loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

中堅社員向けオーナーシップ研修~当事者意識をもって、周囲に働きかける存在になる

中堅社員向けオーナーシップ研修~当事者意識をもって、周囲に働きかける存在になる

周囲の仕事を「自分事」に捉え、チームや会社全体の仕事や課題にも自分の「影響力」を発揮していく

研修No.3110002

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層

中堅社員として一段視座を高めること、プラスαの動きをすることを期待されている方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 自分の仕事以外の課題にどこまで関与していいかわからない
  • 職場環境の変化が少ないためモチベーションを保ちづらく、成長が鈍っていると感じる
  • 中堅社員として自発的に組織に貢献する姿勢を学び、そのためのスキルを身につけて欲しい

研修内容・特徴outline・feature

中堅社員として自身の担当する仕事だけではなく、チーム全体の仕事や課題にも「当事者意識」を持って関わっていくマインドを養成し、そのために必要なコミュニケーションスキルを習得する研修です。具体的には、上司や先輩との積極的な関わり方や後輩への接し方を改めて考えていただき、多方面に影響を与える存在になることを意識していただきます。また、その具体的なスキルとして、周知力、調整力、関与力について学び、ケーススタディを通じてどのようにそれらの力を発揮するかを考えていただきます。

<ワークのポイント>
①組織、上司、同僚、後輩、お客さま、など、様々な視点から期待される役割を確認する
②日頃の行動や考え方のチェックシートから、仕事における当事者意識を振り返る
③多様な後輩への接し方を話し合い、先輩としての指導・支援を考える
④自身が中核となり、どのように周囲のメンバーを巻き込んでいくかを考え、話し合う

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

到達目標goal

  • ①中堅社員が組織から求められている役割を認識する
  • ②自身のオーナーシップ度を振り返り、オーナーシップがある人の行動例を通じて当事者意識を培う
  • ③上司・先輩と信頼関係を構築し、補佐する方法を身につける
  • ④部下・後輩の指導・支援の仕方を身につける
  • ⑤チーム全体の仕事や課題に積極的に関与し、成果をあげるための周知力・調整力・関与力を高める

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.組織が中堅社員に求めるものとは
    (1)立場を変えて考える中堅社員の役割
    【ワーク①】それぞれの関係者から自分が期待されている役割を考える
    【ワーク②】ワーク①で洗い出した期待されている役割および気づいたことを共有する
    (2)"居心地のいい"現状から一歩踏み出す
    (3)求められる"プラスアルファ"の貢献力
講義
ワーク
  • 2.仕事に求められるオーナーシップ
    【ワーク】質問に対して、普段の自分の傾向を回答する
    (1)オーナーシップとは何か
    (2)オーナーシップがある人の行動
    【ワーク】冒頭のチェックシートの結果をもとに、自身のオーナーシップ度を振り返る
    (3)オーナーシップを発揮するための要件
    (4)オーナーシップを育む組織風土
    【ワーク】「オーナーシップを育む環境」という観点で考えた時、所属する組織は何点だと思うか。また、その理由について記述する
講義
ワーク
  • 3.上司・先輩とのかかわり方
    (1)フォロワーシップとは
    (2)よきフォロワーに求められる要件
    (3)上司を知り、信頼関係を構築する
    【ワーク】自分の上司・先輩が、それぞれがどのような判断軸を持っているのかを具体的に記述する
講義
ワーク
  • 4.後輩とのかかわり方
    (1)後輩指導を通してチームの中核人材となる
    (2)昔も今も、後輩指導の基本は「率先垂範」
    (3)後輩の仕事に関心を持つ
    【ワーク】職場の後輩について、「主たる業務」「必要なスキルとその習得状況」「後輩が課題だと感じていること」をそれぞれ具体的に書き出す
    (4)アドバイスの仕方 ~ベクトルを揃え、期待水準を示す
    (5)成長を促す関与の仕方
講義
ワーク
  • 5.チーム内での役割 ~周囲を巻き込む中核になる
    (1)"自分事"の領域をチーム全体に広げる
    (2)周知力 ~チームにおけるハブとなる
    【ワーク】チーム内での周知力をアップさせるための工夫やノウハウを、グループ内で共有する
    (3)調整力 ~カギとなるインフォーマルコミュニケーション
    (4)関与力 ~おせっかいと越権行為の奨励
講義
ワーク
  • 6.まとめ
    【ワーク】研修を通じて気づいたこと、明日から実践しようと思ったことを整理する
ワーク

4573

企画者コメントcomment

インソースでは、オーナーシップを「担当する業務を『自分の仕事』として主体的に捉え、強い使命感と熱意をもってそれに取り組む姿勢」と定義しています。まさに「他人事」ではなく「自分事」として仕事を捉える真剣さがこの根底にあります。そして、主体的に仕事を捉え、行動するためには、その仕事が「何のために行われるのか」という目的意識が明確である必要があります。

当研修では、自身のオーナーシップ度を振り返り、具体的な行動例を参照することで、仕事を「自分事」として捉え、組織の中核として影響力を発揮するためのスキルを培っていただけます。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催(日本経済応援キャンペーン対象)

※スマートパックポイント数は、ご利用のプランに応じて変動いたします。恐れ入りますがWEBinsource上でご確認ください。

オンライン開催

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

実施、実施対象
2020年3月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • オーナーシップを発揮し、まずは所属している部署の活性化を促したいと思います。
  • 自身の後輩もこれから中堅社員としての役割を求められてくるので、自身の言動をもって、学んでもらえるようにしたい。
  • 「居心地のよい現状から、一歩踏み出す」をキーワードに、明日から頑張っていきたいと思います。
  • 上司や後輩にとって、出る杭であっても目障りではない緩衝材の役割を、果たしていきたいです。 中堅社員としての役割、強みなど、改めて知ることができました。後輩の良き指導者となれるように、明日からの業務に活かしていきたいと思います。

実施、実施対象
2020年2月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 「自分のできることの少し上を目指す」は耳が痛いことでした。これから少しずつ上司も巻き込んで上を目指していきたいと思います。「後輩指導と教育」は意識して使い分けをしていきます。
  • 上司との接触方法、後輩との指導育成方法、自分の立ち位置がどこにあるのか気づく研修となりました。日頃の業務に活用できる内容が多かったので活用していきます。
  • 普段の業務だけではなく、当事者としての責任を意識していき、周りの人への意識もできるように注意します。また、フォロワーシップも頭に入れ、上司・先輩の目的を理解するように努め、社内が活性化できるように頑張ります。今後、直属の後輩ができた時は今回の資料を参考にします。
  • 日頃の業務に追われ、周りを見れなくなる時がありますが、チーム目標を自分事と捉え、もう少し主体性を持ち日々取り組んでいきたいと思います。
  • 上司の目的・意志を汲み取ったうえで、自分が何をするべきか、何ができるのか考え実行していきたいです。部内で業務を効率よく進めるハブ役となれるよう後輩との関わり方も意識していきたいと思います。

実施、実施対象
2020年1月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ・後輩に対して成長を促す関与の仕方を活かしたい。
    ・「ハブ」の役割を面倒に思っていたが、積極的に関わっていきたい。
  • ・ちょっとした工夫や考え方で上司や後輩との関係をより良くし、仕事をスムーズに回せるということが分かった。
    ・時々、今回の内容を思い出して仕事に活かしていきたい。
  • 社外・お客さまからの期待を意識し応えることはもちろんであるが、組織や上司・後輩からの期待を意識し「実行」したい(業務改善・マネジメント補佐)。
  • 自分に求められていることを改めて理解して、上長・後輩に伝え、より良いコミュニケーションを気づきたいと思いました。
  • 役割意識を持ち、これまでの経験にとらわれず工夫をしながら、より質の高い業務につげていきたいと思いました。

実施、実施対象
2019年11月     20名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 状況に応じて相手が理解できるコミュニケーションをとることや、相手の立場になってまず「認める」「受け止める」を取り入れていきたい。
  • 上司や部下、後輩との話の進め方を学ぶことができました。自分の仕事だけでなくチーム全体の問題ももっと見ていくようにしたいです。
  • この研修を上司や部下とのコミュニケーションの改善に役立てて、チーム一人一人の本音や考え方を理解し、皆が心地よいと思える環境を作っていきたいです。
  • 「褒める」と「良いところを見る」というのが普段不足しているので実践していきます。

実施、実施対象
2019年9月     23名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 「言い出しっぺ」になる覚悟をもっと持とうと思う。今までは、「周りが優秀だから。私がやらなくでも誰かがやるから」という気持ちがあったように思う。
  • 中堅社員として、上司・後輩との関わり方により一層気を付けたいです。積極性が最近薄れてきたので、どんどん手を上げようと思います。
  • 自分がチームに対してどう貢献できるのか、自分の立ち位置を再定義し、チーム力の底上げに貢献したいです。
  • 中堅社員として役割を自分で「ここまで」と決めず、高い目線を持って業務にあたりたいです。
  • 普段考えずに何となくしていた事を考える良い機会になりました。目指すところは、パートナーでリーダーの目的を理解し、後輩に働きやすい環境をつくりたいです。

実施、実施対象
2019年8月     18名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
94.4%
講師:大変良かった・良かった
94.4%
参加者の声
  • 改めて考えると、上司のこと、後輩のことを理解しきれていないと感じました。これから、考えを共有できる時間を作り、相互理解を深めていきたいと思います。
  • 本日の研修を受けて、明日から指示出しもただ伝えるだけではなく、目的・期限・ビジュアルで伝えることを意識したいと思いました。
  • 自分の立ち位置、会社や同僚、部下に対し何が求められているのかを学ぶ良い場となった。
  • 自分の伝えたいことが正しく伝わっているか意識して、適正な指示やコミュニケーションを取っていきたいと思います。
  • 組織・会社の上司に対して何をするか、してほしいかを考えて行動するようにしたいです。他部署の人とのコミュニケーションの必要性と積極的にかかわらないといけないと感じました。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修