loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

パワーポイント資料の作り方研修

パワーポイント資料の作り方研修

魅力的なプレゼンテーションを実践するための資料作りのノウハウを身につける

研修No.6951010

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層
  • 部長・経営層
  • ・パワーポイントの特性を活かしたプレゼンテーションのコツを習得したい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 図解やアニメーションを使いこなせない
  • 文字数が多くなって、分かりづらいと指摘されてしまう
  • もっと魅力的な資料を作れるようになりたいが、何から学べばいいかわからない

研修内容・特徴outline・feature

現在は、様々な場でパワーポイントを駆使したデジタルプレゼンテーションが行われています。本研修では、資料作成スキルの向上を目的とし、パワーポイントの知識を増やし、より魅力的な資料が作成できるような内容です。さらに、自分の考えをどのように資料に落とし込むか、相手に伝わるようにするためにはどのような資料の作り方をする必要があるかなどもあわせて研修で学んでいただきます。

*この研修ではPCを使用します*

*PowerPoint2016を使用して説明を行います*

【セミナールーム開催】

研修会場にノートPCをご用意しております

※ご持参されたPCのご利用はできません

【オンライン開催】

MicrosoftOffice PowerPointがインストールされたPCでご参加ください

※PowerPointのバージョンは、「2013/2016/2019/office365版」が対象となります。それ以外のバージョンでのご参加はお控えください。

到達目標goal

  • ①相手に伝わりやすい資料がどういうものかを理解する
  • ②パワーポイントの知識を増やし、図解やアニメーションなどを活用できるようになる

研修プログラム例program

  【第1部】内容 手法
  • 1.Officeの画面の見方
    (1)リボンでより分かりやすい画面設計に
    (2)イラストを見れば機能が分かる
    (3)PowerPoint画面各部の名称と機能
講義
  • 2.スライドを構成する~内容を見やすく伝える
    (1)読みやすい資料を作る
     ①文字を装飾する~色、サイズ、書式や箇条書きでメリハリをつける
     ②レイアウトを調整する
     ③見出しやキャッチを強調する~ワードアートで飾り文字を作る
    (2)スライドを構成する
     ①スライドの追加や順序の入れ替え
     ②デザインや配色を変える~全体の印象に変化をもたせる
     ③アウトラインモードで構成を考える
    【ワーク】アウトライン機能で全体構成を考え、特定のスライドの背景色だけを変更してメリハリのある資料の大枠を作成する
講義
ワーク
  • 3.図解やアニメーションを活用する~ビジュアルで印象的に表現する
    (1)情報を図案化する
     ①スマートアートの使い方~わかりやすい図解を簡単に作る
     ②図形の挿入
    (2)イラストや写真を挿入する
    (3)アニメーションで演出する
     ①画面切り替え効果を設定する
     ②図形やテキストを動かす~注目ポイントを視覚的に楽しく強調する
     ③タイミング調整とアレンジ~自由自在なアニメーションでより印象的に
講義
ワーク
  • 4.表とグラフを挿入する~データで説得力を高める
    (1)表を挿入する
     ①表を作る
     ②表を見やすく整える~サイズ、デザイン、文字装飾の変更
    (2)グラフを挿入する
     ①表のデータをグラフ化する
     ②グラフを強調・演出する~数値や推移を目立たせて訴求力を高める
    (3)エクセルから表やグラフを貼り付ける
    【ワーク】表やグラフを見やすくカラフルに挿入する
講義
ワーク
  • 5.本番で成功する!プレゼン実践テクニック
    (1)プレゼン発表のテクニック
     ①外部ディスプレイとの接続と設定~映らない!操作できない!を解消
     ②スライドショーの操作
    (2)スライドの印刷・配布
     ①スライドの印刷設定~ミス・ムダを防ぐ!読みやすく効率的なテクニック
     ②日付やページ番号の挿入
    【ワーク】自社の魅力を伝える会社紹介資料の作成
講義
ワーク
  【第2部】内容 手法
  • 1.資料作成の課題
    【ワーク】資料作りを行う際に、困ったり苦慮したりすることを書き出し、グループで共有する
ワーク
  • 2.わかりやすい資料作りとは
    (1)最低の資料とならないために
    【ワーク】これまで見たプレゼンテーション資料の中で、わかりやすいと感じたものと、わかりにくいと感じたものについて話し合う
    (2)資料作りの流れ
    (3)構想フェーズにおけるポイント
    【ワーク】プレゼンテーションのシナリオを考える
    (4)資料の構成を考える
    (5)資料の中身を作成する
講義
ワーク
  • 3.パワーポイントの有効な使い方
    (1)パワーポイントが得意とすること
    (2)パワーポイントに向かないこと
    (3)目次を使って構成を考える
    (4)スライドを作成する(テキスト編)
    【参考】明日から使えるパワーポイントテクニック
    (1)色の使い方
    (2)知っておくと便利な操作テクニック

    【ワーク】先のワークで作成した展開シナリオに沿って、パワーポイントでスライド投射用の資料を作成する
講義
ワーク

企画者コメントcomment

パワーポイントの知識を深めることで、より魅力的な資料を作成することができるようになります。また、本研修ではパワーポイントだけでなく、相手の立場を考えたプレゼンテーションの内容や資料作成のコツも一緒に学んでいただき、すぐに現場で活かせるような内容です。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.1%

講師:大変良かった・良かった

95.3%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2021年1月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • パワーポイントに対する苦手意識が減りました。本日の学びをどんどん実務に活かして、身に付けていきます。
  • パワーポイントの資料作成をするのに非常に時間がかかっていましたが、研修で学んだ事、知らなかった事を活かし、時間をかけずに業務を行っていきます。苦手意識を持っていたのが少し無くなりました。
  • 今まで知らなかった機能や時間短縮につながる機能等を学べてよかった。今後はパワーポイントを使ったプレゼンで得意先の心をうつ資料を作り、インパクトを与えるよう努める。
  • 本日の学びをプレゼン資科の作成に生かしていきたい。とてもためになる研修だった。

実施、実施対象
2020年12月     11名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90.9%
講師:大変良かった・良かった
90.9%
参加者の声
  • 復習を行い、自分で決めたテーマで一度作成してみるもりです。その後、社内で必要な資料作成に活かしていきます。
  • 資料を作成する際の目的や流れを明確にすることを学ぶことができたので、業務に活かしていきます。
  • これからは、プレゼンテーションの流れを意識して資料づくりをしたいと思いました。どのようにすれば伝わりやすいかや、図形などの使い方が分かったので資料を作る機会に活かします。
  • 今まで、あまりパワーポイントを使う場面はなく、資料に添付されているものの修正等で使うくらいでした。今後は、種極的に資料作成に役立てていきます。
  • パワーポイント資料を作成する前に、「何を伝えたいか」を具体化させてから資料作成に取り組むことで、分かりやす資料を作れるようにしたいと思いました。スマートアートやグラフ機能は普段あまり使っていなかったので、勉強になりました。

実施、実施対象
2020年11月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 「図を駆使する」「文を短めにする」など、本日習ったことを実践して、相手の方にスムーズに理解して頂ける資料が作成出来るようになりたいと思います。
  • SmartArtの機能は知らなかったため、これから活用していこうと思いました。パワーポイントの文字は「タイトルは44pt」「文章は36pt」「黒の少し薄色が良い」など具体的に教えて下さり、非常に勉強になりました。これからの業務では、シンプルでわかりやすいパワーポイント作りを意識したいです。
  • 今までは箇条書きに色をつけるなどのデザインでパワーポイントを作成していたので、スマートアートを活用して見やすくてかつ飽きない資料作りをします。

実施、実施対象
2020年10月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
91.7%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 文字の大きさ・バランス・色味などを考慮して、見やすく作成することを学べました。社内での提案、研究報告等、社内外を問わずプレゼンする際に本日学んだ伝え方を意識していきたいと思います。
  • 今まで自己流でやっていたので、パワーポイントの基礎が理解できて良かったです。今まで使ったことのなかったアニメーション等も知ることができたため、機会があれば活用できるよう、さらに学んでいきたいと思います。
  • 業務で日々使っているPowerPointをもっと効率的かつ分かり易く作成するために、今回学んだ内容を活していきたいと思いました。
  • 資料作りにおいてもゴールを決めて、ぱっと見ただけで伝わる資料が作れるように、今回の学びを活かしていきたいと思いました。
  • ZOOMミーティングなどが増えたため、在宅中の資料作成をするときに、今回の研修内容とテキストが役立つと思いました。

実施、実施対象
2020年8月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
90%
参加者の声
  • 「目的を明確にする」ということを念頭において、分かりやすいプレゼンテーションシートを作成したい。また、今まで資料を作成する場合、初めから作成にとりかかっていた。今後はまず構成を決めてから1スライド1メッセージを意識して資料を作成する。
  • 特に「1ページ1メッセージ」と「目的の決定」の重要性が理解できた。資料作成の前に6W1Hを考える時間を設けていきたい。
  • 「資料を作成する前に、シナリオを作ること」の重要性を認識できたので、教育資料を作成する際に活用します。
  • スマートアートを活用して見やすいパワーポイントの作成をしていきたいです。また、スライドには文章ではなく、伝えたいメッセージを書くようにします。
  • パワーポイントを立ち上げる前にシナリオを作ること、伝えたいことや目的などを明確にして、それに相応しい文章や図を使用することを心掛けます。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
98.1
講師がとても良い・良い
95.3

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
58,332
開催数※1
8,445
講座数※2
2,859
WEBinsource
ご利用社数※2
13,492

※1 2019年10月~2020年9月

※2 2020年9月末時点

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修