loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

(リーダー向け)採算意識改革研修~成果を共有し、仕組み化を図る(1日間)

(リーダー向け)採算意識改革研修~成果を共有し、仕組み化を図る(1日間)

「かけたコストに見合う成果、資産を残すこと」を意識する

研修No.B IMP211-0000-4779

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 中堅層
  • 管理職層

・自社においてコストに関する意識が薄れているとお悩みのリーダーの方
・組織内で資産を共有していきたいとお考えの方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 自社のコスト意識、採算意識を醸成したい
  • 成果を共有し、資産を蓄積したい
  • 仕組み化・ルール化のポイントを学びたい

研修内容・特徴outline・feature

変化の大きい現代社会において、単なるコストカットをし続けるだけでは、企業の成長には結びつきません。本研修では、4つのステップに沿って、数字の判断軸を持ったうえで成果をいかに高め、共有し、仕組化・ルール化していくかをお伝えします。例えば「自社・自部署で情報発信することの洗い出し、仕組み化を考えるワーク」など具体的に実務に落とし込んで考えるワークを実践し、翌日からの業務に繋げていただけます。

到達目標goal

  • ①数字での判断軸を持つ
  • ②成果を高め、共有する意識を持つ
  • ③仕組化・ルール化のポイントを学ぶ

研修プログラム例program

内容 手法
  • 1.はじめに ~採算意識について考える
    (1)採算意識とは
    【ワーク】現時点で考える「採算意識」とは何かを書き、共有する
    (2)採算意識を高めるためのステップ
講義
ワーク
  • 2.ステップ①数字の判断軸を持つ
    (1)人時生産性
    (2)人時生産性の高め方
講義
  • 3.ステップ②成果を高める ~よりよくできないか
    (1)現状に満足しない ~クリティカルシンキング
    【ワーク】自身の業務で「本当にこれでいいのかな...」と不安を持つことがあるかを考える
    (2)事例から考える
    (3)数値による見える化で現状を理解する
    【ワーク】自部署におけるルーティンワークについて、標準時間とその根拠を確認する
講義
ワーク
  • 4.ステップ③成果の共有・資産の蓄積
    (1)暗黙知と形式知
    (2)ナレッジマネジメントを進める手順
    (3)ナレッジマネジメントを進めるうえでの注意点
    (4)ナレッジに関する職場の課題
    (5)ドキュメントの活用状況を整理する
    【ワーク】ナレッジの活用で解決したい職場の課題とその克服のために必要なナレッジについて整理する
    【ワーク】職場のドキュメントの活用状況について、グループメンバーに共有する
    (6)ナレッジの抽出方法
    (7)情報共有を促進させる
    【ワーク】自社・自部署で情報発信できることを洗い出し、業務としての仕組み化を考える
    (8)お互いの成果を認める ~成功体験のシェア
講義
ワーク
  • 5.ステップ④仕組み化・ルール化
    (1)仕組み化・ルール化の意義
    (2)事例から考える
    【ワーク】自身や自部署の仕事で、改善や見直しに成功したことを共有する
    (3)業務を廃止する
    (4)標準化 ~属人化の弊害防止、業務・部品・機材などの削減
    (5)自動化 ~機械化・システム化
    (6)集約化
    (7)複雑化
    【ワーク】自部署の業務について、「廃止」「標準化」「自動化」「集約化」「複雑化」できる業務を考える
講義
ワーク
  • 6.最後に
    ■KPTで仕事の仕方(時間の費やし方)を改善し続ける
    【ワーク】KPTのフレームワークに沿って、本日の研修で採算意識について学んだこと、気づいたことを振り返るとともに、今後取り組むべきことを整理する
講義
ワーク

7412

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

本研修は、単なる「コストカット」ではない採算意識を醸成したいというご要望を受け、開発しました。採算意識を高めていくには、「時間や手間をかけた分に見合う成果・資産となっているか」という視点や意識が大切です。そして時間や手間に見合う成果・資産は全社で水平展開をしていくことで、会社の成長にも繋がっていきます。研修内では他社の成功事例もヒントに、採算意識が高まる職場づくりを考えていきます。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

業務改善研修の評価
年間総受講者数
6,510
内容をよく理解・理解
92.0
講師がとても良い・良い
90.4

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■基本編
■結果をすぐ出す実践編
■組織で取り組む全体活動編
■リーダーシップで実現する指導者編
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

人事のお役立ちニュース

人事のお役立ちニュース一覧を見る

初めてご利用の方へ

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

おすすめリンク

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!