3328働き方改革リーダー研修 チームの時間管理で残業削減・生産性向上(1日間)

働き方改革リーダー研修 チームの時間管理で残業削減・生産性向上(1日間)

お客さまのご都合に応じた受講方法をご用意しております。

本研修の「ねらい」

チームをマネジメントする管理職やリーダーを対象とした、「働き方改革」を実現するための研修です。
本研修では、昨今、必然性が謳われている「働き方改革」について認識と理解を深めるとともに、管理職やリーダーの皆さまに、管理するチームの生産性向上および残業の削減の実現を考えていただきます。 具体的には、チームのタイムマネジメントを通じた仕事の密度の向上、管理職・リーダー自らの采配で決まるチームの成果の向上、仕事を進めるために必要なチームメンバーの動かし方について講義とワークを交えながら、学んでいただきます。


研修プログラム例

B TMG180-0100-3328

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.働き方改革で求められる「チームの生産性向上」
    【ワーク】昨日までの1週間を振り返り、締め切りに追われているメンバーがチームにいなかったか考える。また、自分自身はどうだったか振り返る。
    (1)日本を取り巻く環境 ~「低い生産性」と「労働力不足」
    (2)働き方改革のキーワード ~残業削減、長時間労働の是正
    (3)「時間あたりの生産性」が評価される時代がくる
       ~いかに仕事密度を上げられるかが勝負
講義
ワーク
  • 2.チームのタイムマネジメントで仕事密度を上げる
    【ワーク】チームのタイムマネジメントで難しいと思うことを共有する
    (1)論理的で細かなマネジメントが、仕事密度を上げる 
        ~良い意味でのマイクロマネジメント
    (2)PDCAサイクルで確実に成果につなげる
    (3)「いい残業」か「悪い残業」か、決めるのはリーダー
講義
ワーク
  • 3.リーダーの采配で、チームの成果が決まる(PLAN)
    (1)リーダーの仕事は、戦略・戦術・采配
    (2)采配とは、業務配分を間違わないこと
     ①メンバーに適した業務配分と目標設定
     ②メンバーの業務能力を正確に把握する
    (3)チームの行動管理で成果を出しやすくする
     ①仕事を分類する
     ②チームで行動を揃える
    (4)30マス計画表の活用で、部下の動きを見える化する
     ①仕事の偏りをなくす
     ②手の空いた人をつくらない
     ③全員で仕事を共有する ~個人の成果ではなくチームの成果
    (5)自分の部下管理力を冷静に把握する ~何人の部下ならマネジメントできるか
    【ワーク】1週間の自チームの時間の使い方を考える
講義
ワーク
  • 4.仕事を一気に進める、メンバーの動かし方(DO)
    (1)標準化 ~ルールの統一
     ①組織のルールを徹底する ~小さなルール違反を許さない
     ②メンバーの自主性は峻別する ~利益・コストの視点ですぐ決める
    (2)メンバーが迷わない指示
     ①QCDR(品質、コスト、納期、リスク)で伝える
     ②所要時間で伝える
     ③2割で一旦確認し、7割で提出の習慣づけ
    (3)ホウレンソウのいらない仕事をする
    (4)メンバーと自身の多能工化 ~分業は業務を吟味してから行う
    【ワーク】日ごろ工夫していることを共有する
講義
ワーク
  • 5.シンプルな仕組みと粘り強いチェックで、あるべき姿を追い求める
    (CHECK・ACTION)
    (1)日報で、適正な所要時間に収める
    (2)週報で、方針の誤りを即座に正す
    (3)月報で、組織方針とのギャップを測る
    (4)粘り強く、こまめにフィードバックする
    (5)よい意味でのマイクロマネジメント
    【ケーススタディ】なぜか毎日深夜まで残業している部下のAさんの日報から、 フィードバックする内容を考える
講義
ワーク
  • 6.「理」と「情」をもってメンバーを動かす
    (1)変える勇気を持つ ~リーダーは孤独なもの
    (2)「理」だけでは息詰まる、「情」も必要 ~メンバーの成長を願う心
講義
ワーク
  • 7.まとめ
    【ワーク】明日から取り組むことを書き出す
ワーク

おすすめリンク

【コラム】OAスキルの向上による生産性向上

【コラム】あらためて「働き方改革」に本当に必要なものは何か
「働き方改革」実現のためのロードマップを、6つの視点(時間、生産性、チームワーク、多様な働き方・多様な人材、成果と評価、思考力・Excelスキル)からご紹介いたします。

※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修のプロがお答え{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

{{list[0]['categoryBottom']}}関連のよくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

テキスト作成者から

「働き方改革」に迷い悩みながら取り組んでいる管理職やリーダーへ、PDCAのヒントとなる研修を開発しました。

研修では、①仕事の密度の向上 ②チーム成果の向上を図るPDCA ③チームメンバーの動かし方を学んでいただきます。

自組織の適正な「働き方・休み方」の見極めは管理職・リーダー自らの采配で決まることが実感できると意識改革の図れる研修です。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2017年 9月     48名
業種
製造業(電気機器・機械)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
97.9%
講師:大変良かった・良かった
95.8%
参加者の声
  • 切り捨てて労働時間を短縮している業務を時間内で処理できるようマネジメント力向上で対応したい。
  • 今後さらに部下と現場を自分の目で見ることを軸に生産性向上を図る。
  • メンバーのパフォーマンス向上によるチームの成果アップにつなげたい。

実施、実施対象
2017年 7月     22名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 係長という役目を持った中で、この研修はとても良かったです。今後、チームとして向上できるマネジメントに生かしたいです。時間をかける=いい仕事ではないと思うので、時間と人をうまく使う仕事をしていくようつとめます。
  • “時間”を管理しようとするのではなく、自分の考え方、行動を管理するということを再認識する機会となりました。
  • いくつかヒントや考え方が示されていて、自分に合った対策を考えることが出来た。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



働き方改革推進対応研修の評価
年間総受講者数
82,379
内容をよく理解・理解
94.5
講師がとても良い・良い
92.9

※2017年10月~2018年9月

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

人気研修で川柳 七〇歳シルバー新入社員 銀子の一句

お仕事歳時記

人材育成の7つのポイント

スピード見積もり

インソース採用情報


×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!