研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

ジョブ型雇用

ジョブ型雇用とは、あらかじめ作成した職務記述書(ジョブ・ディスクリプション)に基づき、求められるスキルを持った人材を採用することです。企業は教育の初期投資なしに、専門性の高い人材を確保できます。

欧米では一般的な就労形態ですが、日本ではこれまで新卒一括採用・年功序列・終身雇用を前提とした「メンバーシップ型雇用 」が多く、ジョブ型雇用の導入は進んでいませんでした。しかし、2019年には経団連にてメンバーシップ型雇用の見直しが提案されたことから、大手企業を中心に具体的な検討・導入が始まっています。

背景には、近年の急速なIT化やグローバル化、あるいは人材の流動化といった経営環境の変化があります。早急な組織改革や業務改善が求められるなか、専門性の高い即戦力人材が確保できない状況となっています。そこで日本でも、ジョブ型雇用を部分的に導入、あるいは全面的に転換を行う企業が増え始めています。
また、ウィズコロナ・アフターコロナの時代において、職務が明確なジョブ型雇用の社員は成果が見えやすく、テレワーク・リモートワークでもマネジメントがしやすいと考えられています。

徐々に広まってきているジョブ型雇用ですが、契約した職務以外の仕事や転勤などを命令できない、求められるスキルが自分に見合わないと早期離職のリスクもある、といったデメリットもあり、導入にあたっては慎重な検討が必要です。部分的に導入するのであれば、ジョブ型雇用の社員に対する評価やモチベーション向上のための施策を万全にする一方、既存社員の働き方との整合性も図るなど、人事制度の抜本的な見直しが求められています。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

キーワード一覧