「成長企業の人材育成」

安藤弘一講師「管理職に求められる能力について」
 

成長企業における社員のリーダーシップ

 -真摯な行動が周囲に影響力を行使する
                 「リーダーシップの発揮」に繋がる-


■タイプ別に分類されがちな「リーダーシップ」論

企業活動に限らず、社会生活ではあらゆる局面でリーダーシップが求められます。地域生活、ボランティア活動等なども含めて、共通の目的のもとで集う組織では、全体を牽引する役割を果たす機能が当然必要となります。こうした機能を果たす人が一般的には「リーダー」と呼ばれるのだと思います。

さて、ビジネスの世界はしばしば「戦場」に例えられます。そのためか、高度成長期の日本のビジネスシーンでは、戦国時代の織田信長、豊臣秀吉、徳川家康などの武将や、帝国陸海軍の将官による戦闘現場での部下統率を引き合いに出し、それぞれをタイプ分類して論じる傾向が、出版物などでも多く見受けられました。

こうした、リーダー像をタイプ分類する傾向は今も続いています。大河ドラマやテレビドラマでは、主人公がさまざまな難局を突破していく過程で発揮するリーダーシップが描かれます。2013年に放映された『半沢直樹』などは、その典型かもしれません。視聴者はドラマの主人公の言質言動に溜飲を下げ、「自分の組織にもこうしたリーダーがいたらなぁ~」と、主人公の活躍に自らの心情を仮託する現象が見受けられました。「上司にしたい」と思う俳優やタレントのランキング発表なども、理想とするリーダータイプへの仮託なのかもしれません。

ビジネス書においても、「リーダーシップ」はタイプ分類される傾向があります。"鬼軍曹"タイプ、が持てはやされたかと思えば、"サーバント"(奉仕者)タイプ、"メンター"(支援者)タイプが話題となったり、タイプ分類の振れ幅が非常に大きく論じられます。このように、リーダーないしリーダーシップのタイプを分類したくなるのは、混沌とした社会状況と、グローバル化によりビジネス環境が変化する過程で、大方向を示してくれる水先案内人を無意識に求めてしまう「空気」なのかもしれません。

そこで、「空気」に左右されず、企業が成長過程で必要とするリーダーとは何か、リーダーとして発揮すべき役割は何かを、「特定のタイプや人物」に仮託することなく考える必要があると思います。これは同時に企業組織が成長していくうえで、組織を構成する一人ひとりの成長課題にも直結してくると思います。

■「リーダーシップを発揮する」という意味

「リーダーシップを発揮する」という意味を、単純に、的確な指示や命令を出して部下を思いのまま動かすこと、あるいは先頭に立って周りを引っ張ることであると理解している人が多く存在しています。しかし、リーダーが果たすべき役割・機能としては、これらは一つの側面に過ぎないといわなければなりません。とりわけ企業組織において、リーダーには状況の変化に対応していく多岐の役割・機能が求められます。単純に部下指導、率先垂範、前線での指揮や士気を鼓舞する豪胆さがあればリーダーシップを発揮できるとは限りません。あえて誤解を恐れずにいえば、こうしたリーダーシップは"成長が保障されていた時""GOALが決まっている時"には通用しますが、状況への対応次第で結果が大きく異なるような時代には短絡過ぎると思います。

私はリーダーシップとは、さまざまな状況の変化に対して周囲を巻き込みながら変化対応する「力」であると思います。一言でいうならば、リーダーシップとは、「他者へ自らの影響力を行使できる力」であると考えます。つまり、個人のパワーに帰属するものではないということです。リーダーシップがあるかないかを決定するのは、周囲がそのリーダー役割者から影響力を受けているか否かの認識に大きく左右されるということです。

一人のリーダー役割者が常に先頭に立って旗を振り、部下に指示や命令を出し、部下がこのリーダーに従って行動しているとします。しかし、部下の側が「リーダーの命令だから仕方がない」との思いで従っているようでは、このリーダーは部下に影響力を行使していることにはなりません。これではリーダーシップを発揮しているのではなく、職務上の権限でだけ、部下を従わせているに過ぎないということです。そうすると部下の行動は必ず「面従腹背」になります。

「リーダーシップ」で最も大切な視点は、周囲の認識や感情に対して敏感であろうとする行動をとっていくことだと思います。周囲から信頼を得ることを自己の目的とせず、自分自身のいまの状況・状態をメタ認知(客観的な自分理解)する能力を不断に磨く姿勢を堅持する真摯な行動が、周囲に影響力を行使する「リーダーシップの発揮」に繋がるということです。

インソースの提案するリーダーシップ研修はこちら

ページトップへ

「成長企業の人材育成」一覧

◆本間  次郎◆

株式会社ノイエ・ファーネ  代表取締役

1954年生まれ。大学在学中より出版・編集業務に携わり、主に労働経済関係をフィールドとし取材・執筆、編集業務に携わる。1992年から中小企業経営 者向け経営専門誌の編集および、教育・研修ツール(冊子媒体、ビデオテープ)等の作成、人材の教育・育成に関する各種オープンセミナー・インハウスセミ ナー企画の立案・実施、人材開発事業・人事コンサルティング業務に従事。
2010年11月に『人と企業組織が互いに「広い視野」「柔軟な思考」「健全な判断」に基づいて行動し、最適な働きの場を創り出していく協働に貢献する』を使命とする株式会社ノイエ・ファーネを設立。

ページトップへ

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

ページトップへ

今日の仕事に役立つひとこと

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソースのHRMレポート
【講演録】人的資源管理の流れ
日本型経営を支える管理職の役割「現在求められる中間管理職の役割」
管理職に求められる能力について
「成長企業の人材育成」
経営マネジメントのコツ~バーチャルマネジメント研究所

研修運営に役立つレポート
新入社員研修を成功させる10のポイント
研修運営「ちょっと役立つ」101のコツ
研修を語る~ベテラン講師や研修制作者が研修に込めた「想い」とは
新作研修ができるまで

ビジネスに役立つレポート
ビジネス文書文例集
あなたにも簡単にできるクレーム対応の勘所
オフィス節電プロジェクト
インソースが考える「奥の手・猫の手」
インソースマナーブック
社長に必要なノウハウを学ぶ2ヶ月間

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースフォーラム2019 全国6都市でお申込み受付中!

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報