研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

メンター制度

組織におけるメンター制度とは、「上司ではないが、知識や経験のあるメンター(先輩など)」が「メンティー(後輩など)」の相談に乗り、キャリア形成の支援や職場における悩み解決のサポートを行う制度です。ここ数年では、離職防止や女性活躍推進などの目的で、メンター制度を導入する例が増えています。

「良きメンター」を持つことはメンティーにとって、豊かなビジネスマインドや強い帰属意識をえることにつながります。自身がメンターになった時に、組織のバトンを渡していく効果も期待できます。また、メンター側にとっても、広い視点から後輩などの成長を支援することは、次世代リーダーとして成長するきっかけになります。

実際にメンター制度を導入する際、「メンティーの様子を現場の上司に伝えたら気まずくなってしまった」、「毎回相談に乗る時に飲食をごちそうしなければならないの?」といった具体的なお悩み・不安を伺います。メンター制度がうまく稼働するためには、現場との連携や守秘義務といった運用ルールを定め、「メンターがすべきこと、してはいけないこと」を明確化した事前教育をしっかりと行うことが肝心です。

面倒見の良い先輩が相談に乗ってくれることは、昔は珍しいことではありませんでした。しかし、ハラスメントが話題になりがちな昨今、注意や指導には及び腰になりがちです。企業が制度を作り、風通しの良い職場にすることは、メンター、メンティー双方の成長につながります。メンタル不調の予兆の察知や、若年層の離職防止の一環に効果があるメンター制度の導入を、ぜひご検討ください。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

キーワード一覧