24

メンタル不調の人を出さないために取り組むべきこと

人事担当者30のお悩み

悩み
欠勤する理由が、メンタル面の不調が原因だと思われる社員・職員が目立つようになった。どうしたらいいのか。
回答
2015年12月に義務化されたストレスチェック制度導入を機会に、"みんなで考える場"を持ち、"みんなで考える土壌"を作ることです。あわせて、外部に相談窓口を作る、などの仕組みを作りましょう。大切なのは、その仕組みについて啓もう活動し、組織の全員が、「そのような仕組みがある」と知ることです。これらの取り組みから、高ストレス者を出さないことが第一です。
高ストレス者が出てしまった場合、不調を訴える人が休職してしまう前に、対策を立てないといけません。そして、組織としてどのようなケアを用意しているのか、ということをきちんと明示しておきましょう。

「なぜ増えてきているのか」を組織全体で考えられる土壌作りをすべき

まず「欠勤する社員・職員が増えているのはなぜなのか」を考えましょう。メンタル不調の原因となると、「その人が弱いからだ」「そういう性格だからだ」と、"個人の問題"として捉えがちです。確かに原因として、個人的理由も考えられますし、ご本人の性格によることもあり得ます。しかし、「どうして欠勤してしまうのか」を組織全員で考えることが大切です。
「組織全体で考える」ということが、なかなかできないケースがまだまだ多いのではないでしょうか。

一方、欠勤するほどにまで至った、ということは、職場に問題があるのかもしれない、と考えるべきです。仕事をするために職場に来るのですから、「その方に100%非があって欠勤が続く」ことは、まず、ありません。例えば"就職して3日目に辞めた"のであれば、話が違うかもしれませんが、ある一定期間勤務してこられた方なら、何かしらの高ストレスなことがあったと考えられます。部署が変わったなど仕事がもとになった、あるいは、プライベートなことなど、職場外のことが原因かもしれません。
そういったことを組織全体できちんと考え、メンタル不調、不全への正しい理解と対処の仕方を知る土壌作りが重要です。その土壌作りのきっかけには、ストレスチェックや研修などがあります。

ストレスチェック制度を良い契機にする

2015年12月にストレスチェック制度の導入が義務化されました。その流れに伴い、職場でのメンタルヘルス対策を通して、高ストレス者を出さないための取り組みを始める組織が増えています。ストレスチェックは義務として行わなければいけませんが、やるからにはきちんと運用して、職場の改善を図りましょう。

「ストレスチェックは実施後の改善活動が重要である」とよく言われています。ストレスチェックを実施して終わり、ではなく、実施後の分析によって明らかになった課題を解決しておかなければ、将来、高ストレス者を生み出すことになりかねません。制度をうまく活用し、見つかった課題を解決することが、高ストレス者を出さない職場作りにつながります。
ストレスチェックシートの回答対象者、面談推奨者等への連絡が煩雑である点(※)も否めませんが、その場合は外部システムを導入するなど、事務の軽減も視野に置きましょう。

※事業者が各従業員の調査票の回答結果を閲覧できないため、未回答者への催促や高ストレス者へのフォローを実施者に委託しなければならない

組織の環境整備と知識の周知徹底が重要

組織の環境整備も必要です。常時50人以上の従業員を抱える事業場は産業医を置く義務がありますが、その産業医についての制度が周知徹底されているでしょうか。また、内部より、外部の方が相談しやすい問題でもあるので、できれば外部カウンセラーや外部に相談できる窓口を作ることがベターです。そのような仕組みを作り、その仕組みについて、ポスターや社内報で知らせるなどの啓もう活動を行いましょう。

一方で、ストレスケア(セルフケア、ラインケア)などの知識を組織全体、社員・職員全員が持っていることが肝要です。
そしてまた、それらの知識を身につける機会、ストレスやメンタルについて考える機会を持つことも大切です。欠勤をする側も、その方を抱えている職場の方も、「まさかこういう事態になるとは思わなかった」と、お互いに思っているはずです。そのためにも、ストレスなどを認識する機会を職場外で持つことが重要になります。その機会として、研修やeラーニング、ストレスチェックが挙げられます。

上司は部下に対してメンタル面でのケアを意識することが大事

さらに管理職の方は、必ずラインケアに関する仕組み、考え方を研修で学んでおきましょう。1度研修を受けたとしても、人は忘れてしまうこともあります。また、環境変化が激しくなってきていて、以前のやり方が間違ったものになっている場合もあり得ます。人事評価と同様、毎年のように継続的に取り組みを行っていきましょう。

あらゆる場面で上司は部下に対して、メンタル面でのケアを意識することが大事です。例えば残業が非常に多いことがストレスの原因なのであれば、定時で帰れるように調整する。もしくは人間関係がうまくいっていないのであれば、関わりを薄くするために仕事を分けたり、交代させたり、場合によっては異動させる、などです。そのようなことが当たり前に行われている職場作りを目指しましょう。


今日の仕事に役立つひとこと

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソースのHRMレポート
【講演録】人的資源管理の流れ
日本型経営を支える管理職の役割「現在求められる中間管理職の役割」
管理職に求められる能力について
「成長企業の人材育成」
経営マネジメントのコツ~バーチャルマネジメント研究所

研修運営に役立つレポート
新入社員研修を成功させる10のポイント
研修運営「ちょっと役立つ」101のコツ
研修を語る~ベテラン講師や研修制作者が研修に込めた「想い」とは
新作研修ができるまで

ビジネスに役立つレポート
ビジネス文書文例集
あなたにも簡単にできるクレーム対応の勘所
オフィス節電プロジェクト
インソースが考える「奥の手・猫の手」
インソースマナーブック
社長に必要なノウハウを学ぶ2ヶ月間

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

研修コスト削減サービス

全力Q&A

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修