女性社長が初めて50万人を突破、上場企業は46社

2021年12月13日

女性社長が初めて50万人を突破、上場企業は46社

2021年の全国の女性社長は54万919人で、調査開始以来初めて50万人を超えたことが東京商工リサーチの調査で明らかとなった。

 企業数と女性社長数を対比した「女性社長率」の全国平均は14.2%で、2019年の前回調査(13.6%)に比べて0.6ポイント上昇し、調査開始以来10回連続で上昇した。

 全国平均を上回ったのは12都府県で、唯一、20%超の沖縄県が20.4%(前回20.6%)でトップを維持した。次いで、東京都16.5%、福岡県16.1%、大分県16.0%、大阪府15.9%、山梨県15.2%と続く。

 比率が最も低かったのは新潟県の9.1%だった。次いで、山形県9.2%、福井県9.5%、富山県9.6%、石川県9.8%で、この5県が10%を割り込んだ。

 「女性社長率」を地区別にみると、最も高かったのは九州で15.15%だった。次いで、前回2位の関東と3位の近畿が入れ替わり、2位が近畿15.11%、3位が関東の14.9%となり、上位3地区が全国平均14.2%を上回った。一方、最下位の北陸は9.7%で唯一10%を割り込んだ。

 女性社長数を都道府県別にみると、最も多かったのは東京都の14万1962人(前回12万3351人)で、10回連続のトップとなった。

 次いで、大阪府5万2249人、神奈川県3万4457人、愛知県2万8712人、福岡県2万3745人と、企業数の多い大都市を中心に上位14位まで順位の変動はなかった。

 少なかったのは、島根県1592人、鳥取県1982人、福井県2082人、秋田県2252人の順で、上位と同様に前回と顔ぶれは変わらず、企業数や人口に比例していた。

 産業別でみると、女性社長数の最多は「サービス業他」の25万4856人(47.1%)で、過半数に迫る。女性社長率は、不動産業が24.1%でトップだった。

 上場企業の女性社長(代表執行役を含む)は46社(判明分)だった。前回(41社)より5社増加したものの、上場企業全体に占める女性社長の割合は1.1%にとどまっている。

 調査は、東京商工リサーチの保有する約400万社の経営者情報(個人企業を含む)から、女性社長(病院、生協などの理事長を含む)を抽出、分析した。

配信元:日本人材ニュース

関連サービス

人事のお役立ちコンテンツ

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。