研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

PDCAサイクル

PDCAとは、「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Action(改善)」の頭文字からの名称で、業務管理や目標達成に向けたプロセス管理のことを指します。繰り返し循環させて改善を進めるため、PDCAサイクルとも呼ばれます。

1950年代、米国の統計学者デミングによって提唱されたPDCAは、高度経済成長期における大量生産のための品質管理(TQC)の手法として、製造業を中心に広く採用されました。現在では業界や職種を問わず、「成果を出すための仕事の進め方」として、PDCAサイクルの回し方を新人・若手に習得させる企業も多くなっています。

PDCAでは、まずは「目的・目標」を設定します。PDCAを有効に機能させるためには、前提として目標が明確であることが重要です。目標があいまいだと、プロセスから評価までがあいまいになり、改善の基準がなくなってしまいます。

そのうえで、以下のプロセスに従ってPDCAサイクルを回します。
① Plan(計画):
仕事の目標を達するための理想的な手段と手順を考える
② Do(実行):
計画に沿って業務を実行する
③ Check(評価):
途中経過の確認(PとDの差異を調べ、その発生原因を検証する)
④ Action(改善):
Cについての改善策を講じて、次のPlan(計画)につなげる
以上のプロセスを繰り返し継続することで、仕事の改善や改革が可能になります。

PDCAサイクルとよく比較されるのが「OODAループ」です。近頃では、「PDCAサイクルは、VUCAと呼ばれる変化の早い時代に適さない。今はOODAループだ」という意見もありますが、元々二つの手法の用途が異なるため、どちらか一方で足りるということではありません。

PDCAサイクルは、自組織を取り巻く環境は変わらないことを前提とし、達成すべき目標に向けて仕事を計画通りに進めるための「プロセス管理ツール」です。一方OODAループは、外的要因によって常に環境変化が起こることを前提に、迅速な意思決定と行動を可能にするフレームワークであるといえます。状況に応じてPDCAサイクルとOODAループを適切に使い分けることで、確実な改善につながります。

混沌の時代において着実に成果を上げるためには、PDCAサイクルとOODAループ、どちらの手法も使いこなせるようになることが肝要です。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

キーワード一覧