loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

管理職研修 多様な人材を活用するダイバーシティ推進編(半日間)

管理職研修 多様な人材を活用するダイバーシティ推進編(半日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B DVI812-0100-3109

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 管理職層

多様性や多様な働き方が尊重された、誰もが活躍できる職場環境づくりに取り組む意識を醸成したい方

研修内容・特徴outline・feature

管理職には、限りある資源を有効に活用することが求められています。なかでも多様な人材の活躍推進は、労働力の確保という点からも重要な経営課題の一つです。

本研修では、人材戦略としてのダイバーシティを正しく理解したうえで、多様性や多様な働き方が尊重された、誰もが活躍できる職場環境づくりに取り組む意識を醸成します。具体的には、自身もマイノリティ(障がい者、介護する人など)になり得るという可能性を踏まえ、ダイバーシティ推進は将来の自分のためでもあることを認識していただきます。そのうえで、多様な人材とともに働く際に有効な考え方やコミュニケーション手法を学んでいきます。

最後に、自分の部署に配属された時短勤務者に割り振る仕事を考えるワークを通じて、限られた人的資源をどのように活用していくべきかを考えていただきます。

※プログラム内のワークをクリックすると、該当のワークのポイントをご覧いただけます。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 0.はじめに
    【ワーク①】ダイバーシティ知識テスト
    【ワーク②】自組織の若年層の退職率・女性社員の比率・組織全体の年齢構成を見て、現状を分析する
ワーク
  • 1.ダイバーシティとは
     【ワーク①】ダイバーシティに取り組む企業のメリットと取り組まないリスクを考える
     【ワーク②】ダイバーシティは誰のためか ~今、1年後、5年後
講義
ワーク
  • 2.現代の管理職に求められる役割と考え方
    (1)管理職の役割
    (2)マネジメントとは~ヒト・モノ・カネ・情報の活用と資源配分
    (3)組織の方針としての「ダイバーシティ&インクルージョン」
    (4)ダイバーシティが組織にもたらすもの
講義
  • 3.求められる管理職の人材活用 
    (1)管理職に求められること
    (2)多様化する人材を活用するとは
    (3)多様化する個々人の働き方 ~上・下・左右のキャリアの選択肢
    (4)私の今の価値観
     【ワーク①】働く意味を考えて価値観を表すキーワードをそれぞれ選び、多様性を体感する
     【ワーク②】自分の部下を一人想定し、その部下が選びそうなキーワードを根拠も併せて共有する
    (5)お互いについて知り、認識をすり合わせることの重要性 
    (6)自分について伝える ~伝える際のポイント
    (7)コミュニケーション傾向の違い
    (8)相手の要望を受け止める
     ①最後まで話を聴く
     ②背景に思いを馳せる
     ③相手の要望が受け入れにくい内容だった場合も前向きに検討する
    (9)多様な人材とともに働く際に有効な考え方のポイント
     ①「◯◯すべきだ」と思いこまない・決めつけない
     ②「人格」ではなく「仕事の仕方」や「働き方」の違いを考える
     ③オープンマインドと柔軟性が鍵
    (10)一人ひとりに合った指導の仕方
     ①育成方針の確認と目標の設定
     ②目標達成のためのスキルの洗い出し(具体的な行動レベル)
     ③スケジュール化~「いつまでに」「どのレベルまで」「どうやって」「誰が」教えるのか 
     【ワーク③】自分の部下一人を想定し、伝えることを前提に「今後目指してほしい目標と期待」を考える
講義
ワーク
  • 4.現場で実践するダイバーシティ
     【ワーク】自分の部署に配属された、時短のワーキングマザーとして働く女性社員に割り振る仕事と課題を洗い出す
     【参考】仕事を配分する際の管理職としての心構え・視点
ワーク

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2018年 6月     46名
業種
金融
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
97.8%
参加者の声
  • 職場は様々な考え方で働いている集合体であり、いかにやりがいを持って効率的な仕事をし利益を出すかという点に焦点を当て、部下に仕事、コミュニケーション面でフィードバックしようと思う。
  • 「ダイバーシティー」の考え方について理解することができました。 限られた人材のなかで最大限活用していく為には、各個人の特性を活かすことが大切であると学びました。
  • 「介護の問題」はまさに自分にも近々降りかかってくる脅威で他人事ではなく「ダイバーシティー」という考え方は必要だと感じた。従来の働き方をする人達だけでは会社は立ち行かないことが理解できた。

実施、実施対象
2018年 3月     31名
業種
製造業(日用品)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 現状のことばかり考えて行動していることが多かったが、数年後どうなっているのかを考慮しながらそこにつなげる行動をしていきたい。部下、異性など、まず相手の事を理解することからはじめていきたい。
  • 単純な中に答えがある、当たり前を当たり前と思われないように物事を考えるようにする。
  • 研修で学んだことを日々の行動の中に基準として持って活動したいきたい。

開発者コメントcomment

本研修は、管理職の方の「多様な人材の活躍推進」とはどのように取り組めば良いか知りたいというご要望から生まれました。

研修では、多様化する人材について掘り下げ、価値観の多様性、「仕事の仕方」や「働き方」の違い、一人ひとりに合った指導の仕方などをワークを中心に学んでいただきます。

ダイバーシティの根底は、相手を受け入れ、自分について伝えることの繰り返しです。コミュニケーションアップとしても有効な研修です。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ダイバーシティ・グローバル研修の評価
年間総受講者数
12,502
内容をよく理解・理解
94.6
講師がとても良い・良い
90.4

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

人事のお役立ちニュース

人事のお役立ちニュース一覧を見る

初めてご利用の方へ

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

おすすめリンク

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!