研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

OODAループ

「OODA(ウーダ)ループ」とは、米軍の意思決定プロセスを理論化したものです。Observe(観察)、Orient(状況判断・方向づけ)、Decide(選択・意思決定)、Act(行動)の頭文字をとった目標達成のための4段階を表します。

OODAループは、見通しの立たない状況下でも目標達成に向け、スピード感をもって柔軟に意思決定を行うための理論です。もとはアメリカの軍事戦略家ジョン・ボイドが提唱した戦略手法でしたが、その後、理論が体系化され、予測不能な時代における迅速な意思決定手法として、現在ではビジネスや政治など幅広い分野で活用されています。

現代は、外部環境の変化が激しく、複雑で予測不能な「VUCA時代」と言われています。科学技術の進歩やグローバル化などを背景に、新しいビジネスが生まれる速度は日々高速化しており、企業は多様化するニーズに迅速な対応をとる必要に迫られています。
そこで注目されたのが、想定外の状況においても機動的で柔軟な判断を行い、変化に対して臨機応変に対応できるOODAループです。OODAループを高速で回すことで現場の問題解決力が向上し、軌道修正しながら目標達成へと進み、さらに新たなイノベーションも生まれやすくなります。

■OODAループのプロセス
①観察(Observe)
環境・相手・自分を観察して、リアルな情報を収集する。
②状況判断・方向づけ(Orient)
集めた情報と自分が置かれた状況を判断して、仮説を立て具体的な行動案を作り、方向づける。スピード重視のため綿密なプランである必要はない。
③選択・意思決定(Decide)
適切な行動かどうかを考え、1人で意思決定する。
④行動(Act)
行動案を実行し、効果を確認する。行動後は直ちに観察に戻り、再びループを回す。

OODAループとよく比較されるフレームワークが「PDCAサイクル」です。PDCAは、初めのPlan(計画)設定に時間がかかるため、予測不能な現代には適さないとする向きもあります。しかしPDCAは、業務改善や目標達成に向け、継続的に生産プロセスを改善するために必要なフレームワークです。業種や案件によってOODAループとPDCAサイクルを使い分けるのが得策と言えます。

社会情勢の変化に対して即応を迫られる現代、様々な選択肢があることを認識したうえで、自社に適合する考え方を選択し、VUCA時代にも生き残れる組織を目指しましょう。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    今すぐダウンロード

  • 研修会社で実施される社内研修を紹介

    2020年度 社内教育のご紹介
    コロナ禍での全社階層別研修

    今すぐダウンロード

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

キーワード一覧