loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

経営戦略研修~SDGs経営で中長期的な企業価値向上を実現する(1日間)

経営戦略研修~SDGs経営で中長期的な企業価値向上を実現する(1日間)

企業価値向上のキーワードであるSDGsの視点から自社のビジョンを考える

研修No.B STR431-0200-4804

対象者

  • 部長・経営層

・部長や役員の方
・事業部長、工場長などの部門長の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • SDGsをふまえた経営の在り方や自社の既存業務でSDGsに対応する方法を知りたい
  • 株価向上や企業価値向上と経営戦略の関連を具体的に理解したい
  • リーダーとして環境変化の中で判断、ビジョンを実現するためのポイントを知りたい

研修内容・特徴outline・feature

本研修は主に部門長の方を対象に、SDGsをふまえて自社のビジョンを考え、自部門の戦略を立てていただきます。

まずは企業価値向上とSDGsの関連について解説しステークホルダーからの期待を考えたうえで、自部門におけるSDGs経営の取り組みをバリューチェーンにそって検討します。その後、リーダーに求められる変化対応力や経営環境の分析手法の重点事項を確認したうえで、研修の総括として自部門のビジョンと取り組みを考え、中長期的な企業価値向上に向けた具体的な取り組みを計画します。

研修のゴールgoal

  • ①企業価値向上の重要性と、SDGsと企業価値の関連を理解する
  • ②SDGs経営の実現プロセスとして、自組織(自部門)のバリューチェーンにおけるSDGs対応を考える
  • ③経営戦略の実行に不可欠な、変化対応力について理解する
  • ④SDGsの視点もふまえて、環境分析を実施し、自社や自部署のビジョンと取り組み事項を計画する

研修プログラム例program

内容 手法
  • 1.自社の現状を確認する
    【ワーク】自社の中期経営計画で示されているビジョンと目標を確認する
ワーク
  • 2.企業の目標は中長期的な企業価値の向上
    (1)企業価値とは
    (2)株主と企業(経営者)の目線は一致する
    【ワーク】投資家目線で10年後の自社の企業価値を考慮したとき、株式を購入するか否かとその理由を考える
    (3)SDGsと企業価値の関係
    (4)SDGs時代におけるステークホルダーとの関係性
    【ワーク】SDGs時代における、社内外のステークホルダーからの期待を考える
講義
ワーク
  • 3.SDGs経営の実現 ~自組織(自部門)の優先課題を特定する
    (1)CSR/CSV/ESG/SDGsの関係
    (2)SDGs経営の実現プロセス ~ESG+P(業績)
    【ワーク】自社の中期経営計画で、SDGsやESGに関して、どのように発信されているかを確認する。また、それらが自組織(自部門)の業務にどのように関係しているかを考える
    (3)マテリアリティ(重要課題)とKPI設定
    【ワーク】自組織(自部門)のバリューチェーンを描き、関連するSDGsの目標を書きだす
    (4)既存業務にSDGsの視点を加える手順
    (5)SDGsウォッシュにならない具体的計画を立てる
講義
ワーク
  • 4.次世代リーダーに求められる変化対応力
    (1)変化対応力とは
    (2)変化対応力を高めるための重点項目
    (3)管理職が持つべき経営視点
    (4)求められる「ミドルアップ・ミドルダウン」の働き
講義
  • 5.ビジネス環境の分析 ~時代や環境が求めていることを理解する
    (1)経営環境の分析手法 ~外部環境分析とは
    (2)マクロ環境分析手法
    【ワーク】自社を取り巻く「環境」「機会」「脅威」をPEST分析する
    (3)競合と顧客(市場)分析
    【ワーク】自社にとっての「機会」「脅威」となるような競合や顧客の変化を考える
    (4)マーケティング戦略思考
    【ワーク】自社の強み・弱みをふまえてSTPマーケティングについて考える
講義
ワーク
  • 6.自社の課題発見・解決について考える ~課題解決のための新たな経営戦略
    (1)課題発見のための視点 ~内部環境分析
    (2)4つの視点で「強み」と「弱み」を考える
    【ワーク】SDGs時代における、自社の「強み」「弱み」の変化を考える
    (3)環境分析から戦略を考える ~SWOT分析
    【ワーク】自社の事業をSWOT分析し、どのような経営戦略が考えられるかを検討する
講義
ワーク
  • 7.ありたい姿を踏まえた自部門の課題認識
    【ワーク】本日の研修で分析した内容をふまえて、自部門のミッションとありたい姿を具体化する。その後、ありたい姿と現状とのギャップをふまえて、部門長として実施する取り組みを考える。
ワーク

7490

1483636

全力Q&A{{list[0]['category']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

機関投資家をはじめとする証券市場が、中長期的な企業価値向上を重視します。SDGsは2030年を期日とした国際目標であり、企業は3年間の中期経営計画を超えてビジョンを持つことで、短期的な視点の他社よりも市場から高く評価されやすくなります。

この前提をふまえて本研修では、SDGsへ対応しながら自社の経営を振り返ったうえで、SDGsの視点も加味した環境分析を行い、自社のビジョンと自部門の経営戦略立案を実施します。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

最新作・ニュース

新卒対応speed&challenge

新卒採用に関するお知らせ オンライン・全国で会社説明会開催中

研修を探す

同じジャンルで探す

  • WEBins
  • 20周年特別タイアップ企画
  • モンシャン
初めてご利用の方へ

インソースからの新着メッセージ

    直近の公開講座開催研修

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        本テーマのおすすめリンク

        おすすめリンク

        閉じる