loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

段取り研修~管理職としての基本的マネジメントスキルを理解する

段取り研修~管理職としての基本的マネジメントスキルを理解する

管理職の仕事の「段取り」を学ぶ、はじめての管理職研修決定版

研修No.3140000

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • リーダー層
  • 管理職層

・新任の管理職、現場リーダーの方、現任で経験がまだ浅い方
・現場で必要とされるマネジメントの基本を理解したい方

※本研修で学んだスキルの実践力をさらに高めたい方へ「オンラインフォローサービス【段取り研修~管理職としての基本的マネジメントスキルを理解する】」もご用意しております。ぜひ併せてご検討ください。

よくあるお悩み・ニーズ

  • 管理職業務をしていく上で、マネジメントの考え方や手法を一から学びたい
  • 管理する立場から上司や部下とのコミュニケーションの取り方を知りたい
  • 目標管理やリスクマネジメントの具体的なポイントが分からない

研修内容・特徴outline・feature

管理職に求められる役割を、上司・部下の視点から改めて認識します。そのうえで、成果をあげる管理職に必要な3つのマネジメントスキル「①部下指導・育成力、②業務管理力(推進・改善・目標管理)、③リスク管理力」を習得していただきます。

<ワークのポイント>
①上司と部下それぞれの視点で、中間に位置するご自身について考えることから、今、ご自身に求められていることを認識する
②部下のほめ方、言いにくいことの言い換え方をトレーニングし、部下から信頼を得る効果的な指導方法を習得する
③部署における問題点を取り上げ、改善計画を立てる
④管理職としての「リスク」の考え方を学び、想定できるリスクを洗い出す

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

到達目標goal

  • ①求められる役割への認識強化
  • ②部下育成~具体的な「ほめ方」「叱り方」などの指導方法
  • ③業務改善と目標管理~職場における問題点を取り上げた改善計画
  • ④リスク管理~「起こり得る可能性」と「影響度」からリスクの優先順位をつけ、対策を考える

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.管理職とは
    (1)【ワーク】上司(当社)や部下(広い意味で)は我々に何を求めているのか?
    (2)管理職に求められる役割
講義
ワーク
  • 2.指導・教育のポイント
    (1)指導・教育の目的
    (2)指導・教育の意義
    (3)人が育つ職場づくり
    (4)仕事の教え方・指示の出し方
    (5)指示を確認する、常識をすりあわせる
    【参考】上司と部下の間に広がる「常識の差」
    (6)ほめ言葉が人を動かす ~効果的なほめ方
    【ワーク】 部下のほめるところを発見する
    (7)「指導する(注意する)」ということの理解
    【ワーク】 「言いにくいこと」の言い換える
    (8)部下とのコミュニケーションの基本①~ 部下に声をかける
    (9)部下とのコミュニケーションの基本②~ 部下との対話の重要性
    (10)年上の部下の対応
講義
ワーク
  • 3.業務推進
    (1)業務推進の基本~管理職としてあるべき仕事の仕方
    (2)管理職に必要な、スケジュール管理~逆算思考
    (3)人員配置(アサイン)の仕方
講義
ワーク
  • 4.業務改善・目標管理
    (1)業務改善の基本
    ①管理職の創意と意欲が組織の総意を動かす
    ②改善は小さな一歩から、最初は最も成果の上がる問題に取り組む
    ③たった1円、たった1分のムダが、積み重なると膨大なコストになる
    (2)3ステップでスケジュールを立てる ~業務改善の進め方
    (3)業務改善の手順
    (4)リーダーとしての改善対象の見つけ方
    (5)改善の実現方法を考える~「はじめ」と「終わり(ゴール)」について
    (6)対策をチェックする5つの判断ポイント
    ・効果、実行可能性、コスト、現場規則、人間関係
    (7)改善を定着させる
    【ワーク】自組織の業務改善策と改善企画案(3ヶ月間)の作成
講義
ワーク
  • 5.リスクマネジメントとは
    (1)管理職がすべきリスクマネジメントとは
    (2)迅速な対応のために整備すべきもの
    (3)初動の心構え
    ・先頭に立って、トップダウンで、冷静に指揮を取る
    (4)リスクを発生させないための工夫
    ・「ひょっとしたら」を放置しない、「異常なし報告」を奨励 等
    (5)組織的リスク管理体制をつくる~組織的なリスク管理を行うポイント
    (6)月1回1時間のリスク対策会議で、リスクを大幅削減する
    (7)リスクの予測と評価の演習
    【ワーク①】リスクの発生直後の対応および発生させない工夫を考える
    【ワーク②】リスクの優先順位をつける
    【参考】労務管理の基本
    安全配慮義務、36協定、休日の取り扱い等における注意点等
講義
ワーク
  • 6.まとめ
ワーク

企画者コメントcomment

部下指導・業務遂行・業務改善・リスク管理といった、管理職に必要な仕事の段取りを1日で学ぶ本プログラムは、創業以来メーカー、サービス業、官公庁など幅広いお客様より高い評価をいただいております。年間8千名近くの方にご受講いただく、弊社の研修ノウハウを凝縮した代表作のひとつです。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.0%

講師:大変良かった・良かった

96.9%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2021年6月     21名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 「人に仕事をつけるのではなく、仕事に人をつける」ということを意識します。部下の承認欲求を満たすことでモチベーションアップに繋がることなど、今まで自身があまり気に留めていなかったことでも、部下にとっては重要なインセンティブになることを知り、参考になりました。
  • 部下育成、コミュニケーションが成果に大きく影響すると感じました。部下への声掛けから意識していきます。
  • 仕事の頼み方、成果物に対して褒めるなど、部下との接し方に活かします。部下に対してどのような態度を示すかが、成果として現れることを肝に銘じます。
  • 部下との接し方において、ほめ方・しかり方を活かします。部下とのコミュニケーションを多くとり、より良い関係を多く築いていきたいです。
  • 組織の循環モデルをイメージして業務に活かす。また、常日頃からの改善活動をしっかり業務に結び付けていきたい。

実施、実施対象
2021年3月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
83.3%
参加者の声
  • 管理職としての3つの役割を明確に理解出来たので、まずはそこを意識して日々の業務に臨みます。声掛けによるコミュニケーション、対面面談の頻度も短時間で回数を多くするなど見直します。
  • 部下の成長のためには手間を惜しんではならないこと、そして、質問されたことに直ぐに回答を出すのではなくどう思うかを考えさせる時間を与える必要があることが理解できた。
  • 日々の業務に忙殺され、部下とのコミュニケーションが後回しになっている傾向があるので、部下との接点強化はすぐに実行します。
  • 業務改善・リスク管理という仕事はこれまで意識してこなかったので、部下の仕事を楽にすることも自分の役割として問題意識を持つよう改めます。

実施、実施対象
2021年2月     14名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
92.9%
参加者の声
  • 自分の信念をもって仕事に臨むこと、他の考え方を理解することを意識します。思考を可視化することが大事だとあらためて感じました。
  • 部下とのコミュニケーション、リスク部分での改善など実践をしていきます。まだまだ至らない点が多いのですが、上司や部下など相手の価値観に合っているか、という点を意識します。
  • 自分のタイミングではなく、上司のタイミングに徹して報連相するよう心がけます。業務フローを早速作成して活用したいです。
  • プレーヤーとしての業務はどんどん部下に任せていくようにします。管理職としてのオーナーシップとリスクマネジメントの具体的な方法を学べました。
  • 指示を出す際は具体的に出し、相手からも確認を取り、すり合わせを必ずする。少数精鋭でスタッフ部門を回してきているが、大胆に業務を任せる事で成長を促す。

実施、実施対象
2020年11月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 部長などの上級管理職や中級管理職の方々とコミュニケーションをとることで、イメージを共有できるように取り組んでいきたいと思いました。チームメンバーのみならず、他部署や、委託先とも認識を共有していこうと思いました。
  • 日々業務に追われる中でも、自分の仕事を可視化して整理することで、事務の効率化につなげていきたいと思いました。また、職場の中でも、もっと積極的にコミュニケーションを図り、状況把握をしていくことにも努めていこうと思いました。
  • 上司に対しても後輩に対しても、コミュニケーションが一番重要だと思いました。一人で考える事も大切ですが、自由に相談し、協力し合えるような、風通しのいいチームにしたいと思います。そのためには管理職として、上司と部下の橋渡しができて、みんなが笑って楽しく仕事ができる部署にする必要があると感じました。この研修で、分かっているつもりだったことを、あらためて重要なこととして再認識できました。
  • 業務改善や指導などの、管理職としての役割を教えていただきました。部下との日頃からのコミュニケーションを大切にしながら、業務を遂行するなかでの問題点や課題を把握するために、上手にヒアリングすることを意識していきたいと思いました。

実施、実施対象
2020年10月     20名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 個人ではなく部としての仕事の進め方を意識するようにしたい。マネジメントは人が相手なので「これが正解」とはなかなか言いきれないと思いますが、参考になる考え方、やり方が多く学べた。
  • 部下の棚御しをしっかり実施し、名部下のスキルに合せた教育や褒め方、感謝を実施して、やりがいを持ってもらえるようにしたい。
  • 上司に対しても部下に対してもコミュニケーションが重要であると思いました。特に部下に対しては個々に合わせ特性を活かしてあげたいと思います。また残業については残業をやらない事が評価につながると言った流れにしたいと思いました。
  • 部下のスキルを見たり、上司の仕事を見て、疑問点など洗い出し、すべて見えるようにしていきたいです。多くの社員に声をかけ、ありがとうとほめることを実行していきます。
  • 週明けの業務には、まず「ほめる」というキーワードを意識して行動したいと思います。本日教えていただいた物事のとらえ方を実践していきます。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
98.0
講師がとても良い・良い
96.9

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修