loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

リスクマネジメント研修 ~内部統制基礎編(1日間)

リスクマネジメント研修 ~内部統制基礎編(1日間)

「内部統制とは何か」の理解と「内部統制を行ううえで知っておくべき知識」の習得を目指す

研修No.B RSK140-0400-0581

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • リーダー層
  • 管理職層
  • 部長・経営層

内部監査部門のご担当者

研修内容・特徴outline・feature

「内部統制とは何か」の理解と、内部統制を行ううえで知っておくべき知識の習得を目指す研修です。

具体的にはまず、内部統制の目的やフレームワーク、金融商品取引法と会社法における内部統制の違いなどを知ることで、「内部統制とは何か」についての理解を深めます。そのうえで、「統制環境」「リスク環境」「統制活動」「情報と連絡」などの観点から、内部統制をマネジメントするうえで求められる知識を身につけていきます。

研修プログラム例program

内容 手法
  • 1.内部統制とは何か
    (1)なぜ内部統制が求められるのか
    (2)内部統制が目指すものは何か
    (3)内部統制を規定する会社法と金融商品取引法
    (4)内部統制のフレームワーク
    (5)内部統制における4つの目的
    (6)内部統制の6つの基本的要素
講義
ワーク
  • 2.内部統制の目的としてのコンプライアンス
    (1)コンプライアンスの定義
    (2)内部統制の目的としてのコンプライアンス
講義
  • 3.内部統制の主軸となるリスクマネジメント
    (1)リスクマネジメントの基本
    (2)対策としてのリスクマネジメント
    (3)リスクの予測
    【ワーク】6つの視点からリスクを洗い出す
    (4)リスクを評価する
    (5)リスク顕在化予防策の方向性を考える
    (6)顕在化したリスクへの対応策を考える
    (7)業務の見える化の必要性と、自身の役割
    (8)リスクマネジメントにおけるコミュニケーション
講義
  • 4.まとめ
    【ワーク】内部統制を機能させるために、明日から実施することを書き出す
講義
ワーク

3546

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年10月     22名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90.9%
講師:大変良かった・良かった
86.4%
参加者の声
  • 顕在化するリスクを整理し、リスクを低減していきます。また、研修内容を活かして定期調査等で内部統制の状況を確認します。業務に大変有益でした。
  • 内部統制は、コンプライアンスとリスクマネジメントが重要であることを肝に銘じます。リスクの洗い出しと評価を一度きちんと課内で共有します。
  • 課内のコミュニケーションを深め、情報や目標を共有するよう努めます。様々なことに気づかせていただいた研修でした。

実施、実施対象
2019年10月     15名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 業務のルール化、マニュアル化を推進していく。それにより、リスクの低減を図る。内部統制について体系的に学ぶことができた。
  • 内部統制の基本が把握でき、有益でした。自分もメンバーも統制の基本を前提にして現場の問題を解決していけるように努めます。
  • 業務に追われてしまうことが多いが、整理して取り組む必要性を十分に感じた。まずはリスクを洗い出し、チームで共有するところから始める。

実施、実施対象
2019年2月     18名
業種
マスコミ・広告・印刷
評価
内容:大変理解できた・理解できた
94.4%
講師:大変良かった・良かった
88.9%
参加者の声
  • 組織全体のいろいろなリスクを摘んでいくために、部下の仕事を「甘く」ではなく「厳しく」見ていくことが大切だと感じた。
  • これまで、漠然と考えていた内部統制を明確化して、講師に解説いただいたので、これからの意識の持ち方、具体的なリスクマネジメントの進め方の参考になった。
  • 内部統制というと、規制を厳しくする=保守的になるというイメージが強くあったが、今回は統制こそ攻めの姿勢が必要という新しい視点を得た。また運用にはAIの構築も急務であると感じた。

実施、実施対象
2018年7月     58名
業種
JA
評価
内容:大変理解できた・理解できた
89.7%
講師:大変良かった・良かった
81%
参加者の声
  • リスクを予測して具体的にその対策を準備していきたい。ミスの報告を徹底させ、部署内に共有することで改善につなげる。
  • 経営とリスク両面からの目線で業務にあたります。業務フローを作成するなど、業務の可視化を実践します。
  • コンプライアンス違反の機会を作らない、与えないよう、チェック体制を強化します。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

リスクマネジメント研修の評価
年間総受講者数
4,656
内容をよく理解・理解
88.2
講師がとても良い・良い
87.8

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

人事のお役立ちニュース

人事のお役立ちニュース一覧を見る

初めてご利用の方へ

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

おすすめリンク

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!