はたらコラム

次のステップアップにつなげる!キャリアの振り返り方とは

2019.05.24

  • キャリア
  • ライフ

昇進や転職に不可欠なキャリアの振り返り。仕事に追われながら生活しているとつい後回しにしてしまいがちですが、一度まとまった時間を確保して振り返りを行うことで、理想のキャリアアップを実現することができます。今回は、そんなキャリアの振り返り方をまとめてご紹介します。

キャリアの振り返りのメリットとは

そもそもなぜ、キャリアの振り返りを行う必要があるのでしょうか?主なメリットは2つあります。

自分を客観視できる
自分がこれまで培ってきた実績や強みを書き出してリスト化することで、改めて自分を客観的に見つめなおすことができるでしょう。
今年1年、どんなキャリアを歩んできたのかを振り返り、次の年自分が歩んでいきたいキャリアを思い浮かべます。材料があることでより細かく分析できるようになり、リアリティのある目標を立てやすくなるのです。

昇進や転職の度に使える
完成したリストは毎年更新することで何度でも使えます。一度まとまった時間をとって振り返りを行うことで、昇進や転職をする際、スムーズに自己アピールやキャリアプランを練ることが可能です。

振り返り方①紙やツールを使って書き出す

キャリアを振り返る際には、下記の事柄を意識して振り返るとよいでしょう。

・1年間どんな仕事をしたのか、それによって何を学んだのか
・仕事をする上でのやりがいはどこにあったのか
・自分の能力を最大限に活かせる仕事内容は何だったのか
・どんな作業を苦手だと感じたか

振り返りリストを作成する際は、紙に箇条書きで書き出す形でも構いませんが、キャリアワークシートなど、インターネット上で手に入る配布物を利用するのも便利です。どちらの場合にも、あとで振り返ったときに分かりやすい形で残しておくことをオススメします。

振り返り方②真剣に仕事に取り組む

書き出すことで現在のキャリアを振り返ったら、次は今年中に自分が仕事で貢献できることは何かを考えます。自分の役割に対して、いつも以上に誠実かつ真面目に取り組んでください。

すると、ただ頭の中で考えたことを書き出しただけでは見えてこなかった、新しい自分の強みや課題が分かるようになるはず。将来的な展望が、より具体的で充実したものになるでしょう。

目標の立て方①数値や時間で目標を表す

自分の強みと課題がはっきりしたら、今度は次の目標を設定します。翌年以降の目標を立てる際に大切なのは、時間毎に具体的な数値を用いて表していくことです。

たとえば、将来自分が思い描いている役職があるとします。その役職につくためには、まずどんなプロジェクトを何か月あるいは何年で達成し、売り上げをいくらまで伸ばすのかということを考えてみましょう。

実践に向けて、短期・中期・長期それぞれのプランが必要です。時間を区切るときは、3か月、半年、1年単位や、3年、5年、10年単位で考えると分かりやすいでしょう。

具体的な数値や時間を用いてプランを立てることによって、今自分は何をすべきなのかが見えてくるのです。

目標の立て方②ライフスタイルに合わせる

結婚や出産、マイホームを建てること、あるいは両親との同居や介護など、人生のさまざまな転機に備えてキャリアプランを練っていくことも重要です。

子育てや介護が発生したときに、今と同じ働き方でキャリアアップを図ることは可能なのか。あるいは報酬面で考えたときに、今のままの昇給スピードで、将来十分な貯蓄を残していけるのかなど、ワークライフバランスを意識しながら目標を具体化していきましょう。

あらかじめさまざまな状況を想定しておくことで、環境の変化に戸惑うことなくキャリアアップが図れるようになります。

キャリアの振り返りがもたらすもの

頭の中で漠然と考えている自分の得意なことや強みは、整理して書き出すことで、キャリアアップの目標を立てていくことが可能です。目の前の仕事に対するモチベーションが上がり、自身の仕事にやりがいを見出せるようになるでしょう。

大型連休や有給休暇など、まとまった時間を利用してキャリアの振り返りを図り、今よりもさらに輝いている未来を手に入れてください。

配信元:日本人材ニュース

記事が⾯⽩ければこちらでシェアをお願いします

おすすめ記事

カテゴリ

インソースのオリジナルコラム

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

研修に関する検索トレンドワード抽出研究

フォーラム研修一覧

人事・労務キーワード集

人材育成の7つのポイント~企業の人材育成における課題を解く

全力Q&A

Gambatte

クレーム対応の勘所

銀子の一句

もっと見る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • ウィズコロナ時代の教育とオンライン研修のコツ

    2020年度 社内教育のご紹介
    ~コロナ禍での全社階層別研修

    今すぐダウンロード

  • 主体的に判断し、行動できる強いリーダーの育成

    ジャパン・ソリューション推進冊子
    「ENERGY vol.2 夏号」

    今すぐダウンロード

インソースは⼀⼈ひとりのビジネススキルの向上から、
⼈事のお仕事のサポートまで承ります

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修


×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!