loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

若手社員向け研修~経験学習サイクルで主体性を発揮する(1日間)

若手社員向け研修~経験学習サイクルで主体性を発揮する(1日間)

経験学習サイクルの回し方を学び、受け身姿勢から自分で行動できるようになる

研修No.B YEP305-0600-4379

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 若手層

・若手社員の方
・経験学習サイクルを学びたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • これまでの仕事を振り返り、今後の成長に活かしたい
  • 自身の成長を加速させるために、経験学習サイクルを活用したい
  • 仕事には慣れてきたが、主体的に動くまではできていない

研修内容・特徴outline・feature

経験学習サイクルとは、「経験から学び成長するためのフレームワーク」のことです。経験→内省→教訓→実践の4つのプロセスで経験を回します。

本研修では、まず経験学習サイクルのプロセスについて学びます。その上で、経験学習サイクルを上手く活用するための肝となる仮説構築力の習得を通して、これまでの経験を「成功法則」に落とし込む方法を学んでいただきます。入社してからの経験を洗い出して振り返り、経験学習サイクルを自ら回す力を身につけ、若手社員の主体性を引き出すことを目指します。

到達目標goal

  • ①入社してからこれまでに経験したことを振り返り、次につなげるための「経験学習サイクル」の回し方を習得する
  • ②目標を達成するために経験学習サイクルの重要性を理解し、サイクルを回すことができるようになる
  • ③仮説構築の手法を学び、蓄積した経験の法則化ができるようになる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.はじめに~これまでの経験を振り返る
    【ワーク】入社をしてから積んだ経験の中から、代表的なものを3つ選び、具体的に書き出す
    (1)経験学習サイクルとは
    (2)経験学習サイクルが求められる背景~環境変化に適応する
    (3)組織人の成長とは何か
講義
ワーク
  • 2.経験: 良質な経験を積む
    (1)直接経験の量が成長を決める
    【ワーク】これまでの仕事で、「取り組んでいる最中は気づかなかったが、今にして思えばよい経験だった」と思うのはどんなことか考える
    (2)偶然の経験を能動的に活かす
    (3)成長につながる経験を自らに課す
    【ワーク】さらなる成長を目指すうえで、自分に課す課題を考える
    (4)明確な課題を自らに課す
    【ワーク】先のワークで考えた"少しがんばれば達成できる課題"を、SMARTの法則を踏まえ具体化する
    (5)方向性は上司・先輩と調整する
講義
ワーク
  • 3.内省: 振り返りとフィードバック
    【ワーク】他者からフィードバックをもらって、目からウロコだと感じたことを思い出す
    (1)内省の仕方
    (2)フィードバックの受け方
講義
ワーク
  • 4.教訓: 経験を多面的にとらえ教訓にする
    (1)経験から仮説を構築する
    (2)感情を伴いながら経験を重ねることが大事
    (3)求められるのは「実用範囲の精度」
    (4)仮説思考はトライアル&エラーの繰り返し
講義
  • 5.仮説力を磨く思考習慣①~常に「なぜ」を考える
    (1)常に原因と結果の関係で捉える
    (2)目的意識の強さが「なぜ」を生む
    (3)「なぜ」を深掘りする
講義
  • 6.仮説力を磨く思考習慣②~視点を変える
    (1)いつもの自分と違う見方をする
    (2)視点を変える3つのパターン
    (3)顧客視点で考える
    【ワーク】自社の商品やサービスについて、その「メリット」と「ベネフィット」をそれぞれ表現する
    (4)時系列で考える(トレンド思考)
    (5)バイアスを排除する
    (6)実践演習
    【ワーク】事例を読んで、様々な視点からその理由を考える
講義
ワーク
  • 7.仮説力を磨く思考習慣③~帰納的思考
    (1)仮説思考で活躍する論理展開手法
    (2)経験則を導き出すプロセスが「帰納法」
    (3)経験から導き出された法則だからこそ意味がある
    【ワーク】現在携わっている仕事において、過去の経験が、その後の自分の中で「パターン」として定着しているようなものを共有する
講義
ワーク
  • 8.経験学習サイクルの実践
    【ワーク①】「経験」成功体験・失敗体験を洗い出す
    【ワーク②】「内省」振り返りをし、他者からのフィードバックを受ける
    【ワーク③】「教訓」振り返りから、教訓を引き出す
    【ワーク④】「実践」明日から実践することを宣言する
ワーク

6767

1348063

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

若手向け研修(若年層向け研修)
年間総受講者数
24,084
内容をよく理解・理解
95.8
講師がとても良い・良い
94.7

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!