独立系システム開発会社向け研修

独立系システム開発会社向け研修

 更新

研修の目的・特徴

専門職であり、高い技術力と知識が求められます。また案件ごとにチーム編成し業務を行うことが多いのが特徴です。実際の業務の中で技術力を磨くと同時に、ビジネスマンとしてもスキルアップしていくことが重要です。 具体的には「問題解決力」や「図解思考力」等の論理的思考力が重要なスキルになります。加えて、顧客や協力会社チーム内でのコミュニケーション力も業務推進の上では大切なポイントになります。また、組織全体として若手技術者の戦力化と定着がテーマとなっております。

豊富な実績

1年間の総受講者数
6,558

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

94.2 %

講師:大変良かった・良かった

94.2 %

※2017年4月~2018年3月

受講者の声

研修のプロがお答え独立系システム開発会社向け研修 質問セレクション

お客さまから「独立系システム開発会社向け研修」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。

この業界で実施されている研修ランキング

  • 新人向けビジネス基礎

    実施、実施対象
    2017年 4月     15名
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • できることから1つ1つ実践し、もっとスムーズにできるようになります。時間があるときに資料をもっと読み込んでしっかり頭に入れていきます。
    • 覚えるべきマナーや表現、挨拶の多さに圧倒されましたが、自分を向上させる糧になると信じて、毎日復習し、1日でも早く身につくよう努力しようと思いました。

  • Java(基礎)

    実施、実施対象
    2016年 6月     34名
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    91.2%
    講師:大変良かった・良かった
    97.1%
    参加者の声
    • 個人での課題、チームでの課題両方があり、内容も自分で手を動かすものであったので、プログラミングの理解を深めることができた。
    • 実装する課題が多く、個人課題、グループ課題とも挑戦することができ自分の実力を知るとともに、成長することができた為。

  • 管理職の役割認識

    実施、実施対象
    2017年 3月     16名
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    93.8%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • まずはテキストを読み返して、今日の講義を振り返りたいです。無駄を省く、8割にするについてはすぐにやりたいです。
    • 今まで考えていなかったことなので、頭の片すみにでも少しでも考えられるようになっていきたいと感じました。

  • OJT【指導担当者向け】

  • 中堅向け役割認識+コミュニケーション

※過去3年間の実施数を元にしております

インソースグループのおすすめ商品

運動会サービス
「風通しの良い職場作り」には、社内運動会がおすすめです。チーム対抗で勝敗を競うことで、普段の業務では関わりのないメンバー同士が一致団結する場を作り、一過性でない「職場で活きる」チーム力を醸成します。
*タイムスケジュール例あり
eラーニング教材制作
時間や場所を気にせず使えるeラーニング教材を制作いたします。スライド型や実演映像型など、学習内容に合わせた形式を選べるほか、本物の役者を集めた、出演者を決めるためのオーディションの実施も可能です。
制作テーマ例:コンプライアンス、リスク管理mitemo
eラーニング教材購入
利用期限なし、売り切りの"教材提供型"eラーニングです。何人使っても18万円という価格だけでなく、お客様の学習環境に合わせた納品方法が選べるため、貴社LMSや社内ネットワークへの掲載が簡単に行えます。マナーやビジネススキルなど65テーマ190本以上の動画から、お求めの教材をお探しください。
教材テーマ例:業務知識強化mitemo

研修ラインナップ

インソースの独立系システム開発会社向け研修は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

新人向け ~ビジネススキル

一般的にIT業界は、社会人としての基本マナーの徹底が十分でないといわれる傾向があります。そこで、新人のうちに、ビジネスマナーやコミュニケーション、書類作成の基本などを学び、社会人としての基礎を固めることが重要と考えます。

新人向け ~IT基礎研修

実際に入社すれば、習得すべきスキルや知識はますます細分化されていきます。まずは、新人のうちに要件定義や開発の流れなど基本的・一般的な開発スキルを網羅的に学ぶことは有意義と考えます。

ベテラン向け

エンジニアとしてベテランの域に差し掛かった層は、この先のキャリアプランを考える上で、技術専門職としてさらなる高みを目指すのか、それともマネジメント側へと移行していくのかを選択する重要な岐路に立っていると言えます。

※公開講座とは、1名さまから受講可能な研修のサービスです

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください