loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

リーダーのためのメタ認知能力向上研修

リーダーのためのメタ認知能力向上研修

自分の「認知」を客観的に捉えるスキルを身に付け、仕事も部下も俯瞰的に見ることができるリーダーを目指す

研修No.3140204

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • 管理職層

・チームをマネジメントするリーダーの方
・部下への指示のし方や育て方に困難を感じている方
・計画通りに仕事を進めることに難しさを感じている方
・刻々と状況が変わる中で判断を下すことに苦労している方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 「言っていることとやっていることが違う」と言われることがある
  • イレギュラーなことが起きた時に計画の調整が上手く出来ない
  • 時々、感情のコントロールがきかなくなることがある
  • 関係者が複雑に絡む事案を進めるのが苦手である

研修内容・特徴outline・feature

「メタ認知」とは、自分自身を客観的に捉えることを意味しますが、この「メタ認知能力」が、リーダーとしてチームをマネジメントする上での重要なカギを握っています。部下が育てられない、計画通りに仕事が完了させられない、ハラスメントの懸念があるといった問題も、実はその背後にメタ認知能力の問題が隠れている可能性があります。メタ認知能力に関する理解を深め、自覚的な行動を自らに仕向けていくことで、リーダーに相応しい行動と役割の果たし方を習得いただきます。

到達目標goal

  • ①自分自身を客観的に捉える「メタ認知」の概念を理解する
  • ②リーダーの具体的な業務の中に、メタ認知能力がどのように活かされるのかを理解する
  • ③部下のメタ認知能力の向上のための支援のし方について理解する

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.VUCA時代のリーダーに求められるものとは
    【ワーク】今の時代の特徴を議論する
    (1)自他ともに相対化して見る俯瞰力
    (2)変化に応じて柔軟に変えていく適応力
    (3)多様な人材の個性を引き出し活かす力
講義
ワーク
  • 2.それは、「メタ認知能力」のせいかもしれない
    【ワーク】上司や部下などから言われたことのある言葉を振り返る
    (1)メタ認知能力が発揮できていない人の傾向
     ①言っていることとやっていることが矛盾している
     ②こちらの話を全然聞いてくれない
     ③思い通りにいかないとすぐ感情的になる
     ④具体的なもので説明しないと納得してくれない
     ⑤計画性のないまま指示を受けていつも振り回される
    (2)「扱いづらい人」はいずれ「成果が出せない人」になる!?
講義
ワーク
  • 3.認知心理学における「メタ認知能力」とは
    (1)そもそも「認知能力」とは何か
    (2)メタ認知とは ~自分の認知活動を観察する「もう一人の自分」
    (3)メタ認知的知識とは
     ①自分(他人)に関する客観的情報
     ②経験に基づく課題についての知識
     ③課題解決のための方法に関する知識
    (4)メタ認知的技能とは
     ①情報を収集する「モニタリング」
     ②情報に基づいて行動する「コントロール」
    (5)「モニタリング⇒知識参照⇒コントロール」サイクルを回す
講義
  • 4.リーダーに求められるメタ認知能力を高める
    (1)リーダーに求められる要件とメタ認知能力の関係
     ①自分の力量を見極める ~自分のタイプや得意不得意を冷静に分析する
     ②感情をコントロールする ~自分の今の感情を自覚できる
     ③コミュニケーションの質を高める ~自他両方の視点を行き来しながら話ができる
     ④柔軟に対応する ~状況の変化を的確に捉えて機敏に行動を変える
     ⑤相手の心情を理解する ~相手の立場に視点を置いてその気持ちを想像できる
     ⑥多面的な視点を持つ ~関係者を想起しそれらに配慮して物事を考えられる
     ⑦リスクを予見する ~二手三手先に起こり得ることをイメージできる
     ⑧モチベーションを維持する ~目指す姿と目の前のやるべきことを紐づける
    (2)メタ認知能力向上に効果的なトレーニング
     ①「あの人ならどうするだろう」と常に考えてみる
     ②「今自分は怒っているな」と内面を描写する
     ③1日の終わりに自分の行動を振り返る
講義
  • 5.部下のメタ認知能力を引き上げる
    (1)「認知能力」と「非認知能力」の関係
    (2)自律学習において欠かせないメタ認知能力
    (3)メタ認知能力向上のための上司の関わり方
     ①経験にもとづく客観的情報の提供
     ②1対1面談を通じた内省促進と改善支援
     ③日報を活用した自身を客観視するクセ付け
    (4)メタ認知を意識しすぎることへの留意点
     ①人の目が気になる
     ②過剰にプレッシャーを感じる
講義
  • 6.まとめ
ワーク

7222

企画者コメントcomment

「メタ認知能力」は、仕事ができる人が必ず備えている能力だといわれ、いい意味での「仕事の要領の良さ」を左右するものでもあります。このメタ認知能力を概念として理解するだけで、自分の日々の思考や行動を冷静に見るきっかけとすることができます。自らを振り返り、変えていく余地のまだまだ高い、若いリーダーの皆さんにぜひ受けていただきたい研修です。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話での
お問合せ

公開講座に関する
Q&Aはこちら

研修リクエストの
お問合せ

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修