コンプライアンス研修(1日間)

コンプライアンス研修(1日間)

「組織の常識」と「世間の常識」のズレを是正しながら、現場で使える実践的なコンプライアンス意識を強化する

研修No.B CMP142-0000-1765

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

対象者

  • 管理職層

・不祥事防止のための基礎知識を学びたい方
・コンプライアンスの背景とその本質を理解したい方

研修内容・特徴outline・feature

特に、「組織の常識」と「社会・世間の常識」のズレを是正する、という観点からコンプライアンス意識を高めることを目指します。

具体的には、コンプライアンスの背景とその本質を理解したうえで、コンプライアンス違反が起きやすい組織の特徴や、違反が起こる原因、違反に対する制裁などについて考えていきます。研修の最後には、現場に戻ってから留意すべき点をまとめたコンプライアンスチェック表を作成します。
各々の業務に合わせて具体的に検討するため、概念だけにとどまらない実践的な研修になっています。

研修プログラム例program

研修プログラム例(所要時間:1日間)
内容 手法
    コンプライアンスとは
    【ミニワーク】なぜ、組織または人間はルール違反をするのか?
講義
ワーク
    コンプライアンスの背景・本質
    1. コンプライアンスの背景
    2. コンプライアンスの本質
      【ミニワーク】あなたが考える違反が起きやすい組織の特徴
講義
ワーク
    コンプライアンスのポイント
    1. 「組織のルール」遵守から「社会のルール」遵守へ
    2. 適正手続の重視、書面主義、ガラス張り経営  など
      【ワーク】コンプライアンスの具体例~自分の頭で考えてみよう!
      <初級編>白黒はっきりできるもの 1題
      <中級編>白黒はっきりするのが難しいグレーゾーン事例 1題
講義
ワーク
    【演習】「世間の常識」とのずれ点検
     ※「会社・組織のルール」と「社会のルール」のずれを洗い出してみよう
     例:企業経営スタイル:和の精神⇔性悪説を前提とした監視システム
       経営者の位置づけ:経営者無謬神話⇔人間は過ちを犯すもの
       マイナス情報の扱い:秘匿⇔公開
ワーク
    コンプライアンスの核となる法令のポイント
    • コンプライアンス違反の制裁
講義
    コンプライアンスの留意点
    1. 萎縮効果~守備範囲の明確化によるポテンヒット
    2. 形式的対応による弊害~適法だけれど社会ルール違反
    3. 内部統制、CSR、CS関係理解
講義
    【演習】あなたにとってのコンプライアンスは何か?
    •   【ケーススタディ】受講者に共通するコンプライアンス上の問題を
        取り上げます
ワーク
    目標設定
    •  ~あなたにとって今後3ヶ月重視するコンプライアンス項目3つ
       ⇒コンプライアンスチェック表の作成
ワーク

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年2月     87名
業種
学校・学校法人
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90.8%
講師:大変良かった・良かった
83.9%
参加者の声
  • 普段なにげなく処理していることの中にも、これは大丈夫かと立ち止まって考える習慣をつけたいと思います。
  • お互いにモニタリングする意識やしくみ作りをしていきたい。
  • 報連相における自分の癖を見直し、事故防止もしくは早期解決できるような体制をつくることを目指していきたい。

実施、実施対象
2019年10月     77名
業種
運輸・倉庫
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90.9%
講師:大変良かった・良かった
92.2%
参加者の声
  • 個人情報について、意識が甘い点が多々あるため、見直しを行っていこうと思った。
  • コンプライアンスが自分が思っていたよりも身近で大きなリスクがあることを認識することができたので、今回の研修で学んだことを今後生かしていきたい。
  • 個人の行動ひとつで大きな損失を組織に与えるかもしれないので、SNSの使用など、よく考えます。

実施、実施対象
2019年7月     27名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 近年のコンプライアンスの状況を再認識することができて良かった。
  • リスクを抽出し、未然に防いでいくことで、全体で考えながらいい環境を作っていきたいと思います。
  • グレーゾーンの意識など日々の業務で活かしていきたい。

実施、実施対象
2019年1月     53名
業種
JA
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90.6%
講師:大変良かった・良かった
84.9%
参加者の声
  • 日頃の自分の考え、行動と照らし合わせて見直していきたい。
  • 日常業務や朝礼を通して、皆の意識を高めていきたいです。
  • 不祥事が起きないよう、研修内容を再度確認し、日々チェックしていきます。

実施、実施対象
2018年12月     38名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
97.4%
講師:大変良かった・良かった
86.8%
参加者の声
  • 自身の行動が自分個人だけでなく、会社・グループ全体に影響することもあり得る。このことを常に心にとどめ、自身の行動を律することが出来るように、常に心がける。
  • 自分の周囲の状況を改めて確認し、コンプライアンス違反の芽がないかを気にかけていきたい。
  • 他人事でなく自分事として考える重要性、不祥事が起きたらどうなるかという具体的なイメージを持つ事、報告のしやすい環境づくり等、気づきが多かったです。

開発者コメントcomment

研修前に、以下のような事前課題をご提出いただきます。その上で現場に即したテキストカスタマイズを行います。
・業務上のリスクとはどのようなことだと考えますか
・ルールに則るべきかどうか、判断に困ることはどのようなことですか
事前課題をもとに作成されたケーススタディをもとにグループワークを行うため、非常に実践的な研修になります。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

コンプライアンス研修の評価
年間総受講者数
21,193
内容をよく理解・理解
90.7
講師がとても良い・良い
87.1

※2018年10月~2019年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

本テーマのおすすめリンク

オンライン研修

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia ハラスメント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia ナレッジマネジメント

最短1週間で研修を実施できます

「プロ」のおすすめ インタビューリレー

人気研修で川柳 七一歳シルバー新入社員 銀子の一句

おすすめリンク

全力IR

人財育成パッケージプラン

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

全力Q&A

新作研修~こんな研修できました

2020年の春から夏を乗り切るための5つのテーマ

コンサルティング事例集

人材育成の7つのポイント

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

LMS・研修管理

eラーニング・映像制作

交流型無料セミナー

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!