loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

(役員向け)企業価値向上のための怒りのマネジメント研修(1日間)

(役員向け)企業価値向上のための怒りのマネジメント研修(1日間)

「怒り」の感情をコントロールし、企業価値を高める

研修No.B CMN520-0000-5380

対象者

  • 管理職
  • 部長・経営層

・怒りの感情をコントロールできるようになりたい役員の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 怒りのマネジメントの重要性を部下(管理職)に理解してほしい
  • 役員自らが手本となり、怒りをコントロールする方法を組織全体に浸透させたい

研修内容・特徴outline・feature

企業価値を高めるためにどのような意識・行動が必要か、役職を問わず全従業員が理解しておかなければなりません。組織全体を管理・監督する役員は、意識だけでなく従業員に対しそれらを体現する役割を担います。本研修では、企業価値を向上させる行動のひとつとして、怒りに焦点を当てます。なぜ怒りをマネジメントする必要があるのか、ワークや講義を通じて組織に与えるリスクを考えます。そのうえで、自身の部下(管理職)の怒りに対してどのように対応すればよいかを学びます。

研修のゴールgoal

  • ①怒りが招く企業に対する影響を理解する
  • ②自らの怒りをコントロールできる
  • ③部下(管理職)の怒りを把握し、対応方法が考えられる

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.役員に求められる怒りのマネジメント
    (1)役員に求められるリスクマネジメント
    【ワーク】利害関係者に対して怒りを露わにした場合、生じうるリスクを考える
    (2)組織運営における対策を強化する
    (3)怒りが招く負のスパイラル~上司は部下に怒り、部下は後輩に怒る
    (4)怒りをマネジメントし、企業価値を高める
講義
ワーク
  • 2.怒りの感情との付き合い方
    (1)怒りのセルフコントロールとは
    (2)怒りのセルフコントロールのゴールとステップ
講義
  • 3.怒りを理解する~自身のパターンを知る
    【ワーク①】仕事・プライベートを問わず、怒ったことや腹立たしかったことを振り返る
    (1)原因~怒りの原因はさまざまな感情にある
    (2)兆候~自分の怒りのサインに気づく
    【ワーク②】ワーク①を踏まえ、どのようなサインが出ていたかを思い出す
    (3)傾向~自分の考え方と行動のパターンを知る
    【ワーク③】ワーク①、②を踏まえ、怒りに対する自身の傾向を考える
講義
ワーク
  • 4.怒りのコントロールトレーニング
    (1)思考の切り替えをする~ABC理論で考える
    (2)コミュニケーションの取り方を変える~言いにくいことを伝える
    【ワーク】YOUメッセージをIメッセージに変え、印象の変化を考える
    (3)適切な叱り方~指導とパワハラの違いを知る
講義
ワーク
  • 5.部下の怒りに対応する
    (1)部下の怒りを把握する
    【ワーク①】部下(管理職)を思い浮かべ、どのような傾向があるかを考える
    (2)部下の怒りを受け止め・発散する
    【ワーク②】ワーク①を踏まえ、部下(管理職)の怒りをコントロールするためにできることを考える
講義
ワーク
  • 6.まとめ
ワーク

8698

全力Q&A{{list[0]['category']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声/研修の感想・得た学びVOICE & learning

実施、実施対象
2023年11月     10名
業種
中央官庁・国家機関
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 部下との信頼関係の構築を再度意識する。怒ると叱るを区別し、相手のことを考えた指導をしていく。
  • 怒りの対処方法やIメッセージなど、非常にためになることが多かった。部下との付き合い方に活かしたい。
  • 自分の考えが伝わらないときなどにイライラしやすいため、感情のコントロールの仕方が聞けて有益だった。

実施、実施対象
2023年8月     39名
業種
医療
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
97.4%
参加者の声
  • 部下を叱る前に自分自身が冷静になり、相手の尊厳等傷つけないよう言葉を選ぶようにする。YOUメッセージはIメッセージに変え、伝えていこうと思う。
  • 年の離れた年下の課員の考え方を知り、自分の価値観を押しつけないように均衡を取って関わる。思い込みや決めつけをせず、コミュニケーションをとっていきたい。
  • 自分の考え方と行動パターンの傾向を知ることができた。怒りを感じたらため込まずに冷静に対処をし、なぜそうなったのか考えるようにする。

実施、実施対象
2023年3月     16名
業種
製造業(日用品)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
93.8%
参加者の声
  • 怒りは、相手への期待と現状のギャップから生まれると思いました。イライラしたときに、どのような差があったのかを冷静に見つめ、適切な指示をすることを心がけます。
  • 自分と他人を尊重し、部下には期待を伝えるようにします。相手の感情を理解するよう努め、Iメッセージを意識的に活用したいです。
  • ABC理論をテクニックとして実践します。怒りなどの感情をコントロールすることで、部下との関係性をよくするだけでなく業務も円滑に進められることに気づかされました。

開発者コメントcomment

今回、役員向けに怒りのマネジメントに関する研修を実施したいとのご要望をいただき開発しました。詳細を伺うと、役員自身はもちろんのこと、それ以上に部下である管理職に対して適切なマネジメント方法を身につけさせたいとの悩みがあることがわかりました。役員だからこそできることを、しっかりと学んでいただける内容になっています。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

最新作・ニュース

新卒対応speed&challenge

新卒採用に関するお知らせ オンライン・全国で会社説明会開催中

研修を探す

同じジャンルで探す

  • WEBins
  • 20周年特別タイアップ企画
  • モンシャン
初めてご利用の方へ

インソースからの新着メッセージ

    直近の公開講座開催研修

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        本テーマのおすすめリンク

        おすすめリンク

        閉じる