loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

会議改善プロジェクト研修 自社の会議のあり方を見直す編(1日間)

会議改善プロジェクト研修 自社の会議のあり方を見直す編(1日間)

現状の会議の改善点を検討し、より生産性の高い会議を実施できるようになる

研修No.B IMP211-0000-3337

対象者

  • 全階層

・会議の効率化を図りたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 会議におけるムダが多い
  • 今実施している会議の効率が悪いことは認識しているが、具体的な改善策を検討できていない

研修内容・特徴outline・feature

本研修は、会議の効率化を図ることで、「仕事の効率化」や、それに紐づく「残業削減」、「ワーク・ライフ・バランスの充実」につなげていただくことを目的としています。
「理想の会議のあり方」を実現可能な形で立案し、推進・定着させるための考え方とスキルを実践的に身につけていただくことを目指します。

具体的には、業務改善の流れを踏まえたうえで、「会議のあり方」の理想と現実を比較していただきます。
そのうえで、明確になった問題点を改善するうえで、阻害要因となるものを取り除く対策を考えていただきます。
さらに、研修内容を踏まえた会議改善アクションプランを作成し、現場での実践につなげていただきます。

研修のゴールgoal

  • ①現状の会議における課題を認識する
  • ②会議のあるべき姿を定義する
  • ③会議の進め方を改善するための策を検討する

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.はじめに
    (1)働き方改革のキーワード
    (2)働き方改革の背景 ~労働力の確保・生産性の向上
    (3)働き方改革がもたらす様々な変化
    (4)働き方改革の中の「所要時間の見直し」
講義
  • 2.業務を改善するフローとは
    (1)業務改善の流れ
    (2)業務改善に欠かせないもの
     【ワーク】会議のあり方を改善することによるメリット・効果を考える
講義
ワーク
  • 3.あるべき状態(理想)を共有する
    (1)そもそも「会議」とは ~3つのタイプの会議
     ①共有の会議  ②決定の会議  ③発散の会議
     【ワーク①】自部署で開催する会議、自身が参加する会議を整理する
    (2)理想的な会議を考える ~必要な条件を明確にする
    (3)会議中は、「察し合い」でなく、「見える化」「言語化」が大事
     【ワーク②】10の項目で、自社・自部署の会議の現状を見直す
講義
ワーク
  • 4.「現状の会議のあり方」と改善点を整理する
     【ワーク】自社の会議について、課題・不満に思うことを話し合う
    (1)不満を基に、要改善点を明確にする
    (2)現状を分析する
    (3)現状分析の手法 ~論理的に整理する
講義
ワーク
  • 5.改善策を考える
    (1)改善策を考える
    (2)現状を招いている原因を探る
    (3)5回の「なぜ」から、改善策を見出す
     【参考】他者事例から見る「会議」の改善
    (4)改善策を編み出す「クリティカルシンキング」
     【ワーク】共有した自社の会議の課題・不満について、現象を招いている
          原因を考える
    (5)改善策を検討する
講義
ワーク
  • 6.改善活動を企画する ~目標設定と計画立案
    (1)目標設定のポイント
    (2)小さな目標達成の継続によって大きな達成が実現される
    (3)計画を立てる ~逆算する
     【ワーク】改善策の中から取り組むべき策を1つ選定し、具体的に改善活動
          を洗い出す
講義
ワーク
  • 7.改善を阻害する要因への対策を考える
    (1)業務改善に反対意見はつきもの
    (2)反対意見を述べる関係者への交渉・説得のコツ
    (3)関係者の協力を得るコツ
    (4)日ごろから関係者との関係性を大切にする
講義
ワーク
  • 8.実行と定期的な進捗確認の重要性
    (1)計画を実行し、進捗を確認する
    (2)KPTシートで目標設定と計画を見直し続ける
    (3)良い結果は定着化させ、組織の風土を変えていく
講義
  • 9.新しい「会議」を企画する
    (1)削減だけが改善ではない
    (2)「会議」で職場の生産性向上をはかる
講義
ワーク

4765

全力Q&A{{list[0]['category']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声/研修の感想・得た学びVOICE & learning

実施、実施対象
2018年 1月     14名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ファシリテータ、参加者の両面から本日学んだポイントを活かし、実のある会議開催を実践していく。
  • 働き方改革の一環として会議の在り方に問題意識を持って課内に発信していきたい。
  • まずは自部門に今回の内容を展開します。また、日々の業務でも、出来るところから実践して改善していきます。

実施、実施対象
2017年 8月     19名
業種
運輸・倉庫
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
94.7%
参加者の声
  • 問題解決には、表面だけを解決せず、しっかりと掘り下げて原因を追求して、解決していきたいと思います。
  • 「なぜ」という考えを常に持って、業務を行いたいと思いました。
  • 知っている内容も再度確認できたし、改善のやり方など勉強になった。

実施、実施対象
2017年 7月     33名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
87.9%
講師:大変良かった・良かった
93.9%
参加者の声
  • 問題(課題)を解決するために、どのように対策を考えていけばよいのか学ぶことができ、大変勉強になった。グループ内で他の人の意見、見方を知ることができたことで、職場内での意見交換が大切であることを改めて感じた。
  • 漠然と毎日の業務に取り組んでいたが、業務改善を行うことで、身の回りの環境もよくなることもあると分かった。
  • とても良い気付きの学習になりました。普通の業務にムダがないか意識しながら、これから仕事をしていきたいです。

開発者コメントcomment

生産性向上を図るにあたって、「この会議って本当に必要?」「もっと短くできないかな?」という声をよく耳にします。本研修は、会議の質を向上させたいというご要望にお応えする研修です。研修の中で、あるべき会議の姿と現実を比較し、改善策を議論作成していただきます。机上論ではなく日常の会議を想定した具体的な改善目標について考えるため、実践活用が大いに期待できます。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

最新作・ニュース

新卒対応speed&challenge

新卒採用に関するお知らせ オンライン・全国で会社説明会開催中

研修を探す

同じジャンルで探す

  • WEBins
  • 20周年特別タイアップ企画
  • モンシャン
初めてご利用の方へ

インソースからの新着メッセージ

    直近の公開講座開催研修

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        本テーマのおすすめリンク

        おすすめリンク

        閉じる