23

OJT制度やメンター制度を浸透、定着させるには?

人事担当者30のお悩み

悩み
OJT制度やメンター制度を導入したのはいいが、うまく機能していない感じがする。制度を浸透、定着させるにはどうしたら良いのか。
回答
1年毎に“振り返り”を行い、その制度について、改善点や良かったところなどを社員・職員からアンケートで引き出し、次年度に活かすようにすると良い。

“振り返り”を毎年繰り返して、制度の浸透、定着を図る

OJT制度やメンター制度を導入する際、説明会や研修などを実施して、社員・職員に最初の意識づけを行う組織は多いです。しかし、それ以降は特に手を施すことなく、そのまま現場任せにしてしまっている組織も少なくないように思われます。それでは、せっかく導入した制度も形骸化してしまいがちです。

この場合に有効な手段は、1年毎に“振り返り”を行うことです。意外に、この“振り返り”を行っている組織は少ないのですが、この“振り返り”がポイントです。具体的には、アンケートを実施して1年間の活動を通じて、改善したほうが良いと思った点や良かったところなどを回答してもらいます。得られた回答をまとめ、制度として改めるべき点や他の人にも真似をして欲しい点をリストアップして、組織内で共有しましょう。
例えば、OJTのトレーナーを担当した人に対して、"これからトレーナーになる人へのアドバイス"のような、具体的な回答が得られる設問を設定するのがコツです。

そうして得た改善点や真似すべき点を、次年度の活動に活かすようにすると、制度自体の改善にもつながり、組織全体の制度に対する意識向上にもつながります。この“振り返り”を毎年繰り返すことによって、制度の浸透、定着が図れます。

“振り返り”は制度を現場任せにしないためにも有効

また、OJTやメンターを育成担当者任せにしてしまうと、育成担当者の負担だけが増加し、かえって育成を担当している若手社員の成長の妨げになりかねません。新入社員をはじめとした若手社員が育つためには、人事部門・管理職及び職場全体が育成担当者のサポートを行う必要があります。“振り返り”はOJT制度やメンター制度を現場任せにしないためにも有効な手段となります。

アンケートで得られた回答をもとに、若手社員や新人が苦手としていることや、うまくいかないことに対して研修を行ったり、業務改善を行ったりなど、様々なフォローができるのも、“振り返り”の良いところです。


今日の仕事に役立つひとこと

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソースのHRMレポート
【講演録】人的資源管理の流れ
日本型経営を支える管理職の役割「現在求められる中間管理職の役割」
管理職に求められる能力について
「成長企業の人材育成」
経営マネジメントのコツ~バーチャルマネジメント研究所

研修運営に役立つレポート
新入社員研修を成功させる10のポイント
研修運営「ちょっと役立つ」101のコツ
研修を語る~ベテラン講師や研修制作者が研修に込めた「想い」とは
新作研修ができるまで

ビジネスに役立つレポート
ビジネス文書文例集
あなたにも簡単にできるクレーム対応の勘所
オフィス節電プロジェクト
インソースが考える「奥の手・猫の手」
インソースマナーブック
社長に必要なノウハウを学ぶ2ヶ月間

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

研修コスト削減サービス

全力Q&A

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修