研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

GX(グリーン・トランスフォーメーション)

GX(グリーン・トランスフォーメーション)とは、太陽光や風力・水力・地熱などの再生可能なグリーンエネルギーへの転換を通じて産業構造を変革し、脱炭素社会の実現と経済成長の両立を図る取り組みのことです。日本語で「緑転:りょくてん」と呼ばれることもあります。

世界では、2050年までに、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの「排出量」を、植林などによる「吸収量」を差し引いて実質ゼロにする「カーボンニュートラル」を目指す動きが加速しています。日本でも、2020年に経済産業省が「経済と環境の好循環」につなげる産業政策として『2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略』を策定し、GXの推進を呼びかけています。

地球規模の危機に直面している現在、企業には脱炭素化へのさらなる取り組みが求められています。従来の経済システムからの脱却は、乗り越えるべき課題が山積しており、決して容易なことではありません。場合によっては、創業以来のビジネスモデルを作り変える覚悟が必要です。

これまでの延長線上にはない画期的な変革を遂げ、2050年のカーボンニュートラル達成を現実のものとするには、未来のある時点における姿を先に設定し、その実現に向けて具体的な計画や施策を考える「バックキャスティング」型の発想が重要となります。今の延長線上にある「予測できる目標」ではなく、非連続な先にある「チャレンジングな目標」を立て、それに向かって一丸となって動く組織をつくるには、トップの強い意思とリーダーシップも求められます。

持続可能な地球環境を維持できなければ、その先の経済成長も果たせません。温室効果ガスの排出を抑えて成長できるビジネスモデルを創出するためには、柔軟な発想力や、今のやり方を疑ってかかるクリティカル思考、さらにデジタル分野の知識も武器となります。石油や天然ガスなどの天然資源に乏しい日本において、社会情勢の変化に左右されず安定した経営を実現するためにも、再生可能エネルギーへの転換を図るGXの取り組みはあらゆる組織にとって喫緊の課題といえます。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

キーワード一覧