ENERGY online

ENERGY vol.04(2020年冬号)掲載

PICKUP

0円からはじめるDX~ファイル名の標準化はDXのスタート

「データの標準化」、「業務の定型化」が大切

DX推進のため、多くの組織で新しいシステムの導入を検討しています。しかし、DXを推進するためには、システム導入前に行うべきことがあります。それはデータとデジタル技術を最大限に活用するための「データの標準化」と「業務の定型化」です。( 図表1の左上 )

ファイル名を標準化するだけで、組織の生産性は上がる

データ活用における標準化とは、社内でルールを作り、ルールに従ってデータを残すことです。
これにより、社内で共有することができ、容易に活用できる形で「知の蓄積」ができ、さらに作業時間を大幅削減することができます。例えば、図表2のようにファイル名の標準化なら簡単に取り組み始めることができます。まさに0円でできるDXです。
中国統一で知られる秦の始皇帝は、量や貨幣の基準を設けるなどの標準化を行ない、大きな成果を上げました。(度量衝の統一)

業務を定型化してシステム導入へのハードルを下げる

業務は大きく、定型と非定型に分けることができます。定型業務は手順が決まっており、誰でもできるようになっている業務を指します。それに対し、非定型は特定の人にしかできず、属人化した業務の多くはこれに当たります。ITを導入するためにはアルゴリズム(手順)が必要なため、業務を定型化しておくことがポイントになります。

さらなる生産性の向上や新しい価値を生み出す

DXを推進するためには、「標準化データ×定型業務」に分類したうえで、デジタル技術を活用することが成功の鍵です。これによりデータの蓄積と業務の効率化を同時に行うことができ、さらなる生産性の向上や新しい価値を生み出すことができます。

文/安藤 恒徳

インソース 社長室 上席チーフ。東京工業大学大学院卒。医療機器メーカーにて3年間営業に従事後、独力で機械学習を用いたレコメンドサイトを構築。2017 年インソース入社。AI事業のスタートアップメンバーとして社内にAI を導入し、AI関連の研修を開発。2020 年から現職

関連サービスのご紹介

本コラム掲載号の記事一覧

2020 WINTER

Vol.04 DX革命

Vol.04はDX推進のための効果的な手法がテーマです。DXは喫緊の経営課題である一方、IT人材不足や高いシステム導入コストにより実現が難しいと捉えられがちです。そこで本誌では、今いる人材で低コストに推進するDXについてご紹介しております。

Index

ENERGY最新号はこちら

2024 SUMMER

Vol.14 使えるアセスメント

vol.14は「アセスメント」がテーマです。 人的資本経営の注目により「人」の価値を引き出すことが重視されるようになりました。 客観的に評価・分析することができるアセスメントを活用することで多様な人材が活躍できる人事戦略に役立てることができます。 本誌では、採用、管理職育成など様々な場面でのアセスメント活用方法についてご紹介しております。

Index

  • 冊子限定

    採用アセスメント~面接を信頼してよいか

  • 冊子限定

    人材アセスメントのこれから

  • 冊子限定

    アセスメントを活用した管理職育成の現場から

  • 冊子限定

    ins-bunkai【第九回】アセスメント開発の最前線を走る開発担当者にきく 今求められるアセスメント開発への想い

ENERGY.online
コンテンツ一覧に戻る

インソースからの新着メッセージ

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        おすすめリンク