コンプライアンス問題に遭遇したとき、6割以上の人は社内で相談 労基署や弁護士に相談する人は1割

2018年3月05日

コンプライアンス問題に遭遇したとき、6割以上の人は社内で相談 労基署や弁護士に相談する人は1割

コンプライアンス問題に遭遇したときに、6割以上の人が、上司や同僚、コンプライアンス担当部署など社内で相談すると回答したことが、専門家マッチング事業を手掛ける日本法規情報(東京・新宿、今村愼太郎社長)が実施した「コンプライアンスに関するアンケート調査」で明らかとなった。

コンプライアンス問題に遭遇したときにとる手段は、「上司や同僚など社内の人に相談する」が48%、「社内の担当部署に相談する」が15%と、社内で相談する人が6割以上だった。

その他では、「労働基準監督署や弁護士など専門家に相談する」が13%、「友人・家族に相談する」が13%だった。

コンプライアンス違反を防止するための企業の取り組みとして大きな役割を果たすと考えられているのは、「コンプライアンス研修等社員のコンプライアンス遵守意識の徹底」が29%と最も多かった。

次いで、「内部通報制度」(20%)、「相談体制の認知・理解」(14%)となり、コンプライアンス問題へ対応する制度の充実を重要だと考えている人も3割を超えた。

また、「監査法人との馴れ合い防止など外部機関との関係健全化」(14%)、「社外取締役の導入」(10%)など、外部の専門組織や人材の力を上手く活用する取り組みも挙がった。

SNSでの炎上の増加が、不祥事情報、不利益情報・悪評の拡散を防止するためのコンプライアンス順守意識に影響を与えていると思うか聞くと、「はい」が43%、「いいえ」が57%となった。

インターネットやSNSの発達がコンプライアンスに与える影響について、C-ens法律事務所の森崎秀昭弁護士は「 個人の情報発信が世間を賑わす一大ニュースになる時代になっています。 このような時代では、 従業員や役員個人の一つの言動が大炎上となり、 企業に大損害を負わせる可能性があります。 日々の従業員・役員の言動を正すには、 効果的なコンプライアンス体制の構築とその実施が必要になります。 そして、 コンプライアンス体制の構築とその実施は会社役員の重要な義務です」と話している。

調査は、2016年9月28日~10月19日にインターネットで実施し、967人の回答を得た。

配信元:日本人材ニュース

関連サービス

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • ウィズコロナ時代の教育とオンライン研修のコツ

    2020年度 社内教育のご紹介
    ~コロナ禍での全社階層別研修

    今すぐダウンロード

  • 主体的に判断し、行動できる強いリーダーの育成

    ジャパン・ソリューション推進冊子
    「ENERGY vol.2 夏号」

    今すぐダウンロード

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修