loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

業績向上のための組織づくり研修 OODAの活用でPDCAを加速させる編(1日間)

業績向上のための組織づくり研修 OODAの活用でPDCAを加速させる編(1日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B FIN250-0100-3827

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • リーダー層
  • 管理職層

・組織、部署をマネジメントする管理職の方
・チームを率いるリーダーの方

研修内容・特徴outline・feature

「OODAループ」とは、柔軟かつ迅速な意思決定の流れを4つのプロセスに分けて分かりやすく理論化したものです。

①「O」(観察)→②「O」(方向付け)→③「D」(決断)→④「A」(行動) 以上の4つのプロセスから構成されています。

本研修では、意思決定モデルであるOODAループと、品質改善モデルであるPDCAサイクルについてお伝えし、組織とリーダーのあり方について考えを深めていただきます。OODAとPDCAの活用によって、迅速な意思決定と行動が可能になり、業務の円滑な改善が実現します。
※本研修における「OODAループ」は、米国海兵隊の行動様式をインソースにて研究したものです。

【研修のポイント】
・目的達成に最適な即断、即行動の理論「OODA(ウーダ)ループ」を学ぶ
・確実に業績を上げられる、臨機応変な組織についての理解を深める
・リーダーとしてのPDCAの回し方を学び、業績向上のための具体的な計画を考える

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.OODAループ ~目的達成に向けた意思決定のプロセス
    【ワーク】自組織の業績目標を達成するための課題を考える
    (1)ビジネスと戦争・戦闘の類似性
    (2)ビジネスにおいてOODA(ウーダ)ループを活用する
    (3)OODAループを活用するメリット
    ①環境変化に対して柔軟な対応ができる
    ②施策のスピードアップがはかれる
    ③生産性が向上する
    【参考】業績が上がらない組織の3つの課題
    (4)PDCAとOODAの関係
    (5)第1のプロセス:観察(Observe)~ありのままに状況を受け止める
    (6)第2のプロセス:方向付け(Orient)~直感的に方針を決める
    (7)第3のプロセス:決断(Decide)~決断をためらわない
    (8)第4のプロセス:行動(Act)~速度と集中が最大の効果を生む
    (9)OODAを高速で回し、業績目標を達成する
講義
ワーク
  • 2.OODAを実現する組織のあり方
    (1)組織目標・ミッション共有
    【ワーク】自組織の業績目標は何か、チームのミッションは何か考える
    (2)組織のカルチャー・人間関係
    ①「組織の掟」を徹底すること
    ②「動く勇気」を称賛するカルチャーがあること
    ③誠実で率直な人間関係があること
    【ワーク】自組織のカルチャーや人間関係について考える
    (3)組織メンバー全員への徹底したトレーニング
    【ワーク】自組織ではどのような共通訓練・教育を行うべきか考える
    (4)組織構造
    ①組織メンバーが優秀な人材から構成されること
    ②組織メンバーに主体性があること
    ③組織において情報が漏れなく共有されること
    ④鍛錬を重ねた人材に大胆な権限委譲がなされていること 
    ⑤組織の流動性を保つこと
    【参考】ピラミッド型組織とフラット型組織
    【ワーク】OODAについての学び、気づきをまとめる
講義
ワーク
  • 3.PDCAサイクル ~リーダーの仕事、改善のプロセス
    (1)リーダーの仕事とは ~組織を率いてPDCAを回す
    【参考】PDCAというフレームワークにはコツがある
    (2)P 計画 ~目標を決め、具体的な計画を作る
    (3)D 実行 ~勢いをつけ、率先垂範で実行を管理する
    【ワーク】チームの「勢い」について考える
    (4)C チェック ~想定外を洗い出し、チームの視点でチェック
    (5)A 改善 ~先を読んで、思い切って変える 
講義
ワーク
  • 4.総合演習 ~業績向上計画
    【ワーク】業績向上のための具体的な計画、工夫を考える
ワーク

5673

1259507

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2019年10月     27名
業種
製造業(電気機器・機械)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.6%
講師:大変良かった・良かった
96.3%
参加者の声
  • お客さまの環境が変わっていくことの観察がまだまだ不足していると感じていたので、勉強になりました。
  • 現場で瞬時に判断し、決断を下せるよう、情報へのアンテナを張って業務に取り組むようにします。
  • 観察から決断までのサイクルを早めることで、他社より先行した提案を行います。常に観察することを心がけ、早く方向性を決めて効率的に働きます。

実施、実施対象
2019年6月     17名
業種
製造業(素材・化学)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
94.1%
参加者の声
  • 短期間の中で繰り返し繰り返し目標達成が続けられるように、PDCAとOODAの考え方をメンバーにも落とし込んでいきたいと感じました。
  • 生産性の向上、目標達成、組織の円滑な運営のために、今回の研修で学んだことを活かしたいと思った。
  • 安全面ではPDCAサイクルを意識できていたが、経営面では活用できていなかった。来月の部内ミーティングでさっそく取り入れていこうと思う。

実施、実施対象
2018年6月     45名
業種
不動産
評価
内容:大変理解できた・理解できた
86.7%
講師:大変良かった・良かった
88.9%
参加者の声
  • 普段何気なくPDCAサイクルを回していましたが、今後は組織全体・営業担当者ごとにそれぞれがOODAループの活用をすすめられるようにしたいです。
  • 業務の処理時間の効率化を図り、より良い職場環境づくりにつなげたい。業務の目的・目標を明確にし、恐れずに業務改善を行う。
  • これまでと異なる視点を得られた研修でした。自分の業務を整理し、プロセスチェックを行います。見直す時間が必要だと感じました。

開発者コメントcomment

「PDCAサイクルはもう古い。今はOODAループだ」というお話を耳にすることがあります。
昨今の急激な環境変化に対して従来のPDCAをうまく回しづらいことは事実ですが、本来、PDCAとOODAは共存できる概念です。OODAの考え方を理解して組織で展開することにより、個々人の意思決定のスピードを速め、組織全体が臨機応変に状況に対応可能となり、PDCAが迅速に回るよう強化することができます。本研修はOODAとPDCA、双方の本質をお伝えすべく開発いたしました。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

階層別テスト ビジネスで必要な「知識」と「活用力」を測定するテスト

管理職研修プログラム

リモートワーク時代の管理職研修

アセッサー(評価者)派遣型研修

1冊10分の時短読書で自ら学べる人を育てる flier

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!