で経験・実践したことの裏付けとして有意義であった。今迄の「説明の仕方」に「責任ある姿勢の要素」を加え、発言に重みが出せるようになりたい。

実施、実施対象
2022年2月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 基本的な場面から、日々の業務に広く活用できることを学びました。説明前の準備を意識します。
  • 状況把握を正確にするための情報収集・コミュニケーションに比重を置きます。把握した内容をアウトプットする力が乏しい自身の弱点は、事前に話の組立のベースを持つことの準備、多角的に想定問答を持っておくことで自身の成長へ繋げます。
  • 説明をすることが目的とならないように、説明を通して何を達成したいのかを常に決めることを忘れないようにします。説明するうえで、状況を適切に把握することが大切になると改めて感じたので、深堀りをして状況を把握していきたいです。
  • 相手の立場を考えて、説明や準備をします。目的を意識して、説明する人の立場に応じて理解、賛同してもらえるような説明を心掛けます。
  • 話している相手に具体的な行動を促せるように、「して欲しいこと」を明確に伝えるようにします。これまで個人的な感覚で行っていた説明を、具体的にイメージできました。

実施、実施対象
2021年12月     11名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 「責任ある姿勢」と「想定と準儁」を通じて説明力の向上を図り、ステークホルダーなど関係者へのアカウンタビリティを果たしていきます。
  • 事前準備・Appendix・シンプルな説明を前提にプレゼンテーションをします。相手の置かれた状況を踏まえて、説明を考えるところから始めます。相手の状況をふまえた表現や言葉は、明日からさっそく使います。
  • 説明や資料作成の際に活かせる内容でした。今までは自分の方がよく話していたことが多いため、今後は相手に話をさせることに注意を払います。
  • 説明をする際は、まず、聞く価値があると思わせることが肝心であることを学びました。説明はパターンに従って行えば分かりやすいと思うので、実践します。必ず相手の立場に立って考え、上司・部下・関連部署への説明力を高めたいです。
  • 上司、部下への説明時の事前準備についてよく理解できました。話す技術と責任ある姿勢、想定と準備が重要なので、3つのSTEPを意識して心境の変化を捉えながら行動します。

実施、実施対象
2021年10月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今までうまくいかなかった交渉は、相手のタイプに自分のやり方が合っていなかったのだと認識しました。今後は相手に合わせてアプローチを変えるよう心掛けます。
  • これまで説明内容の構成ばかりを意識してしまい、コミュニケーションを取りながら説明する重要さを疎かにしていました。人と人との対話であることを忘れないようにします。
  • ブレインストーミングやロールプレイングを実践できたので、いろいろな視点での気づきがあり有意義な研修でした。相手を観察して、その人にあった説明ができるよう繰り返し経験を積みます。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
97.0
講師がとても良い・良い
96.6

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修