教育体系構築研修(1日間)

教育体系構築研修(1日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B EDU275-0000-0493

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

研修内容・特徴outline・feature

研修では、目指すべき人材像を描きだすとともに、その理想を実現するために必要なスキルを洗い出します。

また、身に付けさせたいスキルに優先順位をつけて、緊急度・重要度の高いものから研修を実施するよう計画を立てます。研修の最後には、実際に上司に提出する研修体系図を作成していただきます。

研修プログラム例program

研修プログラム例(所要時間:1日間)
内容 手法
  • はじめに
    ~チーム名・リーダーを決めてアイスブレイク
ワーク
  • 目指すべき社員像とは
    1. 多面的に考える自社 ~立場を変えて考えてみよう
      ①お客様の立場で考えると、当社にしてほしいことは何か
      ②ライバルから見た当社はどんな企業か
      ③当社の置かれている環境をどう見るべきか?
      →当社の目指すべきもの明確化する
    2. 自分達の目指すべき社員像を明確にする
      ~自分達はどんな社員であるべきかを、自分・グループで
        考える
ワーク
  • 人材育成における研修の位置づけ
    1. 組織における人材育成の位置づけと意義
    2. 研修におけるPDCAサイクル
講義
  • 必要なスキルの洗い出しと優先順位付け
    1. 各チーム単位で、成果を挙げる仕事のプロセスを分割し必要なスキルを考える
      ~立場と事前課題を踏まえて、必要スキルを洗い出し、分類
        する(作成時のポイントとして、なぜ、何を目的としてそのス
        キルが必要か、そして必要な到達度もあわせて検討)
      →社員スキル洗い出しシート作成
      →社員スキル優先順位表を作成
    2. 各グループで発表
      →研修内で整合性を取る
      ~他のグループを訪問し、自分たちのグループの検討成果を
        プレゼンし、持ち帰って再検討し、発表案を精緻化
    3. スキルを習得するために、OJT、集合研修等、どういった手法が最適かを検討する
    4. 必要なスキルを身につけるために ~研修テーマ・プランを作成する
講義
ワーク
  • 研修案を役員発表する
    ~各チームがそれぞれ作成した、研修案を役員発表
発表

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2013年 6月     28名
業種
官公庁関連団体・組織
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
92.9%
参加者の声
  • 研修を決めていく考え方が良くわかりました。今後に活かしていきたいと思います。ありがとうございました。
  • 現在&今後の課題のあぶり出しを行い、その対策としての教育プログラムを構築していきたいと思います。貴重なご講義をありがとうございました。
  • 職員のどのスキルアップをしたいのか、どこを伸ばしたいのかをまず検証し、それからそれに合った研修やOJTを実施する必要がある事が理解できました。これから研修等を阻む時に実践していきたいと思います。

実施、実施対象
2007年 11月     23名
業種
裁判所・検察庁・国税局
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
95.7%
参加者の声
  • 指導、育成をする上で基本的なことが分かることができました。
  • ディスカッション研修は全員参加型研修(対話型)であることから、ただ話を聞くだけの研修と違い、非常に有意義であり、この種研修はこの方法によるのが良いと感じました。
  • グループでの討議などがあり、楽しく研修が受けられ、ただ聞いているだけよりも理解が深まったと思う。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

若手向け研修(若年層向け研修)
年間総受講者数
37,456
内容をよく理解・理解
96.0
講師がとても良い・良い
94.8

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

お問合せ急増中のテーマ

新人研修2020

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

新入社員・指導者レベルアップ研修

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia OJT教育のやり方

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia メンター制度

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia 社内研修

階層別テスト ビジネスで必要な「知識」と「活用力」を測定するテスト

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia リーダーシップ

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia アセスメント

若手育成計画

新人・若手育成プログラム

部下を早期戦力化するコツ

成長企業の人材育成

階層別若手社員育成プラン

離職防止対策を考える

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

人財育成パッケージプラン

全力ケーススタディ

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

新作研修~こんな研修できました

コンサルティング事例集

人材育成の7つのポイント

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

LMS・研修管理

eラーニング・映像制作

交流型無料セミナー

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!