loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

ビジネスパーソンのDX・IT常識研修~先端技術(AI・RPA)を知り業務への活用法を学ぶ編(1日間)

ビジネスパーソンのDX・IT常識研修~先端技術(AI・RPA)を知り業務への活用法を学ぶ編(1日間)

AI(人工知能)やRPAの特徴を押さえて、業務効率化に活用したい方にオススメです

研修No.B AIM696-0000-4208

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 新入社員
  • 若手層
  • 中堅層
  • 管理職層

・若手~管理職まで
・特に金融業界にお勤めの方にオススメ

よくあるお悩み・ニーズ

  • フィンテックやAI など、新しい技術が登場しているが、自社にどのような影響があるか知りたい
  • 自社にとって、新しい技術をどのように活用すればよいか悩んでいる
  • 自社の業績改善・人手不足解消に、ITを活用したいが具体的な方法で困っている

研修内容・特徴outline・feature

昨今の金融業界に登場した新しいサービスを支える技術として使われているAIと、業務効率化に利用されることの多くなったRPAにフォーカスし、メリットやデメリット、大まかな仕組みや費用対効果などの特徴を押さえたうえで、業務への活用方法を学んでいただきます。

到達目標goal

  • ①AIのメリットやデメリット、大まかな仕組みや費用対効果について理解できる
  • ②RPAのメリットやデメリット、大まかな仕組みや費用対効果について理解できる
  • ③業務効率化に向けて、AIやRPAを活用できる業務を特定することができる

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.第4次産業革命とフィンテック
    (1)第4次産業革命とは
    (2)フィンテックとは
    (3)フィンテックを受けた法改正
    (4)働くうえで身につけておきたいITリテラシー
講義
  • 2.AI・RPAの活用事例
    (1)AI(人工知能)について
    【ワーク】身の回りのAI(人工知能)だと思われるものを挙げてみる
    (2)RPAについて
    (3)AI・RPAの活用事例
    (4)インソースでの活用事例
講義
ワーク
  • 3.AI・RPAの基本知識
    (1)AI・RPAの歴史・背景
    【ワーク】単に「飲み物を売る機能」を持つ自動販売機に、どのような機能が加わればAIと呼べるか考える
    (2)AI・RPAの現状と今後
講義
ワーク
  • 4.AIの大まかな仕組み
    (1)AIで使われるデータ
    (2)AIの基盤技術
    (3)AIの応用技術
    【ワーク】「アルコール飲料と一緒に売れるおつまみ」の開発に必要な購買傾向を把握するために、どのようなデータが必要か考えてみる
講義
ワーク
  • 5.ITツール活用/システム開発の手順 ~システム開発の5つのステップ
    (1)ステップ1:業務の整理と業務改善~業務フローから改善を考える
    【ワーク】例で示す経費精算業務において、どのような改善をしたらよいと思うか考える
    (2)ステップ2:システムを活用してみる
    (3)ステップ3:インターフェース(画面)設計を行う
    (4)ステップ4:システム化の下準備をする
    (5)ステップ5:実際の開発を行う
    【ワーク】コスト削減効果を計算してみる(穴埋め式)
講義
ワーク
  • 6.まとめ
    【ワーク】世の中の変化に対応していくために、ビジネスパーソンとしてどのようにITリテラシーを高めていくか、明日から始める行動を宣言する
    【参考】機械学習の手法(アルゴリズム)
    【参考】AI・RPAの主なツール
ワーク

1315392

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

金融業界のお客さまを中心に、AIやRPAなどの新しい技術に関する知識習得のための研修のご要望をいただくことが多くなっています。本研修では、AI・RPA の特徴を押さえるだけでなく、学んだ内容をどう業務に活用していくかまで踏み込んでお伝えしています。「知識を獲得した後、何ができるようになりたいか?」 本研修を受講したうえで、考えを進めていただける内容となっております。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

DX理解研修

DX百貨店

AI導入サービス

デジタル人材養成講座

RPA

パワーポイント・スライド・プレゼン制作サービス

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

動画百貨店ランキングページ

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!