loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

イマドキ世代の育て方研修

イマドキ世代の育て方研修

いまどきの若手世代の考え方や行動を理解し、効果的な指導方法を身につける

研修No.2550010

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・若手世代を指導する立場の方で、特に年齢差のある中堅層からミドル層に属する方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 新入社員、若手社員が何を考えているのかわからないことがある
  • 年齢差のある部下・後輩が配属されて、どう指導していいか悩んでいる
  • 自分が今まで受けた指導方法では、部下・後輩が成長しない

研修内容・特徴outline・feature

組織の中核を担う中堅層やミドル層にとって、いまどきの若手世代の考え方や行動には戸惑うことも少なくありません。彼ら彼女らが育ってきた時代背景や、どんなことに影響を受けて自己が形成されてきたのかを知ることが大切です。世代間の相互理解を通じて、適切で効果的な指導方法を身につけていただきます。

<ワークのポイント>

自身の部下・後輩を、4つのタイプ分類の中に当てはめ、適切な指導方法を検討したり、ケーススタディを通して、困った部下・後輩の言動にどう対応すべきかを、グループワークを通じて議論していただくなど、実践面に重点を置いた演習を多数組み込んでいます。

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

到達目標goal

  • ①いまどき世代について、どのようなタイプに分けられるかを学ぶ
  • ②タイプ別の効果的な指導法を学ぶ
  • ③困った部下・後輩の言動への対応をケーススタディを通じて学ぶ

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.はじめに
    (1)"いまどきの若者"に対する評価とは
    (2)時代とともに変わる「常識」
講義
  • 2.いまどきの若手世代について考える
    (1)若手世代から見た時代の変化
    【ワーク】1995年生まれの若者が育ってきた20数年間を振り返り、彼ら彼女らの目線からどのような考え方や価値観を持つであろうかを考える
    (2)若手世代に影響を与えた3つの時代背景
    (3)若手世代の特徴とそれを形作る要因
    【ワーク】「ガツガツしない」「真面目で素直」「打たれ弱い」といった、いまどき世代の特徴を持った部下や後輩について、グループ内で共有する
講義
ワーク
  • 3.タイプ別の指導法
    (1)安定志向度×自己主張度でみた4つのタイプ
    (2)各タイプ別の特徴に合わせた指導法
    ①成長×主張 他者視点に欠け、自己中だが意欲は高い
    【ワーク】ペアになって、自分が若手時代にやってしまった失敗談を話し、それに対して効果的な返答の仕方を考える
    ②成長×従順 言われたことはコツコツやるが、深く考えない
    ③安定×主張 ミスは少ないが挑戦もしない
    【ワーク】締め切りまでに仕事が間に合わせられない部下・後輩を想定し、その部下や後輩にやらせる業務を3つ選んで、作業工程を3分割し、どの段階で何をチェックするべきかを整理する
    ④安定×従順 まわりに流されやすく関係の調和を重視
    【ワーク】自分の部下・後輩を「安定志向度」と「自己主張度」で分けた4タイプに当てはめ、その部下・後輩に対して、どのような指導の仕方が効果的かを検討する
講義
ワーク
  • 4.指導者に求められる心構えとスキル
    (1)仲間としてのポジションを獲得する
    (2)「4つのサポート」のバランスを意識する
    【ワーク】4つのサポートについて、3段階で自己評価をする
    (3)信頼関係を前提に「褒める」「叱る」
    【ワーク】過去に指導を受けた上司や先輩の中で、信頼関係を前提に良い叱られ方、褒められ方をした経験を共有する
    (4)指導者が気を付けるべきNG項目
講義
ワーク
  • 5.ケーススタディ
    ケース①:真面目で素直なのだがなかなか新しい仕事にチャレンジしようとしない
    ケース②:若手同士を切磋琢磨させようとしても、助け合うばかりで競い合おうとしない
    ケース③:自分が出ても回答できないからといって電話を取ろうとしない
    ケース④:意識の低い部下を少し厳しめに指導をすると「パワハラ」を口にする
ワーク
  • 6.まとめ
ワーク

企画者コメントcomment

世代が離れた部下・後輩とは、どうしても常識に差があり、お互いに理解しがたいと感じられることも多いかと思います。しかし、いまどき世代が育ってきた時代背景や価値観を知れば、「共感」まではできなくとも、「合点」がいく部分は多々あります。こうした世代間の相互理解を通じて、彼ら彼女らに寄り添った育成指導ができるようになれば、という思いでこの研修を企画いたしました。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.5%

講師:大変良かった・良かった

97.5%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2020年8月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 「イマドキ世代」についての特徴や傾向、対応の仕方を具体的に学ぶことができました。「相手の気持ちを考える」「存在承認してあげる」ことを明日から意識しようと思います。
  • 他人の言動には背景があることを再認識した。その背景を紐解くようなコミュニケーション方法を取れるよう意識をしたい。また、自分のものさしを他人に押し付けないようにしたい。
  • 現場で教える際に必要なスキルを学ぶことができた。仕事以外にも「助かったよ」や「ありがとう」の声掛けをしたり、どのようなサポートを必要としているのかを考えたりして、活かしていきたい。

実施、実施対象
2020年7月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 後輩ともっと話す必要があることを感じました。本日学んだことを、今後の育成の際に活用していきたいです。
  • 「ほめる」の重要性を感じました。使い過ぎない程度に「ほめる」を実行していきたいと思います。
  • 後輩に対して目線を合わせて接していこうと感じた。今回学んだタイプに応じたコミュニケーションの取り方を実行していきたい。
  • 今までの後輩指導の間違いに気付くことができた。コミュニケーションを意識して、イマドキ世代と共に自身も成長していきたい。
  • 本日学んだ4つのタイプを意識して、人それぞれに合った指導を実践していきたいと思います。

実施、実施対象
2020年3月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
75%
参加者の声
  • 我々の常識と若手世代の常識が違う事を念頭におきつつ、今後変えるべきところは変化させつつイマドキ世代の指導を行っていきたいと思います。
  • 人それぞれに常識に違いがある事を認識ができました。自分の常識が時代遅れにならないように、個々に対して教育を行っていきたいと思います。
  • 若手との付き合い方、指導の方向性を考える上で参考にしていきたい。
  • 自分の常識にとらわれず、他の人の意見を理解する努力を続けお互いが高め合える関係を築いていきたいと思います。

実施、実施対象
2020年2月     14名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 部下の性格と行動、考えを把握するよう個別にミーティングを行っていきたいです。上からの一方的な説明ではなく、親身、親切に指導することが大事と思いました。誉めることを常に心がけたいです。
  • 自分の先入観で物事を見ずに、個々の考えや個性を先に理解したうえで指導していきたいです。
  • 人事部として、現場の管理職へイマドキの若手世代の育て方の指導にも役立てたいです。自部署や周りの部署の若手の関わりにおいて活用してみたいです。(誉め方、叱り方)
  • 育った時代背景を見ることでイマドキ世代の考え方が少し理解できました。頭ごなしに指導するのではなく、話を聞いて相手の考えを踏まえた指導をしたいと思います。
  • 後輩の個性を理解し、相手に合わせた指導方法(話を聞く、ほめるなど)を実行していきたいと思います。

実施、実施対象
2020年1月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今後若手と向き合っていくヒントとなった。若手とのコミュニケーションを図るツールとして活かしていきたい。
  • 自身の考えや発言に対して通り一辺倒ではなく、部下や周囲の方の目線に合わせた行動・発言を意識して行っていきたい。
  • 上司の気持ちや立場についても考えることができた。褒めると考えると難しいので、感謝を伝えることから始めたい。
  • 新人教育の際に、タイプ別に応じた育て方を活用して、個々のモチベーションやスキルアップに繋がる指導を心掛けていきたい。
  • イマドキ世代との向き合い方を詳しく学ぶことができた。研修で学んだ4つのタイプ別の指導法を活用していきたい。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
98.5
講師がとても良い・良い
97.5

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
58,332
開催数※1
8,445
講座数※2
2,859
WEBinsource
ご利用社数※2
13,492

※1 2019年10月~2020年9月

※2 2020年9月末時点

研修を探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
開催地で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修