loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

実践!ビジネスEメールの書き方研修~よくある失敗例から適切な活用方法を学ぶ(1日間)

実践!ビジネスEメールの書き方研修~よくある失敗例から適切な活用方法を学ぶ(1日間)

好感度が高いメールスキルを習得し、相手からの信頼度を高める

研修No.B EML102-0000-4764

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層

・若手、中堅層の方で業務でメールを多く使われている方
・相手に伝わりやすいメールを送れるように改善したい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • メールの使い方が分かっていない
  • どのようにメールを送るべきか悩んでしまう
  • メールでのコミュニケーションがうまくいかない

研修内容・特徴outline・feature

メールを業務で使用する時、知らず知らずのうちに相手に失礼な内容を送っているケースもあります。本研修では、相手に伝わりやすく、気持ちよく受け取ってもらえるように事例から自身のメールを振り返り、より気づかいのあるスマートなメール術を学ぶ内容です。
「何でもメールで済ましてしまう」といったよくある事例をもとに「状況にあった伝える手段の選択」「相手目線に沿った内容」「伝わりやすい返信」「スマートな表現」について学びます。また、「お客さまへのメールでの対応方法」などのケーススタディを通してメールの使い方を実践する内容となっております。

到達目標goal

  • ①状況にあった伝える手段を選択できるようになる
  • ②メールを送る目的を理解し、目的に合った内容のメールを書けるようになる
  • ③相手に伝わりやすいメールの返信ができるようになる
  • ④失礼のない言葉づかいを習得する

研修プログラム例program

内容 手法
  • 1.できるビジネスパーソンはメールでも気づかいができる
    【ワーク】メールを送信する時に迷うこと・困ることを共有する
    (1)自己流のメールは相手への配慮が欠けることもある
    (2)ちょっとした気づかいが信頼関係を築く
    (3)できるメールのポイント
     ①メールを送る目的を考えることが必要
     ②相手目線
     ③分かりやすい返信
     ④スマートな表現
講義
ワーク
  • 2.事例① 伝える手段をうまく選べていない
    (1)何でもメールで済ましてしまう
     ①メール・電話の特性
     ②状況によって併用する
     ③重要な内容はメールで記録する
    【ワーク】自身の業務での使い分けを考える
    (2)とりあえずCCに設定する
    (3)社内メールもとにかく丁寧に書く
    【ワーク】社内宛に簡潔なメールを書く
    (4)お詫びもメールだけで済ます
講義
ワーク
  • 3.事例② 何度もメールでやりとりすることが多い
    (1)1案件でのやりとりが多い ~何度も質問してしまう
     ①理想は1往復半
     ②内容を整理する
     ③Yes・NO、選択肢から回答できる内容
    (2)自己都合な内容になりがち
    (3)意図した回答が返ってこない
     ■相手にしてほしい行動を伝える
    (4)転送メールは「ご確認ください」だけ書いて送る
    (5)「~できない」と否定型で伝える
    【ワーク】肯定型の内容に変換してみる
講義
ワーク
  • 4.事例③ 相手に配慮がない返信をしている
    (1)Re:をたくさんつけたままで返信
    (2)質問メールに回答だけ書く
    (3)はっきりと断らず、曖昧に答える
    (4)上司に「メールを確認したか」と聞かれる
     ①24時間以内に返信
     ②すぐに回答できなくてもまずは返信
講義
  • 5.事例④ 実は失礼な言い方をしている
    (1)宛名を「(株)○○」で送る
     ①会社名は正式に
     ②二重敬語に気を付ける
     ③複数の宛先の書き方にも注意
    (2)早くお礼を伝えるために「取り急ぎ」で返信
    (3)上司に「参考になります」と返信
    (4)丁寧に書くために「させていただく」を多用する
    【ワーク】くどい言い方にならないようにメールを書いてみる
    (5)「ちょっと」など口語を使っている

    【参考】+αで注意したいこと
    (1)メールに署名をつけていない
    (2)添付資料のパスワードを添付メールに書く
    (3)不安で開封確認をつける
講義
  • 6.総合演習
    【ワーク①】よりスマートなメールに変換してみる
    【ワーク②】来週に迫ったイベント内容に一部変更が発生し、お客さまにメールでどう対応するかを考える
    【ワーク③】社内の人からの社内制度についての問い合わせメールにどのように返信するかを考える
ワーク
  • 7.まとめ
講義

7388

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

ビジネスメールについてこれまでに学ぶ機会がなく、周囲の方のメールを真似て自己流のメールを送っている人も多いかと思います。そのため、自分自身のメールは適切なのかを改めて確認し、改善すべき点を発見することができる内容を企画しました。なぜ、配慮のある内容のメールが必要であるかを理解し、気づかいのできるメール術を習得します。「1案件でのやりとりが多い」といった失敗事例をもとによりスマートなメールとは何かを学び、ケーススタディを通して適切なメールの使い方も実践できる内容となっています。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ビジネス文書研修の評価
年間総受講者数
11,811
内容をよく理解・理解
94.3
講師がとても良い・良い
93.7

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■Eメールの書き方
■報告書、議事録の書き方
■新人向け
■管理職向け
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

人事のお役立ちニュース

人事のお役立ちニュース一覧を見る

初めてご利用の方へ

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

おすすめリンク

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!