loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

モノの捉え方・考え方研修 概念化能力を鍛え、良質なインプットを得る(1日間)

モノの捉え方・考え方研修 概念化能力を鍛え、良質なインプットを得る(1日間)

「概念化能力」を向上させ、物事を構造的・多面的に理解し、その意味合いを突き詰められるようになる

研修No.B PRB2100000-3569

対象者

  • 全階層

・得た知識やノウハウを、問題解決の場でうまくアウトプットできない方

研修内容・特徴outline・feature

問題解決においては「概念化能力(コンセプチュアルスキル)」を向上させることが重要です。概念化能力が向上するとモノの捉え方・考え方が変化し、良質なインプットを得ることができます。

本研修では、様々な視点・代表的な枠組み(フレームワーク)を学んだうえで、「収束」⇔「発散」、「具体」⇔「抽象」をひたすら繰り返すワークを通じて、物事を構造的・多面的に見て、感じ、理解し、その意味合いを突き詰められるようになることを目指します。
ロジカルシンキングの手法を学んで情報の整理がうまくなっても、良質なインプットやアウトプットにつながらず問題解決に至らない、という課題をお持ちの方におすすめの研修です。

◆【研究レポート】思考力の使い方
~クリティカル・ラテラル・ロジカルシンキング入門

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.概念化能力とは
講義
  • 2.概念化能力のベースとなる「視点」
    (1)日頃から「視点」を鍛えないと力はつかない
    ①共通項を考える ②反対の立場で考える 
    ③様々な立場で考える ④ポイントを列挙する
    【ワーク】○○○のポイントは?(テーマを1つ決め、3つのポイントにまとめてみる)
    ⑤一言で表現する 
    【ワークA】自分の仕事を一言でいうと? 
    【ワークB】Aの解答をベースに、自部署の新卒採用ページに載せるキャッチコピーを考える
    ⑥定義づけを行う 
    【ワーク】自社の定義は?
    ⑦なぜグセをつける ⑧事象を流れ図、時系列で考える 
    ⑨5W1H・6W3Hで考える ⑩ゼロベースで考える
    【ワーク】一般的に「正しい」と思われていることに疑問をもってみる
    ex)二酸化炭素の排出量を減らす、摂取する塩分を抑えるなど
    【ワーク】10の思考バイアスのうち、自分に強く存在するものは?
講義
ワーク
  • 3.概念化能力を駆使して情報を集めてみる
    (1)「標準知識」としての情報収集
    (2)網羅的な情報収集を心掛ける
    (3)G × PESTの軸でマクロの動きを押さえる
    (4)わからないことはその場で検索する
    (5)新聞の読み方
講義
  • 4.アウトプットにチャレンジ
    (1)発想を出すプロセスを理解する
    ①考える方向性を決める (ターゲットを決める) 
    ②他の組織の関連情報にも注意
    (2)考える時の工夫 ~ 短時間集中と見える化
    <ステップ1>短時間(15分程度)集中して考えたあと、頭の隅に考えるべきこととして、置いておく
    <ステップ2>時々取り出して考える
    <ステップ3>2~3日後、短時間で紙(企画書)に書き出す
    (3)ツールをつかいこなす
    ①改善法
    【ワーク】テレビ局の番組プロデューサーとして、最近のテレビ番組への不満を踏まえ、新番組を企画する
    ②アナロジー思考法
    【ワーク】他の国、同業他社、他業界にはあって、自組織にないものを3つ挙げ、その理由も考える。また、それらを踏まえた企画案を考える
    ③マトリックスで考える
    【ワーク】現在分かれているものを一体化して、新サービス、新業務を3つ開発する
講義
ワーク
  • 5.まとめ

5006

1216133

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2018年10月     8名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 新たな事務サービスを開発するにあたり、発想の場面で役立てたい。事務課題の分析にも活用できると感じた。必ず何らかのフレームワークを活用して案出しの幅を広げる。
  • この研修での学びを踏まえると、役員の方たちがいかに情報収集スキルが高いかを実感できた。今まであまり意識できていなかったテーマだったので、勉強したい。
  • 報告資料を作成するときには、概念や概要を明確に定義し言語化しようと思った。新サービスを検討する際に、フレームワークを使う。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ロジカルシンキング研修の評価
年間総受講者数
11,099
内容をよく理解・理解
93.5
講師がとても良い・良い
94.8

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

人事のお役立ちニュース

人事のお役立ちニュース一覧を見る

初めてご利用の方へ

インソースからの新着メッセージ

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        本テーマのおすすめリンク

        おすすめリンク

        WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

        直近の公開講座開催研修

        閉じる