loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

新人フォロー研修 ~PDCAで仕事の効率アップ編(1日間)

新人フォロー研修 ~PDCAで仕事の効率アップ編(1日間)

”仕事のプロ”を目指すべく、PDCAサイクル、ホウ・レン・ソウ、タイムマネジメントを強化する

研修No.B NEP304-0600-1001

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 新入社員

・新たに社会人となり、業務を3~6ヵ月ほど経験された方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 今の仕事の進め方で良いのか不安
  • ホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)すべきことと、しなくてもよいことがわからない
  • 突発的にふってきた仕事の対応に追われてしまい、計画通りに仕事が進まない
  • 社会人1年目として身につけるべき「仕事の進め方」を習得したい

研修内容・特徴outline・feature

入社後、しばらく経つと新人も仕事や職場の雰囲気に慣れてくるでしょう。一方で、仕事の進め方などについて不安に直面する時期でもあります。本研修では、入社してからの経験や悩みをグループで共有しながら、”プロ”になるための「仕事の進め方」について、3つのスキル(①PDCAサイクル、②ホウ・レン・ソウ(報連相)、③タイムマネジメント)をブラッシュアップします。

ワークでは、「自身の仕事をPDCAサイクルに当てはめて、改善策を考える」「ホウ・レン・ソウ(報連相)すべきことを洗い出す」、「緊急度と重要度で仕事を整理し、優先順位をつける」など、他の新人の方とも意見交換しながら、各スキルについて「気づき」を促します。ワークを通じて、仕事の進め方に自信をつけていただき、現場での「改善」と「実践」につなげます。

到達目標goal

  • ①これまでの仕事を振り返り、上司や先輩から今後、期待される仕事の仕方について考える
  • ②仕事の進め方(PDCA)、ホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)、優先順位のつけ方を学ぶ
  • ③目標に向けて3ヶ月のアクションプランを作成し、明日から実行するために、具体的な行動にまで落とし込む

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.今までの仕事ぶりを振り返る
    <受講者の課題意識を喚起させる>

    【ワーク】実際に仕事をして感じていることを挙げ、グループで話し合う
ワーク
  • 2.プロフェッショナルの人材に求められる要件
    <働くうえでの心構えをおさえる>

    (1)ビジネスパーソンの成長軌道とは?
    (2)一定の目標を持つ
    (3)学ぶ姿勢を持つ
    (4)プロ意識を持つ
    (5)チャレンジ精神を持つ
    (6)独創性を持つ
講義
  • 3.仕事の捉え方
    <仕事はチームで行われ、各自役割を担っていることを知る>

    (1)求められる役割を認識する
    (2)仕事はチームワークが大事
    (3)仕事発生から終了までの流れ
    【ワーク】自分が今できていることとできていないことを洗い出す
講義
ワーク
  • 4.仕事を進めるPDCAサイクル
    <仕事には継続的な改善が必要なことを知る>

講義
  • 5.計画を立てる~PLAN
    <具体的な目標と行動の設定方法を学ぶ>

    (1)目標を明確にする
    (2)成果物をイメージする
    (3)仕事を洗い出す
    (4)スケジュールを立てる
    (5)大事なのは「筋書き」と「予測能力」
講義
  • 6.実行する~DO
    <計画を正確・迅速かつ主体的に進める要点を学ぶ>

    (1)正確・迅速に実行する
    (2)主体的に行う
講義
  • 7.振り返る~CHECK
    <次につながる振り返り方を習得する>

    (1)結果を評価する
    (2)行動や状況を思い出す
    (3)上手くいったことを確認する
    (4)問題を洗い出す
    (5)原因を追究する
    (6)改善策を立てる
講義
  • 8.改善する~ACTION
    <改善策を実行へ移す3つのアクションを知る>

    (1)良い結果を習慣化する~レベルアップ
    (2)再計画する~新しい計画
    (3)方法を変える~計画の修正
講義
  • 9.仕事の仕方を見直す
    <自分の仕事にあてはめて、働き方の改善を図る>

    【ワーク】PDCAサイクルの各段階における、自分の仕事の仕方を見直す
ワーク
  • 10.仕事をスムーズに進めるコミュニケーション
    <伝えることの難しさを理解>

    (1)コミュニケーションはねじれて伝わる
    (2)コミュニケーションにおける心構え~結果に責任を持つ
講義
  • 11.ホウ・レン・ソウ
    <組織活動において不可欠な報告・連絡・相談を改めて振り返る>

    【ワーク】「ホウ・レン・ソウ」しなくてはいけないことを洗い出す
講義
ワーク
  • 12.質の高い仕事をするためのコツ
    <自身の時間の使い方を見直す>

    (1)時間を有効に使う~タイムマネジメントの原則
    (2)仕事の優先順位をつける
    【ワーク】自分の仕事を「緊急度」と「重要度」で整理し、優先順位をつけて振り返る
    (3)時間の無駄をなくす
講義
ワーク
  • 13.明日から動こう
    <自分の目標設定とアクションプラン作成>

    (1)3カ月後に達成すべき「目標」を1つ設定
    (2)いきなり100ではなく、1つずつステップアップする姿をイメージ
    (3)【ワーク】今日から開始する「アクションプラン」作成
ワーク

472

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年7月     19名
業種
製造業(日用品)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
94.7%
参加者の声
  • 言葉遣いやホウ・レン・ソウなど、まだまだできていないと感じました。しっかり復習して、かわいがられる新人になれるように努めます。
  • こまめに報告すること、情報を整理してからホウ・レン・ソウすること、クッション言葉を使うことに気を付けて、上司と円滑なコミュニケ―ションを取っていきたいです。
  • 伝言を残す際や報告をする際には、短く要点をまとめるようにします。また、事実と主観を分けることも意識する必要があると感じました。

実施、実施対象
2019年10月     10名
業種
製造業(日用品)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • PDCAサイクルを意識して、自分で自分の仕事を改善できるようになっていきたい。
  • 仕事に取り組むうえで計画を立てることがとても重要だと知った。目的意識をもって取り組むことで、様々な気付きがあるとわかった。
  • 自分の今の担当業務を振り返ることができた。計画と振り返りが足りていなかったと感じたので、しっかりとPDCAサイクルを回すことを意識したい。

実施、実施対象
2019年4月     14名
業種
コンサルティング・調査
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • PDCAのPの部分で、明確な目標を立て、スケジューリングを行い、スムーズな業務に活かしたい。
  • PDCAサイクルを用いて仕事を進め、次の仕事で少しでも成長できるようにしていきたいと思います。
  • PDCAは業務のすべてに活かすことができると思うので、忘れずに日々働いていきたいと思います。

実施、実施対象
2018年10月     12名
業種
製造業(日用品)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
91.7%
参加者の声
  • コミュニケーション、タイムスケジュール等学んだ事を来週から取り入れていきます。まずは業務の内容をすべて書き出し、優先順位を付けます。
  • PDCAサイクルを常に意識して業務にあたります。Pが特に重要であり難しいところでもあるので重点的にサイクルを回すようにします。
  • 先輩とのコミュニケーションや業務の優先順位をつけて、効率よく作業を行っていきたい。仕事を進めるうえでPDCAサイクルを意識して取り組む。

実施、実施対象
2017年 9月     14名
業種
学校・学校法人
評価
内容:大変理解できた・理解できた
85.7%
講師:大変良かった・良かった
85.7%
参加者の声
  • 日々の業務で不安に思っていることや悩みなど同期と共有することができ、またそれぞれの対処法などを知ることができてよかった。
  • 上司に伝える時に、相手が納得・理解できるように活用していきたい。報連相、業務の振り分け等勉強になりました。
  • 日々の業務の中でできていない点や足りていないと感じた点を知ることができたので、確実に実行して活かしていきたいです。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia タイムマネジメント

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!