loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

(若手向け)仕事の進め方研修~PDCAを強化する

(若手向け)仕事の進め方研修~PDCAを強化する

PDCAサイクルを回し続けるための、フェーズ毎の仕事の進め方を学び、目的・目標を達成する

研修No.2000400

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • ・6か月程度の実務経験のある新入社員
  • ・入社2~3年目の若手社員

よくあるお悩み・ニーズ

  • 慣れた簡単な仕事から進めてしまうなど、仕事の優先順位がしっかりつけられていない
  • 突発的にふってきた仕事に上手く対応できない
  • 自分で立てた計画通りに進められず、締め切りを守れないことがある

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、仕事とは何か、自身の役割とは何かを改めて捉え直したうえで、目的に沿った活動を効率的に進めるために不可欠な「PDCAサイクル」について理解を深めていただきます。さらに、Pのフェーズで必要なタイムマネジメント手法、C・Aのフェーズで必要な問題解決手法を学び、自身の業務に当てはめて考えることで、現場でのPDCAの実践を促します。

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

到達目標goal

  • ①組織における、チームにおける自分の役割を理解する
  • ②自身の業務をPDCAのフレームワークに落とし込んで考えることができるようになる
  • ③仕事の優先順位がつけられるようになる
  • ④仕事の中で発生している問題の洗い出し、原因追究、対策検討ができるようになる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1. 仕事における悩み
    【ワーク】仕事の進め方において今困っていること、難しいと感じることについてグループ内で共有する
ワーク
  • 2.組織における自分の役割を考える
    (1)会社とは・会社の目的とは
    (2)様々な人と関わりながら目的を実現する
    (3)前後のつながりを意識して行動する
    【ワーク】「上司・先輩の視点」「お客さまの視点」「社会の視点」の3つの視点から、多面的に自分に求められる仕事の仕方を考える
講義
ワーク
  • 3.チームで行動するために必要なコミュニケーション力
    (1)コミュニケーションの原則
    (2)ホウ・レン・ソウの基本の再確認
    【ワーク】ケースを使った報告の仕方のワーク
講義
ワーク
  • 4.PDCAサイクルでの行動
    (1)PDCA ~ 成果を出すための仕事の進め方
    (2)PDCAは過不足なく
    (3)PDCAサイクルは回し続けることが大切
    【ワーク】自身の業務をPDCAのフレームワークに落とし込む
講義
ワーク
  • 5.質の高い仕事の進め方① ~ タイムマネジメント (P)
    (1)タイムマネジメントのポイント
    (2)タイムマネジメントに必要なこと
    (3)優先順位を考える
    【ワーク】自身の業務を具体的に洗い出し、それを「重要度」×「緊急度」のマトリックスに落とし込むワーク
講義
ワーク
  • 6.質の高い仕事の進め方② ~ 問題の発見と解決の仕方 (C・A)
    (1)問題洗い出し ~ 再発防止策までの手順 (9つの手順)
    (2)具体的な手順とポイント
    (3)問題発見の具体的事例
    【ワーク①】自身の業務の中の問題を洗い出すワーク
    【ワーク②】洗い出した問題に対する原因、改善目標、対策および再発防止策を考えるワーク
講義
ワーク
  • 7.明日からの目標を立てる
    (1)1年後に達成すべき「目標」を1つ設定
    (2)いきなり100ではなく、1つずつステップを踏む姿をイメージ
ワーク

企画者コメントcomment

入社して時間が経ち、業務に少しずつ慣れてきた時に立ちはだかる壁が「仕事の進め方」です。突発的な仕事が増えて対処できない、悩んだまま人に聞けず仕事が進められない、ホウレンソウが足りないとよく言われる、など新入社員・若手社員悩みは尽きません。そこで必要なのが自身の役割認識と、「PDCAサイクル」の実践です。何も考えずに仕事を進めるのではなく、チームの一員としての考え方や行動ができるか、PDCAのフレームワークに則って考え、振り返りや改善をし続けることができるか、が成長の肝になります。そのために必要なスキルを、実践的なワークを通じて習得していただける研修です。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.8%

講師:大変良かった・良かった

96.8%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年3月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 問題に思ったことは、5回なぜと自分なりに考えて上司に相談しようと思いました。しかし、考えすぎもよくないと思うので、臨機応変に対応することが大切だと感じました。
  • 今回の研修で問題として挙げた大部分を改善していけたらと思いました。優先順位の付け方やPDCAの考え方を業務で活かしていきたいと思います。
  • 自分自身の目標でも仕事でも、PDCAで活用すれば達成しやすくなると思います。
  • 仕事の進め方ということで、PDCAや、タイムマネジメントを考えて仕事しようと思いました。また、問題の洗い出しは難しいですが、大切だと分かったので活かしていこうと思います。

実施、実施対象
2020年2月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 優先順位を明確にして、営業に割ける時間を確保できるようにしていきたいです。また、営業先で仕事の話だけをするのではなく、様々な話題を提供して、また会いたいと思ってもらえる人になれればと思いました。
  • 主体性を持って販売店・ユーザー、その他、当社製品を使ってもらえそうな先へ提案していきたいです。そのためにも、マルチタスクを優先順位の設定を設けて、日々、追われる仕事から主体的な活用に変化させます。
  • 優先順位のつけ方が分からないと悩んでいました。課題でもありました。重要度・緊急度の表に分けることやPDCAサイクルに落とし込むことで解決の鍵が見つかりそうです。復習を頑張ります。
  • 仕事の優先順位を改めて考えます。主体的に物事を捉えることができるよう活かします。マニュアル、業務シートなども作りたいと思いました。
  • 仕事をタイムマネジメントして効率化につなげたいと思います。実勢に目標を口にすることでやる気が出ました。

実施、実施対象
2020年2月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 仕事を長く続ける点において「相手起点」の行動を取れるよう心がけていきたいです。上司のスケジュールの把握やお客さまの要望にできる限り応えること、自分自身で納期を決めて先々の行動へ移すことは早速取り入れたいと思います。
  • 自ら問題点を見つけ、それに対して解決策を提案できるように心がけたいと思いました。また、それを一人で行うのではなく、周囲の人と連携してできればと思います。
  • ホウ・レン・ソウ、PDCAを学び、自分のためにも周囲の人のためにも、良い仕事ができるように工夫していきたいと思った。優先順位をつけて、業務をこなしていきたい。
  • 何を目的とするかを意識することが大切であると再認識できた。目的に対して、目標・手段をきちんと考え、行動していきたい。
  • PDCAを意識し、仕事をただ与えられるのではなく、問題点やもっとよくなる方法などを自ら考えていきたいです。問題の原因や改善方法などについて深く追究していきたいと思いました。

実施、実施対象
2020年1月     11名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今まで行っていたPDCAとは何点も異なっており、基礎を学ぶことができたので、しっかり数字に起こし目的と目標を計画立ててサイクルを回していきたいです。
  • きちんと計画を立て、仕事の取りこぼしをなくし、また、手戻りも少なくしていけるように活かしていく。
  • ”目的”を明確化することでやらなくていけない本当の業務も見える化でき、業務の取捨選択もできると思いました。本日学んだタイムマネジメント、問題の洗い出しを特に業務に活かしていきたいです。
  • 仕事の優先順位を適切に振り分けてタイムマネジメントが正確に行えるようPDCAを理解して活用していきたいです。仕事以外での活用もできるように意識づけを行っていくことが、完全なPDCAの取得の近道だと学びました。
  • PDCAの考え方、目的・目標・手段の考え方などを自分自身だけではなく後輩の育成にも活かしていきたい。

実施、実施対象
2019年10月     23名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.7%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • コミュニケーションを一方通行にならないようにしていく。PDCAの基礎を学んだので 、小さいPDCAをたくさん回していきます。
  • 今まで自分がやってきた仕事をゆっくり見つめ直す時間となり、どこに問題があるのか考えたり疑問がったので、今後仕事の進め方を改善していきたいです。
  • 計画から先を見据えて、スケジュール管理、確認等を行っていかなければならないと感じた。

実施、実施対象
2019年8月     14名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • PDCAサイクルは回し続けることが大切ということをこれからも意識して業務に活かしていきたいと思います。
  • 今日学んだ仕事の進め方、仕事の順位の付け方等、少しわかっているかなと思っていた事を詳しく学べました。これを活かして、日々の業務に励みます。
  • 自分の仕事を見直す良い機会を頂きました。具体的な問題が見えたような気がするので、持ち帰って今一度、効率UPできるようにしたいです。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
97.8
講師がとても良い・良い
96.8

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修