中核市向け研修

中核市向け研修

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

研修の目的・特徴

インソースでは、54ある中核市のうち、現在多数の市で研修のお手伝いをさせていただいております。このページでは、中核市でよくご利用いただいている研修をご紹介させていただきます。

お問い合せ・お申込み

※各業界向けカリキュラムのカスタマイズは可能です

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

研修のプロがお答え全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


      

魅力的な講師

経歴の優秀な講師というだけでなく、苦労体験や失敗談、成功事例を持ち合わせ、受講者さまの共感を得られる講師陣を紹介しています。研修の背景や目標、その研修の進め方などは講師との度重なる打ち合わせにて進めています。多くの講師を取り揃えている弊社では、複数クラスの実施や複数年での計画も立てやすくなります(講師育成プログラムなどを活用し講師育成を行っているため、講師による軸のブレはありません)。

研修ラインナップ

インソースの中核市向け研修は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

■新規採用職員

近年、新規採用職員の早期戦力化が求められております。「ゆとり世代」と呼ばれる新採職員に、きめ細かい指導を行い、いち早く自立した社会人になっていただくことが必要です。ビジネスマナー研修にプラスして、相手にわかりやすい文書を書く「ビジネス文書研修」、論理的に話す「プレゼンテーション研修」がインソースのおすすめ研修です。


■事務職員

「業務の効率化」が最近の特例市でのキーワードになっています。仕事に優先順位をつけ、時間の効率化を図る「タイムマネジメント研修」や、「業務改善研修」「事務ミス防止研修」が特例市でよくご発注いただいている研修です。


■市民応対部署

市民が求める自治体への応対サービスの要望が近年高まってきています。従来の市民応対ではクレームにつながってしまうことも出てきています。クレーム対応についても、クレームの内容が多岐にわたってきており、場面に応じた適切な対応が求められています。


■管理職

現在、地方行政改革のもとで、自治体が地域社会の発展に果たす役割が拡大するとともに、国と地方の役割分担も進み、自治体に自己決定・自己責任が強く求められるようになってきています。それに伴い、自治体の管理職の役割も、これまで以上に重要度が増しています。

※公開講座とは、1名さまから受講可能な研修のサービスです

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!