loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

行動経済学(ナッジ理論)ビジネス活用研修~相手が自発的により良い選択をするよう促す(半日間)

行動経済学(ナッジ理論)ビジネス活用研修~相手が自発的により良い選択をするよう促す(半日間)

行動経済学・ナッジ理論を理解し、自身の仕事のなかでどう活用するのか具体的に考える

研修No.B MKT430-0100-4131

対象者

  • 全階層

・行動経済学(ナッジ理論)とは何かについて知りたい方
・行動経済学(ナッジ理論)の活用事例について知りたい方
※階層、職種問わずご受講いただけます

よくあるお悩み・ニーズ

  • 行動経済学をビジネスにどのように活用すればよいのか知りたい
  • 行動経済学について、まずは概要を知りたい

研修内容・特徴outline・feature

行動経済学とは、「人は感情で動く」という前提に立ったうえで、人の心理的な傾向を分析、把握し、それを理論的に体系化していきます。この行動経済学を実社会で活用するための一つの方向性として示されたのが「ナッジ理論」です。

本研修では、まず行動経済学・ナッジ理論とは何か理解していただきます。合わせて、行動経済学が注目を集める背景や活用のメリット、理論の概要について学びます。また、自分たちの組織や部署で具体的にどのように活用するのか、研修の中で考えていただきます。

到達目標goal

  • ①行動経済学(ナッジ理論)の概要について理解する
  • ②行動経済学(ナッジ理論)の理論を学ぶ
  • ③行動経済学(ナッジ理論)をビジネスでどのように活用するか学ぶ

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.行動経済学とは ~「人は感情で動く」ことに着目する
    (1)行動経済学とは ~これまでの経済学との違い
    (2)ナッジ理論とは ~相手が自発的により良い選択をするよう促す
    【ワーク】「自分だったらどのような選択をするか」を考え、ナッジ理論を体感する
    (3)ナッジ理論のフレームワーク ~簡単・魅力的・社会的・タイムリー(EAST)
    ※Easy簡単・Attractive魅力的・Social社会的・Timelyタイムリー
    (4)ナッジ理論活用のメリット
    ①コストをかけずに成果をあげる ②少しの工夫で成果をあげる
    ③活用方法が多様
講義
ワーク
  • 2.行動経済学活用の広がり
    (1)イギリスの活用事例
    (2)アメリカの活用事例
    (3)日本での活用の広がり
    (4)自治体でナッジ理論が注目されている背景 ~第4の政策手法
講義
  • 3.行動経済学の理論を学ぶ
    (1)損失回避性(プロスペクト理論) ~損する情報が行動を促す
    【ワーク】住民に省エネ対策を促す資料を作成する場合、ナッジ理論を活用して、どのように言い換えるか考える
    (2)現状維持バイアス ~人は今のままがよいと考えがち
    (3)選択回避の法則 ~選択肢は少ない方が選びやすい
    【ワーク】選択肢をどのように見せれば、相手が選びやすいか考える
    (4)同調性 ~人は「他人がどうしているか」気になる
    (5)フレーミング効果 ~見せ方次第で判断が変わる
    (6)初頭効果 ~第一印象が大切
    (7)親近効果 ~新しい情報が記憶に残りやすい
    (8)極端回避性 ~真ん中の選択肢が魅力的にうつる
講義
ワーク
  • 4.行動経済学をビジネスで活用する
    (1)行動経済学は様々な分野で活用できる
    (2)マーケティング ~「思わず選んでしまう」選択肢の設定
    (3)資料作成 ~少しの工夫で読み手を動かす
    (4)接客 ~お客さまの行動心理をつかむ
    (5)営業 ~顧客が購入に至るまでの流れを意識する
講義
  • 5.まとめ
    【ワーク】自分の業務の中で行動経済学・ナッジ理論が活かせる場面を考える
ワーク

6106

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2021年6月     34名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
97.1%
講師:大変良かった・良かった
94.1%
参加者の声
  • 私は保育士ですが、知らず知らずのうちに子供たちにナッジ理論を使って触れ合っていたのではと思いました。子供たちが困ったときや迷った時にそっと後押しできるような選択肢を与えていこうと感じました。
  • 初めてナッジ理論を学びましたが、知らないうちに自分の近くで活用されていることを知りびっくりしました。住民への説明の際に活用しようと思います。
  • 身近な例だと、ワクチン接種の予約は先に年齢や居住地区などで割り振ってしまって、「都合の悪い方のみコールセンターへ」としたら回線のパンクやクレームも発生しなかったのではと思いました。ナッジ理論を今後は政策にも取り入れます。

開発者コメントcomment

ナッジ理論は、2017年にノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラ―教授によって理論化されました。コストをかけずに成果を上げるアプローチとして、官公庁や自治体を中心に活用が進められています。民間企業でも、主にマーケティングの分野で活用が進められているため、研修を開発いたしました。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

人事のお役立ちニュース

人事のお役立ちニュース一覧を見る

初めてご利用の方へ

インソースからの新着メッセージ

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        本テーマのおすすめリンク

        おすすめリンク

        WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

        直近の公開講座開催研修

        閉じる