研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

エンパワーメント

エンパワーメントの意味

「エンパワーメント」とは、力を与える(empower)という意味です。ビジネス分野では「権限委譲」や「能力開花」を表す用語として使われています。権限委譲を指す言葉には「デレゲーション」もありますが、デレゲーションは「任せる」こと自体が目的です。一方エンパワーメントの目的は、個人に一定の権限を与えて自律を促し、能力を引き出すことにあります。

エンパワーメントが組織に求められる背景・理由

未来の予測が困難な時代において、従来の指揮命令を待って動く組織では、迅速な市場対応が難しくなっています。部下に裁量権を与えて自律を促すエンパワーメント経営は、現場でのスピーディな意思決定を可能にし、市場における機会損失の防止と競争優位の保持につながります。
また、社員が自ら意思決定できるようになることで、より主体性を持って働くことができるようになります。働きがいやエンゲージメントを高める手法として、個人や組織の潜在能力を引き出すエンパワーメントを導入する企業も増えています。

各自が迅速な判断・決断を行いながら、同じ目的に向かって仕事を進めるためには、あらかじめ組織の方向性や戦略を全社で共有し、理解を深めておくことが必要です。また、自律的な行動で目標達成を実現するセルフマネジメント力や、状況変化に対応しながら素早く意思決定を行う OODAループの考え方を身につけておくとよいでしょう。

エンパワーメントの導入ポイント

また、トラブルや生産性低下を未然に防ぐためには、権限・裁量の範囲を適切に設定し、報告を怠らないことが重要です。そのうえで、管理者が常にフォローできる体制を整えておくとともに、部下が失敗しても責めず、質の高いフィードバックを与えて信頼関係を築くことが、その後の部下の成長につながります。

エンパワーメントを高めるために

エンパワーメントの成功の鍵は、社員の可能性を信じ、挑戦しようとする社員を支援することです。そのためには、経営・管理層が「権限委譲」の意義を正しく理解し、意識と体制の改革に取り組むことが肝要です。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

キーワード一覧