研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

サクセッションプラン

サクセッションプラン(succession plan)とは、重要なポジションの後継者を見極めて育成する「後継者育成計画」をいいます。将来の幹部候補としてふさわしい人材をプールしておき、ジョブローテーションなどで各部門を経験させながら、長期間かけて自社の経営方針や経営戦略を踏まえた教育を行い、経営層として育成するための施策全体を指します。

中小企業における経営者の高齢化と後継者不足により、日本は今「大廃業時代」を迎えています。このままでは、今後2025年頃までの10年間累計でGDP22兆円、650万人の雇用が喪失してしまうとも言われており(※1)、自社の事業承継の危機感からサクセッションプランに取り組む企業が増えています。

(※1)参考:中小企業庁「事業承継・創業政策について」
https://www.chusho.meti.go.jp/koukai/shingikai/kihonmondai/2019/download/190205kihonmondai02.pdf
(最終アクセス:2020/11/12)

企業によって内容や基準に差異がありますが、サクセッションプランの基本的なプロセスは以下の通りです。

①自社の方向の明確化
自社の理念、ビジョン、経営戦略、課題などを整理・確認し、明確にする

②求める人材を選出
経営戦略の実行のための重要なポジションを決定したうえで、望ましい候補者像のプロパティなど選定基準を明確にして、人材を選出する

③次代の経営に向けた育成
想定のポジションに向けて、組織横断的な視野を養えるような育成計画を決定・実行する
(現経営陣による経営理念の浸透、各部門での実務、子会社・関係会社の経営など)

④成長に向けた再評価
育成計画の進捗確認、PDCAによる軌道修正などを繰り返し、環境変化に対する柔軟な経営姿勢の修得を促進する

サクセッションプランの目的は、一言で言うと「後継者の育成」です。しかしそれだけでなく、近年では企業の存続と持続的な成長につながる危機管理施策の一環としての側面も重要視されています。優秀な人材を複数名プールし、経営者としての教育を施すことで、後継者不在リスクの回避だけでなく、将来的に後継者を支える経営層の一角を担う人材の育成につながり、経営の安定化が図れます。

企業の存続・成長のカギを握る後継者候補の育成は、一朝一夕でできるものではありません。現経営陣の経営理念・ビジョンを継承しつつ、時代の変化に対応できる「真の経営人材」育成に向け、長期的な視点でサクセッションプランを策定・実行することが肝要です。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

キーワード一覧