研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

リベラルアーツ

リベラルアーツ(liberal arts)とは、ギリシャ・ローマ時代の自由7科(文法学・修辞学・論理学・算術・幾何学・天文学・音楽)に起源を持つ、「人を自由にする学問」のことです。「人がもつ必要のある実践的な知識・学問の基本」として、現代の大学教育においてもその概念が広く取り扱われています。

近年、リベラルアーツの分野をリーダー教育のプログラムに積極的に取り入れる企業が増えています。その背景には、以下のようなニーズがあると考えられます。

VUCA時代に求められる決断力の向上
先行きが見通せないVUCA時代において、前例踏襲は通用しません。そのような中、リーダーにはシビアな選択や経営上の決断を迫られることもあります。専門的な知識を深めることも大切ですが、それだけではなくリベラルアーツにより幅広い知識を身につけることで、物事を多面的に捉える思考力が養われ、大局的な観点から最適解を導き出せるようになります。

②イノベーションの創出
複雑化した社会では、旧来の専門分野や経済定説だけで新たな価値を生み出すのは困難です。リベラルアーツを学んでジャンルレスに見識を深めることで、イノベーションに欠かせない柔軟な発想力や創造力を高めることができます。

現代では社会課題が複雑に絡みあっており、リベラルアーツを学ぶことで即効性のあるスキルや直接的な解答が得られるわけではありません。しかし、幅広い知識を得ることで視野が広がり、俯瞰的な視点から考える姿勢が醸成されます。そして、論理的な筋道や新しい切り口へのヒントを見出し、様々な課題を解決しうる統合的な力が養われます。

リベラルアーツによって培われる広い視野・自在な発想・偏らない姿勢は、まさにリーダーの資質として求められるものです。そのような高い人間力を持ったリーダーを育成するために、貴社の人材教育にもリベラルアーツを取り入れてみてはいかがでしょうか。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

キーワード一覧