リーダーシップと危機管理研修(1日間)

1625リーダーシップと危機管理研修(1日間)

B RSK140-0100-1625

18/10/29 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

本研修の「ねらい」

リーダー層の方に、危機管理を率先して考え、メンバーと一丸になって徹底できるようになっていただくことを目指す研修です。

具体的には、まず危機管理の基本的な考え方を知ったうえで、危機管理の失敗事例や成功事例の検討を通じて、リーダーたる自分に求められる危機管理のあり方を考えます。また、自組織に潜む危機の洗い出しや対策の検討を行い、現場での研修内容の実践につなげます。


研修プログラム例

B RSK140-0100-1625

研修プログラム例(所要時間:1日間)
内容 手法
  • 1.危機管理をめぐる現状とポイント
    ~危機管理の現状把握と、リーダーに求められる危機管理のポイント
    1. 危機管理とは
    2. 現代における危機の3つの特徴
    3. 危機管理の3つのポイント
    4. リーダーとしての危機管理3つのポイント
講義
  • 2.リーダーとしての危機管理を考える
    ~過去の危機管理についてグループで話し合い、リーダーに求めら
    れる危機管理を考える
    1. 危機管理が失敗した事例を考える
    2. 危機管理が失敗した理由
    3. 危機管理を成功させるには・・・
講義
ワーク
  • 3.危機の洗い出し
    ~グループワークを中心に組織の中に潜む危機を考える
    1. 危機洗い出しのポイント
    2. 危機洗い出しの6つのアプローチ方法
講義
ワーク

  • 4.危機の評価・優先順位づけの方法
    ~3.で洗い出した危機に優先順位をつける
    1. 危機の評価・優先順位づけのポイント
    2. 危機評価のアプローチ方法
    3. 危機の優先順位付けのアプローチ方法
講義
ワーク
  • 5.危機対策の検討
    1. 危機対策のポイント
    2. 危機の未然防止策のポイント
    3. 危機発生時の対応策のポイント
    4. 危機対策検討のアプローチ方法
講義
  • 6.危機の啓蒙
    ~危機情報(感覚)をいかに共有するか?
    1. 危機情報を組織で共有するには
    2. 危機の啓蒙のポイント
    3. リーダーの粘り強いナビゲート
       ~組織として危機管理に取り組む
講義
  • 7.危機管理の体制の構築
    1. 日常業務における危機管理のポイント
    2. いざとなったときに使えるかどうかの検証のアプローチ方法
講義
  • 8.危機管理におけるリーダーシップを考える
    1. 危機管理にはリーダーシップが必要
    2. 危機管理力のあるリーダーを考える
    3. リーダーにおけるコミュニケーションスキル
      →危機管理対策企画書の作成
講義
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:https://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修制作者からひとこと

1. カリキュラムについて

「こうすべきだ」とただ指摘するのではなく、「できていない」を「できる」へと状況変化を生み出すためのノウハウを学びます。また「現状の問題・課題が分かれば、解決策は自然と見えてくる」という考え方を基礎に、「現状調査」を重視し、講義を進めます。また、業務改善は一人では実現は難しく、「組織全体」で対応することが重要であることを伝え、「現状維持」を重視する人々をいかに巻き込んで改善活動を進めるのかという具体的な手法にまで踏み込んだ研修を実施します。

2. 成果物、ツール・チェックシートについて

・業務改善企画書:改善対象業務の決定
・業務改善対応シート:現状分析を行うためのシート

3. 研修の進め方

以下の事前課題を用い、研修前に考えます。

・改善すべき業務
・改善できていない理由

研修の中では上記を踏まえ、1日目は、業務改善のノウハウを講義し、2日目は、2.の成果物をグループワークで、研修時間の7割程度で徹底的に考え、作成します。架空の話ではなく、事前課題に基づく現場の業務改善課題を研修の中で解決を図ります。

4. 講師について(どんな人が・どんな風に)

現場での管理職経験豊富な講師が自らの経験を踏まえ、個々の受講者の課題解決を支援しながら、研修を進めていきます。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2018年7月     26名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.2%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 危機管理の重要性を知る事ができたので、今後の業務に活かしたい。
  • リスクを対策するためにも、職場での情報共有等に活かしたい。
  • 今後の業務において、トラブルやリスクがあった場合、本日の研修内容を思い出し、冷静に対応したいと思う。

実施、実施対象
2017年 8月     32名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
93.8%
講師:大変良かった・良かった
93.8%
参加者の声
  • 自分の業務を改めて振り返るよい機会となりました。いろいろな目線からリスクを洗い出し、未然に防止していくことにつなげたいと思います。
  • ワークをすることによって、具体的なイメージがもてました。部署に帰り、メンバーと危機管理の視点の大切さを共有します。
  • リスクの管理や監視について、できる方法を計画したいと思います。まずは、研修で学んだ事例や手法を参考に行っていきます。

実施、実施対象
2017年 7月     19名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • リスクの洗い出し評価が思ったより難しかったです。普段からリスクマネジメントの意識を持って業務に取り組むことが大切だと感じました。
  • 他部署の取り組みを聞く良い機会になりました。参考にしたいと思います。
  • リスクに対して再認識できました。明日からのマネジメント業務に活かしていきたいと思います。

実施、実施対象
2017年 5月     26名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.2%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 具体例で説明いただき、理解しやすかった。大切な事は何回もリピートしていただき、頭に残った。講師の話し方に勢いがあり、話すスピード、声の大きさも良かった。
  • 常にリスクを考えていかなければならないと思い、その対応策も必要であると考えさせられました。
  • 日常の業務の中にリスクがたくさん潜んでいることが理解できたので、今後はリスクマネジメントの意識を持って取り組んでいきたい。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修のプロがお答え {{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

{{list[0]['categoryBottom']}}関連のよくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



リーダーシップ研修の評価
年間総受講者数
7,456
内容をよく理解・理解
95.2
講師がとても良い・良い
94.4

※2017年10月~2018年9月

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

人気研修で川柳 七〇歳シルバー新入社員 銀子の一句

お仕事歳時記

人材育成の7つのポイント

スピード見積もり

インソース採用情報