研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

ストレスコーピング

ストレスコーピング(Stress coping)とは、ストレスに対する対処方法のことです。米国の心理学者ラザルスの「ストレス理論」によって提唱されたのが始まりで、メンタルヘルスケアの概念として広く知られています。現在では、社員のストレス対策教育の一環としてストレスコーピングを取り入れる企業が増えています。

現代人の多くは、精神的・肉体的に負担となる様々なストレス要因(=ストレッサー)に晒されて生活しています。それらのストレッサーに対応できないと、イライラする、疲れやすくなるといった心身の変化が現れます。これがいわゆる「ストレス反応」です。

ラザルスの理論では、人間はストレッサーに直面した時、二段階の認知的評価を行います。まずは、その状況が自分にとって「ストレスフル」かどうかを判断したうえで(一次評価)、ストレス反応を回避するためにどう対処すべきか、様々な選択肢の中から過去の経験などに基づいて選択し、実行に移します(二次評価)。このようなストレスに対する一連の行動を「ストレスコーピング」と呼びます。

ストレスコーピングの種類は、大きく分けて3つあります。
① 問題焦点型:ストレッサーとなっている問題の根本的な解決を図る
(例)ハラスメントの加害者に直接働きかける
   周りの人などへ相談し、アドバイスを得る(=社会的支援探索型)

② 情動焦点型:ストレッサーに対する感情を整理し、コントロールを図る
(例)誰かに話を聴いてもらい、感情を発散させる
   問題に対する考え方、捉え方を変える(=認知的再評価型)

③ ストレス解消型:ストレス反応が起きた時、それを発散して自分の中から追い出す
(例)自分の好きなことに集中して気分転換を図る(=気晴らし型)
   体操や呼吸法などで緊張を緩める(=リラクゼーション型)

仕事や人間関係のトラブルなど、日常的な苛立ち(デイリーハッスル)が蓄積して大きなストレスになることもあります。安定した成果を求められるビジネスパーソンは、日頃からストレスコーピングについて学び、ストレスから自分の身を守る術を身につけておくことが肝要です。

人事担当者は、セルフケアやメンタルヘルスについて学びたい社員を積極的に支援するとともに、相談窓口の設置や定期的なストレスチェックの実施などを通じて、日頃から社員の心身の健康に気を配りましょう。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

キーワード一覧


ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材・テキスト付きeラーニングレンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

直近の公開講座開催研修