loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

PDCA研修

PDCA研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

PDCAサイクルを実務に落とし込んで成果を実感する

PDCAとは、Plan-Do-Check-Actionの頭文字を取ったもので、目標達成に向けたプロセスのマネジメントのことを指します。計画(Plan)を立てて進むべき方向を決め、計画を実行(Do)しながら、同時によりよい方向に進んでいるか「振り返り」を行い評価・検証(Check)します。問題があればその都度解決して改善行動(Action)を取ります。PDCAとは、この一連のサイクルを繰り返すしくみをいい、「結果の管理」と「プロセスチェック」を実現するツールです。

多くのビジネスパーソンが一度は耳にしたことがあるPDCAですが、なかなか組織内に定着しないという声がしばしば聞かれます。PDCAの理論や重要性を学んでも、具体的にどのように業務で活用すればよいかが分からず、成果につながらないことが原因です。

インソースのPDCA研修では、PDCAの個々のプロセスに焦点を当て、その運用における具体的な手法や円滑にサイクルを回すためのポイントを学びます。継続して成果をあげるためのPDCAのあり方を、受講者の実業務に即した形でお伝えいたします。


PDCA研修のポイント

PDCAのフレームを実務と紐づける

プロセスごとに、PDCAを回すうえで欠かせないコツがあります。研修ではそのコツをお伝えしたうえで、PDCAのフレームワークを実務において活用すべく、自分自身や組織・チームの仕事にあてはめて考えていただくワークを実施します。

具体的な行動計画を作成して実践を促す

研修の最後には、職場に戻ってから実際に取り組むための「行動計画」を作成します。学んだPDCAのポイントをふまえて達成可能な目標と期日を設定し、具体的な取り組みを考えます。「計画」をふまえた「実行」の状況とその「振り返り」から「改善」という一連のサイクルを、机上の学びに終わらせず、実践につなげていただきます。

様々な場面におけるPDCAの活用法を理解する

基本的な仕事の進め方、管理職・リーダーとしてチームを率いるマネジメント手法、時間管理、業務改善活動、人事評価にいたるまで、多種多様な業務においてPDCAを活用するための研修プログラムやeラーニングなど、豊富なラインナップをご用意しております。


PDCA研修ご検討のお客さまからのご質問

PDCA研修と言ってもたくさんの種類があるようですが、どのように選んだらよいですか?

A.お客さまの業界、階層、業種や実際に抱えているお悩みによって異なります。それらを営業担当者がヒアリングをさせていただいたうえで、最適なカリキュラムをご提案いたします。

例えば、新入社員に基本的な仕事の進め方を学ばせたい場合は、PDCAを基軸とした「仕事の進め方研修」をおすすめします。また、課長級の方にマネジメント手法を習得いただきたい場合は、PDCAのD(実行)の「勢い」に重きを置いた「中級管理職研修 ~PDCA・突破力編」をおすすめします。

より受講者の課題に沿った研修を実施するために、受講者に事前課題としてアンケートを取ることも有効です。ぜひご相談ください。

PDCA研修ではどのようなワークを行いますか?

A.カリキュラムによって異なりますが、例えば若手向けの研修では、「過去の自身の業務スケジュールを書き出し、仕事の進め方を振り返るワーク」や「自身の業務を洗い出し、優先順位をつけて計画を立てるワーク」などがございます。

その他、受講対象者やお客さまよりお伺いしました現状の課題に合わせて、最適なワークを実施させていただきます。

インソースはOODA(ウーダ)ループを重視しているそうですが、PDCAサイクルとの違いはなんですか?

A.PDCAサイクルは「品質改善モデル」であり、OODAループは「意思決定モデル」です。PDCAサイクルを理解することで業務の円滑な改善が実現し、OODAループを理解することで迅速な意思決定と行動が可能になります。

「PDCAサイクルはもう古い。今はOODAループだ」というお話を耳にすることがありますが、両者は共存できます。従来のPDCAサイクルがうまく回らないのは、P(計画)に時間がかかりすぎてしまい、状況変化に対応できないからに他なりません。OODAループの考え方を理解して組織で展開することにより、個々人の意思決定のスピードを速め、組織全体が臨機応変に状況に対応可能となり、PDCAサイクルが迅速に回るよう強化することができます。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

PDCA研修のおすすめプラン

PDCAを階層別教育と結び付け、徹底的に浸透させるプラン

組織全体でPDCAサイクルを強化するために、1年間で各階層に研修を実施する。PDCAを徹底的に回すための「業務遂行力」「計画力・改善力」などをそれぞれ強化する

新人を3年間で、自ら動ける中核メンバーに育成するプラン

入社3年間で「周囲に働きかけ、能動的に深く考え、自ら行動できる」人材になることを目指す。スキル教育と現場での実践を繰り返し、目的意識や考える習慣を醸成する

半年~1年で若手全員が仕事の基本スキルを習得するプラン

若手全員が集まる機会をつくり、社会人として必要な7つのスキルを強化する。若手が仕事に自信を持てる土台をつくると同時に、お互いを高め合い、刺激し合える関係をつくる

PDCA研修のおすすめ動画教材・eラーニング

PDCA研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!