loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

新人のためのビジネスコミュニケーション研修~きく・伝えるの基本を学ぶ編

新人のためのビジネスコミュニケーション研修~きく・伝えるの基本を学ぶ編

コミュニケーションの3大要素である「傾聴スキル」「質問スキル」「話すスキル」を1日で習得する

研修No.B NEP304-0400-3216

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 新入社員

業務指示を受ける際や、報告・連絡・相談をする際など、すべての仕事のシーンで必要となるコミュニケーションスキルを身につけたい新入社員の方

研修内容・特徴outline・feature

今も昔も、ビジネスにおいて必要な能力のひとつが「コミュニケーションスキル」であることは、間違いありません。コミュニケーションツールが進化し、人材も働き方も多様性を増す今、そして今後のビジネスシーンにおいては、コミュニケーションスキルの必要性はますます高まっていくでしょう。

一方で、コミュニケーションの具体的な方法、例えば、「対面での人の話の聞き方」、 「理解したことを相手に伝える姿勢」、「適切な質問の仕方」、「相手に伝わりやすい話し方」を 新入社員の皆さまが丁寧に教わる機会は、年々、少なくなってきているのではないでしょうか。特に個々人がパソコン画面を見つめて仕事をしていたり、業務や仕事の進め方を教える上司や先輩自身がプレイヤーとして多忙を極めたりしていると、日々の業務の中で上記のような細かく具体的なコミュニケーションスキルの指導をすることは難しいのではないかと推測されます。

◆インソースの「コミュニケーション研修」をおすすめする理由

インソースでは、改めて「コミュニケーション研修」をご提案を強化しています。インソースの「コミュニケーション研修」では、コミュニケーションの3大要素である「傾聴スキル」「質問スキル」「話すスキル」を1日で習得することを目的としています。業務指示を受ける際や、報告・連絡・相談をする際など、新入社員が携わるすべての仕事のシーンで、これらのスキルが必要とされます。
新入社員がこれらのスキルを発揮できると、周囲の先輩や上司、取引先のお客さまは、安心して「この新人に仕事を任せよう」と思えるのではないでしょうか。新入社員向けのコミュニケーション研修のゴールは、この「周囲に不安を抱かせず、信頼して仕事を任せてもらえるようになること」と言っても過言ではありません。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.コミュニケーションの基本
    (1)ビジネスパーソンに求められるコミュニケーション
     【ワーク】ビジネスシーンにおいて、気をつけよう、意識しようと考えていることを共有する
    (2)目指すは「この新人に仕事を任せてみよう」と信頼してもらうこと
    (3)ビジネスにおけるコミュニケーションの留意点
    (4)コミュニケーションにおける心構え
講義
  • 2.「きく」の意味
    (1)相手にとって心地良いリスニング
     【ワーク】誰かに話を聴いてもらう際に心地よいと感じるきき方を考える
    (2)3つのきく~「聞く」「聴く」「訊く」
講義
  • 3.「聴く」スキル=「傾聴力」のポイント
    (1)「聴く」スキルとは
    (2)相手が話しやすさを感じる「聴き方」とは
     【ワーク】表情トレーニング~聴いていることを相手に伝えるために
     【ワーク】「聴く」スキルを実践し、チェックシートを用いてフィードバックし合う
講義
ワーク
  • 4.「訊く」スキル=「質問力」のポイント
    (1)「訊く」スキルとは
     ・相手に確認したいことを「訊く」 
     ・相手に要望するときに「訊く」
    (2)「訊き方」の種類(拡大質問と限定質問、肯定質問と否定質問 等)
    (3)話の訊き深め方
    (4)適切な訊き方 ~クッション言葉で丁寧に訊く
     【ワーク】「訊く」スキルを実践しチェックシートでフィードバックする
講義
ワーク
  • 5.「言いたいこと」をわかりやすく伝える
    (1)言いたいことをわかりやすく伝えるとは
    (2)話の前に「人」と「人」との触れ合いがあるとはどんなことか
    (3)話す上で重視すべきこと
    (4)なぜ、相手の気持ちになって話すのか
    (5)話す「姿勢・態度・表情」のポイント~見栄えは重要です
    (6)用語の共通化~業界用語は通じない
     【ワーク】自分たちの周りの「専門用語」や「カタカナ語」を洗い出し、共有する
    (7)会話の締めくくり方
    (8)「話す」特訓
     【ワーク】今後、意識して取り組みたいことを具体的に挙げ、メンバーに伝える
講義
ワーク
  • 6.本日の研修を振り返って
ワーク

4519

1257879

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2021年4月     14名
業種
建設・プラント
評価
内容:大変理解できた・理解できた
85.7%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分からコミュニケーションをとらず受け身の姿勢でいましたが、共通の話題で会話を広げていきたいと思いました。会社にとって必要な人材になれるように、コミュニケーション力を高めます。
  • 相手の立場によって考え方が違うことが理解できたので、先輩や上司の方と積極的にコミュニケーションをとるようにします。
  • コミュニケーションを多くとって、質問を積極的にしていきます。会社内の会話はもちろん、お客様への対応にも活用したいです。

実施、実施対象
2020年7月     32名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 「話す」「聞く」というコミュニケーションの基盤となる部分を学ぶことができた。PREP法を意識した報連相ができるよう心掛ける。
  • コミュニケーションの取り方や説明の方法を学ぶことができた。チーム内で意見を出し合う場面や、配属先でのコミュニケーションに活かしていきたい。
  • 相手にわかりやすい伝え方をすることがいかに重要であるかを認識することができたので、このことを常に意識してコミュニケーションを取るように努める。

実施、実施対象
2020年4月     19名
業種
製薬
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 営業職としてだけでなく、社会人としての心構えや自身の役割について学ぶことができた。聴く力を向上させ、ビジネスマナーを身につける。また、端的に話すといったことも、実践していこうと思った。
  • 「お客様の役に立つ営業になる」という考えを大事にしたい。そのために自分が何を身につけなければならないのかを考え、会社にも貢献できる営業職になりたい。
  • 人の話を聴くことが非常に重要だということが分かったため、話を聴く際の態度、姿勢に気を付けながら仕事をしていきたい。

実施、実施対象
2019年5月     29名
業種
建設・プラント
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 「きく」スキルや「話す」スキルについて理解することができた。知らなかったことや今までの反省点も見つかったので良かった。
  • 先輩・上司への報告・連絡・相談を簡潔かつ明確に行い、業務をスムーズに進めていきたい。
  • いかに自分の伝えたいことを相手に伝えるか、またいかに相手の伝えたいことを理解するかを意識していきたいです。

実施、実施対象
2018年 4月     31名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • コミュニケーションの取り方で、どのようにすれば円滑になるか等学ぶことができました。3つのきくスキルを活用していきたいと思います。
  • コミュニケーションをうまく取ることに、まだまだ改善しなければいけない部分を沢山見つけることができました。部署に戻り、今回学んだことを、早速活用していきたいです。
  • 今回学んだコミュニケーションスキルを意識して活用し、周りの方に信頼されるような業務になるよう取り組んでいきたい。

開発者コメントcomment

本研修は、新人に「任せてみようと思う新人になってほしい!」「同僚とうまくコミュニケーションをとれるようになってほしい!」というお客さまの声から生まれました。
研修では、新人が直面する「上司や先輩に思っていることが伝わらない」「どのように質問すればよいのかわからない」という課題を克服するために、コミュニケーションの基本である「きく」「話す」を通して、相手を想った「きき方」や分かりやすく伝える方法を学びます。

ペアワークを数多く行い、お互いフィードバックをしあう内容となっており、自身の課題点がすぐに見つかります。研修全体が賑やかな雰囲気になるので、新入社員同士の交流もできると好評いただいている研修です!

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

新入社員研修・新人研修の評価
年間総受講者数
61,159
内容をよく理解・理解
97.6
講師がとても良い・良い
96.1

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「インソースのもと」

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

新人教育2022~活躍人材に育てる効果的な育成方法

2021年度新入社員の傾向と特徴

新人8大スキルアセスメントサービス

ビジネス基礎テキスト販売

ビジネス文書研修テキスト販売

同期の絆を強くするオンラインワールドカフェ

内定者オンラインセミナー

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!