loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

(半日研修)なぜなぜ分析~考えるクセをつける

(半日研修)なぜなぜ分析~考えるクセをつける

共通した要因や発生頻度が高い、影響度が大きいなどの真因にたどり着くための原因の深掘りの仕方を理解

研修No.2100355

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • ・物事の表面的な部分ではなく、本質を考える習慣をつけたい方
  • ・原因分析の手法と、その解決策の立案方法を学びたい方
  • ・自分のロジカルシンキングスキルに、より磨きをかけたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 物事を本質的に考えることに課題を感じている
  • ロジカルシンキングの言葉は知っているが、使い方などが良く分からない
  • 問題解決力を高めるためには、どのような考え方をすれば良いか知りたい

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、物事の本質を見抜くために、事象や自身の主張に対して「なぜ」と考えるクセを身に付けていただきます。

<研修のポイント>
・「なぜ」を考え、事象の根拠を論理的に考える
・ロジックツリー、特性要因図などの手法により、真因を探る
・様々なフレームワークを用いて、解決策を検討する

到達目標goal

  • ①原因を深掘りする「なぜなぜ分析」を行うための留意点やその分析手法を理解できる
  • ②自分の業務において「なぜなぜ分析」を活用できる業務を考えることができる
  • ③分析を受けて、有効な対策の立案の方法や実施するにあたっての優先順位の付け方を理解できる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1. 「なぜ」と考えるクセをつける
    (1)最低3つは「なぜ?」(根拠)を示す
    【ワーク】自社のヒット商品について成功した原因を考えてみましょう
    (2)「なぜ?」を深堀りする
    【ケーススタディ】書庫が乱雑になる原因を解明し、対策を考える
講義
ワーク
  • 2.掘り下げて考える
    (1)ロジック・ツリー
    (2)特性要因図
    【ワーク】特性要因図作成演習
講義
ワーク
  • 3.対策を検討する~マトリックスで評価する
    【ワーク】マトリックスを作成する
講義
ワーク
  • ■まとめ
    【ワーク】研修で学んだフレームワークについて、自分の業務において活用できるものを整理し、グループで話し合う
ワーク

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

本テーマの評価

内容:大変理解できた・理解できた

95.8%

講師:大変良かった・良かった

93.0%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2019年2月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
87.5%
講師:大変良かった・良かった
87.5%
参加者の声
  • まずは考えるクセをつける。なぜの前に結果を出しがちなので、プロセスを大事にしたいと思う。
  • 解決策を急がずに、なぜなぜ分析を活用し、根本原因を深堀した上で有効な対応の実現へ結び付けたい。
  • 日常業務の中で、なぜなぜ分析を使用する機会を増やそうと思います。

実施、実施対象
2019年1月     14名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.9%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 問題が生じたときに、関係者を集め、検討するツールとして活用したい。
  • 問題の要因解析に使っていきたいと思います。切り分けることで新たに見えてくることもあると感じました。
  • 日々の業務に「なぜなぜ5回」を取り入れ、改善活動を実施していきたい。
  • 難しい問題については、じっくり考えて、結論を出すように心がけていきたいと思います。

実施、実施対象
2019年1月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 業務内で起きたトラブルは、すぐに解決策を出していたが、なぜそうなったか、要因をいくつも出して、なぜを深掘りし、正しい解決策なのか、再発防止になっているのか答えを出していく。
  • 課題をきちんと掘り下げて考え、実現性のある対策からとりかかるようにしていきたい。まずは事実ベースに基づき、ブレストすることの重要性を再認識できました。
  • 課題分析など図で表すことがなかったので、特性要因図やマトリックスなど取り入れていきたい。

実施、実施対象
2018年12月     21名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
95.2%
参加者の声
  • なぜそうなったのかを常に考え論理的思考を得て、相手に考えを伝えたいです。5W1Hは、相手と会話する上で、とても大切なことなので、物事をこれにしっかり当てはめて会話をしようと思いました。
  • 論理的思考やクリティカルシンキングを常に意識していきたいと思います。図に落とし込む作業は自分の頭の整理になるので、やっていきたいです。
  • 物事の本質に気づくことによって、効率的に仕事をしたり、うそを見抜けるようになりたいです。そして、仕事の効率化、論理的な思考を身につけたいです。
  • 結果に対して、論理的に深堀りして原因(真因・本質)を追求し、解決策を見出す力を身につけ、活かしていきたいです。自分で考える習慣をつけ、言語化していき、コミュニケーションなどにも活かしていきたいです。
  • 上司の指示やクライアントの要望などの本質を考え、相手が求めている仕事をするために生かしていきたいです。

実施、実施対象
2018年9月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今までは、問題があれば、すぐに解決策を考えようとした結果、動けなくなってしまうということが多かったので、まず「原因」を探る考え方をしていきたいと思います。
  • 「考えるクセをつけたほうがいい」と上司にアドバイスをいただいていたので、本日「方法」を学べたのでクセづけしていきたいです。
  • 特性要因図を使って、トラブルや作業ミスの要因を分析し、マトリックスを使って評価することを業務で活用したいです。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
95.8
講師がとても良い・良い
93.0

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修