loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

説明力向上研修~管理職が遭遇する、タフな状況での説明力を鍛える

説明力向上研修~管理職が遭遇する、タフな状況での説明力を鍛える

「上司を説得する」「部下に無理を頼む」「ステークホルダーと協働する」という場面で有効な説得力を身に付ける

研修No.2650006

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 管理職層

・上司に対する意見具申や報連相のスキルを高めたい方
・部下のモチベーションを高めるための説得力を高めたい方
・自らの考えやミッションを周知・徹底する力を高めたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 上司に説明してもなかなか納得してもらえない。どのように説明すれば良いのか知りたい
  • 部下を説得し、やる気を引き出すにはどうしたら良いか分からない
  • 自部署のミッションを周知、徹底させるための有効な方法を知りたい

研修内容・特徴outline・feature

管理職に説明力が求められるシーンを想定し、説明するための心構えとスキルを習得していただきます。まずは、現状を的確に把握し、相手の感情や論理をおさえることが重要です。そのうえで、「上司を説得する」「部下に無理を強いる」「ステークホルダーと協働する」それぞれのシーンにあわせた説明の仕方を学んでいただきます。

到達目標goal

  • ①上司への意見具申や報連相がうまくできるようになる
  • ②部下への説明力が高まり、意欲を引き出せるようになる
  • ③社内のステークホルダーに協力をいただくための説明やその準備ができるようになる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.管理職に求められる「説明力」とは
    (1)何が説明を困難にするのか
    【ワーク】説明力が求められる場面を洗い出し、その際の難しいと思うことや悩みを共有する
    (2)管理職に求められる説明の先の責任
    (3)「話す技術」だけでは説得できない
講義
ワーク
  • 2.説明の前に求められる状況把握力
    (1)状況把握のポイント
    (2)状況把握に当たっての心構え
    (3)状況把握のために行うべきこと
    【ワーク】状況把握が十分でなかったためにうなくいかなかったケースを思い浮かべ、共有する。 さらに、どんな事前の状況把握をしておけば、うまく事を進められたのかをアドバイスし合う
講義
ワーク
  • 3.説明を構成する3つの段階
    (1)心境の変化を3段階で捉える
    (2)心境の変化に沿って説明の流れを考える
    (3)STEP1 聞く価値があると思う
    【ワーク】大事な説明の機会で、最初の段階で相手を引き付けられるよう、事前準備を表を使って行ってみる
    (4)STEP2 言っていることの意味が理解できる
    【ワーク】こちらに専門知識や前提情報が足りないまま話が展開されたために、納得できなかった経験をグループ内で共有する
    【ワーク】次のケースをもとに、「社長」へのトラブルの報告をする
    (5)STEP3 賛同し行動を決意する
    【ワーク】あなたが普段使っている、相手に行動を決意させるための「ひと押し」をグループ内で共有する
講義
ワーク
  • 4.望ましい結果を得るための上司への「説明力」
    【ワーク】次のケースにおいて、あなたらならどのように上司に説明をするか考える
    (1)上司を味方につけることが望ましい結果に導く
    (2)上司の視点に立って考える
    (3)仮説をもって上司に説得する
    【ワーク】先ほどのケースにおいて、マトリックスを使って事象を整理し、説明のロールプレイングを行う
講義
ワーク
  • 5.意欲を引き出すための部下への「説明力」
    【ワーク】次のケースにおいて、あなたならどのように部下に説明をするか考える
    (1)部下がモチベートされる伝え方とは
    (2)部下の気持ちに共感を示す
    (3)期待を示して望ましい結論を引き出す
    【参考①】部下と面談セッティングのポイント
    【参考②】面談の場所選びのポイント
    【ワーク】先ほどのケースにおいて、上司役と部下役に分かれて、面談のロールプレイングを行う
講義
ワーク
  • 6.社内調整を円滑に進めるための「説明力」
    【ワーク】次のケースにおいて、あなたならどのように関係者に説明をするか考える
    (1)説明力以前に求められる日頃の信頼関係
    (2)取り引きではなく全社視点での説明を心がける
    (3)望ましい結果に導くための工夫も必要
    【ワーク】先ほどのケースにおいて、メンバーに説明をするにあたって出てくるであろう意見を想定したうえで、 事前に準備しておくことを考え、意見を交換するロールプレイングを行う
講義
ワーク
  • 7.まとめ
ワーク

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

96.8%

講師:大変良かった・良かった

95.1%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2021年6月     13名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90%
講師:大変良かった・良かった
90%
参加者の声
  • 事前準備の重要性と二者択一の際に、双方のメリット、デメリットを伝えることが大切であると学びました。上司に企画等を説明する際に活かします。
  • 上司への報告や、部下や後輩に仕事を依頼する際に学んだことを活用します。自分の想いだけではなく、相手の立場になって考えることでお互いが納得できる結果になるよう行動します。
  • 社内の調整、上司への報告・相談、客先との交渉の際に使えるスキルだと感じました。上司報告や会議の時には、事前に説明内容の整理だけでなく質疑応答の準備もして臨みます。
  • 説明の準備と説明の手順について学びました。説明時や報告時などに、自分がどうしたいかをもっと意識して、その方向に導くような説明を目指します。
  • 説明するには話す技術だけではなく、責任ある姿勢、想定と準備が必要だということを再認識しました。日々の業務で意識して、取り組みます。

実施、実施対象
2020年12月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 色々な立場の人達に報告や説明をするうえで、聞き手の立場を考えて入念な事前準備をします。また、一方的な説明にならないように相手に共感しながら話を進めていきます。
  • 色々な業種の方々と意見交換でき勉強になりました。相手を想いやる、立場を考える事が重要だと改めて認識しました。
  • 説明する際は、「相手」について考える必要があるということを学びました。今までどう伝えるかという視点でしたが、この人にはどうしたら伝わるのか、という視点に変えて準備をします。
  • 上司の立場になって考える事も大切だと思いました。いつも後輩や他部署目線になっていたので、報告の仕方についても相手の時間をいただいているという事を意識して論理的に行います。他部署との連携が多い業務なの、しっかりで活用します。
  • 説明力がいかなるものか、認識を新たにしました。本日学んだーつひとつを今後の業務に活かしていきます。

実施、実施対象
2020年8月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 説明を受ける側の思いに共感をすることの大切さを学びました。今後の上司・部下への説明に役立てたいです。
  • 社内外で説明をする際に、技術的な説明だけではなく、心理学の側面からもアプローチをしていきたいと思います。
  • 「共感」することの大切さを知ることができました。また、相手の立場になって考えることも大切だと思いました。
  • 説明をするにあたり、具体的な言葉や共感する言葉を使うことで、より理解が深められると感じました。今後の会議や面談時に活用したいと思います。

実施、実施対象
2020年6月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 伝えるための3要素と説明時の5つのポイントを意識して、日々のチームミーテイングを進めていこうと思います。
  • 部下へ指示や説明するときは、明確な目的と仮説を説明する必要があることがわかった。
  • 上司・部下への説明の際は、目的を明確にしてポイントを整理してから説明する。

実施、実施対象
2020年2月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 頭の中で整理してシンプルに伝えてみようと思います。簡潔になり過ぎないように物事をまとめる練習をしてみます。
  • 説明する相手の立場、気持ち、情報レベルを考えて、明確なデータを準備してから説明する。理解していただけなければ説明にならない。会社、事実、相手方の三者の視点で考える。
  • 上司・部下への説明について早速学んだことを実践していきたいと思います。また、相手の立場に立って考えてみることや、事前準備など自分自身もまだまだなので職場にて試していこうと思います。
  • 相手の立場になって考えること、責任ある姿勢、相手に興味を持ってもらう工夫、シナリオの順番など、ためになる要素をたくさん学べました。人の心を動かせることができるよう、説明力を上げたいと思いました。
  • 説明をする前の準備・予習・シミュレーション(想定問答)が足りていないと思うので、その部分を意識して業務に活かしていきたい。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
96.8
講師がとても良い・良い
95.1

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修