loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

(新入社員・新社会人向け)プレゼンテーション研修~相手に伝わる話し方を学ぶ

(新入社員・新社会人向け)プレゼンテーション研修~相手に伝わる話し方を学ぶ

ビジネスパーソンとして相応しい話し方、相手に伝えるための内容の精査方法と表現力を身につける

研修No.3041902

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 新入社員
  • ・新入社員・新社会人の方
  • ・社会人として人前で話す自信をつけ、言いたいことを正しく伝えたい方
  • ・相手が理解しやすい話し方、プレゼンテーションの仕方を学びたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 大勢の人の前や先輩・上司など年上の人の前で話したことがない
  • 何を伝えたいのか分からないと言われる
  • 話がどうしてもまとめられずに長くなってしまう

研修内容・特徴outline・feature

言いたいことを整理し、論理立てをし、相手にとって分かりやすく、納得してもらうための話し方を身につけます。自分の話し方をビデオ撮影し、それを他者や講師と振り返ることで客観的に学べます。また、演習を繰り返し行うことで成長を感じられる構成となっております。

※プレゼンテーションの演習にあたり、ご自身の会社概要をご利用いただけます。パンフレットが望ましいですが、難しい場合は会社のホームページなどを印刷してご持参ください。

到達目標goal

  • ①内容を整理し、資料作成、発表ができる
  • ②相手を説得し、相手に行動してもらうことができる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.「伝える」とはどういうことか
    (1)なぜうまく伝えられないのか
     【ワーク】他のメンバーに対し、1人1分自己紹介をし、ビデオ撮影する
    (2)プレゼンテーションとは
    (3)「伝える」ために必要な要素とは
講義
ワーク

※ビデオ撮影
  • 2.「伝えるべき内容」を整理する
    (1)何が話をわかりにくくしているのか
     【ワーク】部下から上司への訪問の報告文を読み、わかりやすく100字以内にまとめる
    (2)自分にとっての「情報価値」と受け手にとっての「情報価値」
     【参考1】「構造化」のパターン
     【参考2】展開例
講義
ワーク
  • 3.「伝える手段」を選択する
    (1)状況に応じた「手段」の選択
    (2)資料作成のポイント
     【ワーク】1分で話すためのプレゼンテーションメモを作成する
     <テーマ>これまで自分が頑張ってやり遂げたこと
     (3)資料の構成を考える
講義
ワーク
  • 4.「伝える技術」を身につける
    (1)「話す」際の心構え (2)姿勢・態度・表情 
    (3)声 ~声量と言葉のクセ (4)間(沈黙)のとり方
    (5)話すスピード
     【ワーク】自分が気をつけるポイントを1つ選び、3章のメモをもとにペアで伝え合う
    (6)わかりやすい話し方のコツ
    (7)受け手との境界線をなくす (8)相手に配慮する
    (9)プレゼン本番までの3ステップ
    (10)極限プレゼンテーション ~「話すこと」特有の難しさとは
講義
ワーク
  • 5.総合演習 ~プレゼンテーションの実践
     【ワーク】テーマを選び、プレゼンテーションを行う
     STEP1:プレゼンテーションシートを用いて簡単な資料を作成する
     STEP2:シナリオを考え、発表する。聞き手はフィードバックを行う
     <テーマ1>自社についての概要・業務を発表し、自社へ興味・関心を持ってもらう
     <テーマ2>最近、新聞・テレビで気になったニュースを一つ選び、そこから仕事に関するヒントをどのように得たのかを考える
     【ワーク】ビデオを振り返り、今までの講義を参考に自分の改善点を考える
ロール
プレイング

企画者コメントcomment

ビジネスパーソンには、言いたいことを限られた時間の中で、的確に分かりやすく相手に伝えるスキルが求められます。それは、大勢の人前だけではなく、日常の会話やホウレンソウにおいても必須です。自分の話す姿や表現の仕方を客観的に見ることが一番の気づきになります。なりたいプレゼンターのイメージに近づけるようになるにはどうすればよいかを学び、自信を持って話せるようになっていただきたいです。

スケジュール・お申込みschedule・application

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

本テーマの評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.5%

講師:大変良かった・良かった

97.0%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年5月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 「プレゼンテーションは人前で練習すべき」ということを痛感しました。同期に見てもらったりビデオを撮ったりなどして第二、第三者から見た視点も考えられる力を養っていきたいです。
  • 簡潔にまとめることや時間配分などプレゼンテーションにおける自身の課題を克服するために、学んだことを取り入れていきたいです。
  • 自分では気が付かなかったクセを知ることが出来たので、プレゼンテーションをする際に気を付けるポイントが理解できました。
  • 今回学んだ「伝える技術」というのは、プレゼンテーションだけでなく報告など普段から活かしていけると感じた。これから意識して使えるようになりたい。
  • 研修を通してプレゼンテーションを行う際の心構えやコツを教えていただきました。今後に活かしていきたいと思います。

実施、実施対象
2020年4月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 構成パターンに当てはめて話す練習をし、常に相手に理解してもらいやすい展開で説明できるようにしたい。
  • 相手に何を伝えるか、相手が何を求めているのかを明確にして伝えるようにする。構成等、準備をすることが一番大切だと感じた。
  • プレゼンテーションの際は、アイコンタクトを今まで意識してきたが、内容の構成が一番大切だということが分かりました。

実施、実施対象
2020年4月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • プレゼンテーションだけでなく、連絡事項などにもこの研修で学んだことを活かし、円滑なコミュニケーションを図りたい。
  • 今の自分の話し方では、相手に自分の思いがうまく伝わらないと思うので、常に相手目線になることを意識していきたいです。
  • 相手に伝えることを第一に、内容だけではなく、口調や身振りなどを改善していくことで、わかりやすいプレゼンテーションをする。
  • 今日学んだ伝える技術や伝え方を意識したい。話すとき、端的に何が重要なのか、話すことをまとめられる力を強化していきたい。

実施、実施対象
2020年4月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 人前で話す練習と、話しながら頭の中で伝えたいことを構成する練習をしたい。また、興味をもって自分の話を聞いてもらえる話し方を習得したい。
  • 今日の研修でわかった自分の改善すべき点の対策として、一言目のテンポをゆっくりさせることを意識したい。
  • 伝える内容は、相手の優先順位に合わせることができていないことに気づいたので、今後はこの点を気をつけていきたいと思いました。
  • 話す前に、一旦、言葉と内容を整理して落ち着いて話すようにしたいです。また、より一層見た目にも注意をしたいと思います。
  • プレゼンテーション中の自分の癖を直し、完璧を求めすぎず、どうしたら相手により内容が伝わるのかということを大切にしていきたい。

実施、実施対象
2019年5月     15名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ビデオで自分の発表を見ることで、細かいクセや直すべきポイントが見えてきた。 伝わりやすいポイントが見えてきたので、場数をふみながら自分のものにしていきたい。
  • 話すスピード・話の内容を簡潔に押さえること・立ち振る舞いの3点を、 社内外のプレゼンテーションの際に活かしていきたいと思います。
  • コミュニケーションを取る時に、相手にどうプレゼンテーションしたら伝わるか、 自分の意見を納得して頂くことが大切だと学びました。 このことを使い仕事をする上で関わる方に、自分の考えを理解していただけるように頑張ります。

実施、実施対象
2019年4月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 1日で治すことは難しいと思うので少しずつ意識していきます。自分を映像で見ることがなく、動きや落ち着きのなさ、ノンストップ感などを知らず衝撃でした。声量や抑揚はあまり人に指摘をしてもらえる経験がなかったので、今日をいい機会に消化したいと思います。
  • 相手に伝わりやすい話し方、話の構成を心掛けたいです。ビデオで見た自分から改めなければいけないことが多いなと感じました。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
98.5
講師がとても良い・良い
97.0

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修